Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

マナトレーディングでカーテンのファブリック選び@成城Z邸

成城Z邸

インテリアの色に対して、強い想い入れを持っていらっしゃる成城Z邸のZさまと一緒に、カーテン選びで中目黒のマナトレーディングのショールームに伺ってきました。マナは、輸入カーテン・ラグ・壁紙を数多く揃えており、僕らも毎回お世話になっています。

R0056111_pt

この写真のように、本当に沢山のカーテン、ファブリック類が並んでいるので、良さそうなものを探すのも簡単ではありません。

R0056112_pt

主寝室にはグリーンを使いたいとのことで、薄いグリーンを中心にカーテンを集めている様子です。とはいえ、色味だけではなく、ファブリック素材のテクスチャー、肌触り、透け感などでも気になる素材を集めたところ、このような大量のカーテン類が集まってしまいました。

R0056116_pt

当初は、主寝室は床にしくカーペットにグリーンを使おうかとのお話もありましたが、後日プチリフォームで色を変えることになった場合、カーペットとカーテンだとカーテンの方が交換しやすいので、カーペットは白で決定していたので、寝室のカーテンは上品なグリーンのものを探すことが至上命題でした。

R0056124_pt

良さそうなものが一通り集まったところで、床フローリングや壁仕上げ材、造作家具の仕上げ材等と見比べながら、候補を絞ってゆきました。

DSC_9646_pt

こちらは、後日マナトレーディングの担当の松ケ下さんとスタッフの方が、成城Z邸の現場にカーテン採寸で訪問してくれた際の様子です。事前に、こちらで大まかなサッシの寸法を伝えていたので、お見積りはすぐに出ていたのですが、コーナーまでサッシが回っている出隅や入隅があると、カーテンの場合はレールを曲げるのか、切るのか、ブラインドの場合もどちらをどのように勝たせるか等の判断が必要になるので、現地に来てもらい打ち合わせをさせて貰いました。

DSC_9663_pt

北側の主寝室と書斎が並ぶ空間の窓は、二重壁を作って、その背面にカーテンを収納するスタイルなので、より綿密に採寸して貰いました。

DSC_9657_pt

こちらは二重壁の下地です。北側の通路側に面した窓なので、開放する機会はそれほど多くなく、かつガラスも外からの視線を考慮してクモリになっているので、開口部の面積が多少小さくなってしまいますが、窓と窓の間の壁面を大きくすると同時に、しまった時のカーテンが見えなくするためにこのような二重壁を考案しました。因みに、写真下の方に見ている灰色のパイプは外壁面からの給気口です。そのままではカーテンの裏に給気されてしまうので、パイプを二重壁まで伸ばしてもらいました。

 

 

ページトップへ戻る