グラスルーチェの取付け設置@代官山T邸

グラスルーチェの取付け設置@代官山T邸

色々と高級な機器類を採用している代官山T邸でも、もっとも設計側で気になっていたのが、グラスルーチェのシステムとその取付け方法でした。

130709glassruche-16

グラスルーチェとはハナムラ・トレーディング社が開発した、ミラーガラスでテレビを隠すシステムです。ハナムラのホームページには、グラスルーチェの説明として「TVはインテリア空間のデザインを壊す存在です。そんなTVの存在を消すをテーマに、TVを“美しいしつらえに変える” 壁面システムを考えました。TVを壁面の中に特殊システムを使 い躯体と一体化し全面にガラスを引っ掛け壁面の一部にするビルトインシステム」と書かれています。この写真は、新宿オゾンにあるグラスルーチェのショールームを訪問した際のものです。

130709glassruche-01

代官山T邸のお施主さまは、ご相談当初から、このグラスルーチェのシステムを寝室に採用したいとのことでした。写真は、解体工事前に、その寝室にテレビとテレビをカバーするミラーガラス、その横の棚を、設置予定の壁にテープでマーキングしてみた時の様子です。

130709glassruche-02

これが壁を指定の寸法で解体した際の様子です。工事は既に進んでおり、グラスルーチェのシステムを固定するたけに、壁下地のLGS(軽量鉄骨)が切り欠かれており、木製フレームが周り、また配線関係のCD管も通されている段階ですね。天井にはスピーカー用の丸穴があけられ、CD管が回されています。

130709glassruche-03

ハナムラ・トレーディングの担当者が書いてくれたディテールと、こちらで用意した寸法図を元に打合せを何度もしています。テレビだけでなく、アンプを入れて、ブルーレイと繋げ、天井に埋め込み式のスピーカーを入れる計画なので、その配線図も書いて貰いました。

130709glassruche-04

更に工事が進んで、横のウォールナット突板の棚が入り、グラスルーチェを固定するための柱材や、背面の合板も張られています。

130709glassruche-05

グラスルーチェのシステムとは直接関係はありませんが、横の壁にこのようなニッチを作り、ここにアンプやブルーレイを設置します。ちょうどこの壁の背面がウォークイン・クローゼットだったので、箱の背部を出っ張らすことができました。因みにアンプ類は使用時に相当な熱を発するので、空気抜けの孔も設けています。

130709glassruche-11

ウォークインクローゼットの天井に設けた点検孔にこれだけのCD管が届いています。後日CD管内部に通線して、先ほどの機器用ニッチに接続してゆきます。配線は、最後に壁を作って隠してしまう予定です。

130709glassruche-06

いよいよ待ちに待った(?)グラスルーチェ取付けの当日です。ハナムラからは担当の大西さんと職人さんが二人、それにリフォームキューの現場監督の岩波さんに電気屋さんが揃いました。

130709glassruche-08

こちらが、テレビを固定するためのフレームです。その後ろにはハナムラ側が用意してくれた薄型テレビも届いています。

130709glassruche-10

まずはテレビに配線を繋げ、動作を確認してから、フレームに固定します。

130709glassruche-09

テレビと共にフレームを固定した際の様子です。アルミのフレームと設計図通りに設置された木軸の下地がピッタリと重なり、そこにビスで固定されました。フレームはガッチリ固定されていますが、テレビはまだこれから微調整があるので、完全にはフレームに固定されていません。

130709glassruche-12

あとはガラスをはめ込むだけなのですが、その前にアンプとテレビの接続、スピーカーからの音の確認、インターネットの接続ができているか、外付けのハードディスクとの相性などをチェックする必要があります。まだ、ご入居前でインターネット接続にだけ問題がある事が判りましたが、その他の問題はクリアできたので、ガラスを取り付ける作業に入ります。

130709glassruche-13

写真がブレて見にくくなってしまいましたが、二人掛りでGLAS LUCEマジックミラーを引っ掛けます。ミラーは素手ではもてないので、ガラス用の大型吸盤を使っています。実際の引っ掛け作業は、2分ほどで終わりますが、テレビとミラーガラスの位置が全くズレないように、何度も付ミラーを外してはテレビ位置を微調整して、また付け直すという作業を繰り返してゆきます。右手奥では、設置したアンプを調整をしていますね。

130709glassruche-14

これで長かったグラスルーチェの取付けが完了しました。テレビの電源をオフにしていると、このミラーガラスの奥にテレビが隠されていることが全く判りません。横にデザインした木製の棚ともピッタリ寸法が合っており、実にカッコ良くレイアウトすることができました。大西さん始め、職人の皆さん、どうもお疲れ様でした!

130709glassruche-15

最後に、テレビがオフな状態とオンの時を同じアングルで比較した写真です。外が明るい時点での撮影だったので、反射してちょっと判りにくいですが、何度見ても黒いミラーの後ろから画像が飛び出てくるような感じで、とても不思議な体験でした。

タグ

2013年07月05日 グラスルーチェの取付け設置@代官山T邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 代官山T邸


»
«