Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

超高級オーダーキッチンの契約&発注

南麻布K邸

南麻布K邸のキッチンも十数度のショールーム打ち合わせを経て、ようやく内容が固まってきました。一度はほぼ内容が固まっていましたが、お施主さまのご意向で子供用のプレイルームを削って、その分キッチンを広くする案も検討した結果、そちらに移行することになったので、打ち合わせが長引いておりました。

R0049304_pt

この日は、設備機器の最終確認でした。工事に張った際の現場を担当してくれるアムスタイルの清水さんも同席しての打ち合せです。

R0049296_pt

カウンター材も3種類の材料を使うので、それらを見て頂いている様子です。因みに3種類とは、クォーツストーンとステンレスと大理石です。

R0049582_pt

何枚かプリントしてくれた大理石の柄を折りたたみながら、幾通りかを作って、お施主さまに確認して頂きました。

R0049310_pt

この日はアムスタイルの打合せ後にも時間が取れたので、乃木坂のセラのショールームを訪問して、水栓やシャワーの説明もさせて貰いました。シャワーはドイツ製のグローエのものが人気ですが、実は日本製に比べると水圧が低くなってしまうので、そのことを体感して頂きました。

R0049313_pt

洗面所やゲストトイレの水洗などもサンプルを見ながら決めてゆくことができました。

R0049590_pt

扉のデザイン以外はほぼ固まってきたので、仕上げ材やイメージパースも用意してくれたので、それらを使っての確認打合せです。

以下はイタリアから直輸入で入れることになった壁やカウンターに使う高級大理石のスタトゥアーリオ(カレカッタとほぼ同じです)のサンプル写真です。

WIN_20150205_220817

これらの写真を現地から送って貰い、柄や白い部分のきれいさを見て、どのスラブ(大判の大理石のこと)を使うかを選びました。柄のきれいさ、白い部分の白さから最終的に左上のスラブを使うことになりました。

R0049588_pt-2

宮本さんが作ってくれたキッチン図の壁部分に穴をあけてた図面に選んだスタトゥアーリオの柄を嵌め込んで、どの部分をブックマッチ(切った石を線対称に張る模様のこと)にするかを検討している様子です。

R0049641_pt

最後まで決まっていなかった、栗材を使ってた特注のキッチン扉のサンプルが出来上がってきました。框扉(かまちとびら:フレームが入った古典的な扉のデザイン)はどうしてもクラシカルな印象になってしまうので、無垢材を使った框を斜めにしてもらったデザインでサンプルを作ってもらいましたが、スタイリッシュでとても素敵な雰囲気にできてきました!

R0049648_pt

框扉にフローリング、他の扉に使う塗装サンプルやカラーガラスを合わせて、全体の色味を確認して貰いました。

DSC_0791_pt

アムスタイルが用意してくれた、框扉まで入れ込んだ仕上がりのイメージパースです。幾度か素材やデザインを変更するたびにパースを作ってくれたので、お施主さまにもとても判りやすいと評判でした。
因みにキッチンカウンターで使う椅子はポルトローナ・フラウの椅子です。

キッチン図面(平面)

こちらがほぼ最終形のキッチンのプランです。アイランドカウンター2本に大型L字カウンターの構成で、冷蔵庫が3つ、シンクが二つ、ガスレンジにIHヒーター、ビルトインオーブンが2つという、超本格的なキッチンのプランが固まり、この日に契約をすることができました。
粘り強く設計側の要望を聞いて、何度も図面を書きなおしてくれたアムスタイルの宮本さん、ショールーム打合せにはほぼ全て出席して、調理をする側からのアドバイスをしてくれた岸本恵理子さん、どうもお疲れさまでした。そして何よりここまで何回もの打ち合せにお付き合いくださり、重要な判断を幾つも重ねてくださったKさま、どうもありがとうございました!

ページトップへ戻る