Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

200平米超えマンションの解体工事

南麻布K邸

解体工事が続いております。こちらは麻布の山の上に建つ200平米越えマンション、南麻布K邸プロジェクトの内部解体です。

DSC_0811_pt

絶景のリビング・ダイニングは、まず窓に目隠しをしたうえで解体を始めます。今回のリフォーム設計に大きく影響する部分でもある窓際の天井部分から解体がスタートです。奥の壁際には、ベニヤ板で作られた箱が置かれていますが、工事をお願いしている工務店のの工夫で、解体後のリフォーム工事で再利用する予定の金物や機器類を傷つけないように保管してくための養生ボックスだそうです。

DSC_0805_pt

解体前のリビングの天井には、空調の吹き出し口であるブリーズラインと照明のダウンライト、いくつかの点検口だけのシンプルな要素が整然と並んでいましたが、一枚表皮(本当は塗装仕上げなので2枚のボード張りですが…)をはがすとこのうに空調のダクトや機器類、さらには電気の配線や躯体に施された断熱、天井を支える下地材などが、結構キツキツに詰められています。

DSC_0798_pt

奥の方にある居室部分では、解体工事がもっと進んでいました。天井と壁、窓周りの枠材までがほぼ撤去されています。

DSC_0797_pt

こちらのマンションでは、リフォーム工事を始めるに際して、隣接住戸にお住いの方すべてにリフォームの概要とスケジュールをご説明して、サインをもらってからでないと工事が進められない、(リフォームをする側からすれば)非常に厳しいルールがあります。お施主さまにも最大限にの協力をしていただいて、さらにはこちらのマンションの仲介をしてくださった不動産屋さん、施工会社の青、そして僕らでマンションに日参して、なかなかお目に掛ることができない近隣の方々にご挨拶をして回り、ようやく工事をスタートすることができました。解体が始まったばかりでしたが、お施主さまに現場に来ていただいて、ご案内している様子です。

DSC_0819_pt

奥にある主寝室とその先のウォークイン・クローゼットとシャワーブース部分は、ほぼスケルトン状態までバラされていました。

DSC_0799_pt

当初からお施主さまに、天井はなるべく高くしたいとのご要望を伺っておりました。リビングやキッチンは、先ほどの写真のように天井裏が設備で一杯なので、難しいことがある程度想定されていましたが、こちらの主寝室は天井裏に余裕があるので、15センチほど天井が上げられることが判りました。

DSC_0803_pt

浴室に先立って、洗面の床材をはがして、床下の排水管の配管状況を確認させて貰いました。実は、この浴室周りの解体は、今回の解体工事でも最も注意すべき部分なのです。大きな浴室は在来工法(躯体のコンクリートに直接防水を施して、その上に保護用のモルタル・シンダ-コンクリートを打設し、必要箇所にはコンクリートブロックを積んだうえで、仕上げ材を張っているスタイル)で作られています。斫り機器を使ってバラせば、工事のスピードは速いのですが、近隣の方々には頭の上で道路工事をしているような騒音が響いてしまいます。なるべく騒音を立てないで工事をすることを、隣接住戸の方々にご説明しているので、青の片岡さんも初めて使用するというパッカー工法を使って解体することになっています。

DSC_0817_pt

こちらのマンションでは、解体時に発生する廃材の搬出にも(リフォームする側にとっての)厳しいルールがあります。搬出入は地下からで、地下駐車場には工事用車両を停めてはいけないことになっています。出口からから200メートルほど先の一般道に、道路使用許可を取ったうえで、警備員を配置した個所にトラックを停めて、そこを拠点に搬出入をするので、このようになるべく廃材を整理した上で室内に貯めて、3日に一度ずつ搬出する形をとってもらっています。R0049598_pt

当然、共用部分の養生(職人さんたちや建材の搬出入で壁や床が傷つかないようにカバーすること)も厳密で、搬出入の度にこのような養生を地下からエレベーター、共用廊下までしてゆく必要があります。

R0049601_pt

エレベーター内も、壁と床ごとにボタンや手すりや防犯カメラの位置を避けたシートを作って、迅速に養生ができるシステムを組んでもらっています。

R0049600_pt

通常のキャスター付きの荷車は使えないので、特殊なシリコン製のタイヤ付きで、ボード類を積荷することができる特殊荷車を青では用意してくれています。
一般的なマンションリフォームでは、解体工事は1~2週間で終わりますが、今回は高級マンションならではの厳格なルールがあるので、余裕をもって4週間の工程で解体を進めることになっています。

 

 

ページトップへ戻る