Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

天井埋め込み式照明ボックスのバリエーション

南麻布K邸

工事進行中の南麻布K邸現場では天井下地を固める作業中でした。天井を固めるには、天井に来る建築的要素をすべて組み込んでおく必要があります。僕らが良く使っている埋め込み式の照明ボックスを作って、天井に組み込む作業をしている様子です。

DSC_2555_pt

この長い棒状のボックスが天井とフラットに仕上げる照明ボックスです。

R0051581_pt

工事をお願いしているの八木さんが書いてくれた製作図です。エアコンのブリーズライン(吹き出し口)と組み合わせたり、天井裏のダクト等によって邪魔される個所は、配線ダクトをやめて浅型ダウンライトを仕込んだりと、同じように見える照明ボックスも色々とアレンジをしています。

DSC_2560_pt

先ほど製作していたボックスを天井に釣込んだ様子です。ブリーズラインが3か所も入るので、照明部分は少ないボックスです。

DSC_2556_pt

こちらはご主人さまの書斎天井に組み込まれる照明ボックスです。邪魔するものがなく、エアコンは天井カセット式なので、とても素直な形の箱になっています。

DSC_2564_pt

大型ウォークインクローゼットに設けた照明ボックスも、引き戸のレールとの絡み以外はシンプルな作りとなっています。

R0051566_pt

こちらは現場で大工さんに作ってもらったものではありませんが、円形でLED小型照明を組み込んだフロスの既製品照明です。背面(天井裏に組み込まれる面)から見た製品ですが、反対側はきれいな丸状に照明が並び、四角の余分な部分は石膏ボードとツラで納めてパテでしごいて塗装天井と一体化させる仕組みになっています。

R0051683_pt

当然ながら天井埋め込み照明には電気の線が必要になります。リビングダイニングはルートロンクレストロンで照明をコントロールするので、そのための信号線も必要になってきます。キッチンの中央を通る排水竪管の周りをEPS(電気用パイプスペース)として使っているので、ここに大量の電気配線が集まってきています。

R0051773_pt

設計側で用意した照明プロット図に、電気屋の新井さんが間違えないように蛍光ペンでなぞっている現場用の図面です。

R0051687_pt

全ての線が何の線か判るように、ビニールテープで番号と名前を書き込んでいっています。照明だけでなく、クレストロンでコントロールするテレビやオーディオ、LAN配線などの弱電も混じっているので、本当に沢山の線が集まっているのです。

DSC_2508_pt

毎週月曜日を定例打合せとしていますが、現場に行くと職人さんたちが集まってきて、判らない箇所の確認大会になっています。片方では造作家具を現代製作所と打合せながら、電気のムラデンとも打合せをしているテンテコマイの竹田さんの様子です。

R0051580_pt

その他、定例ではカーテンボックス寸法や書斎の窓枠の取り付け方などのディテールについても打ち合わせをしました。

DSC_2513_pt

天井が電気関係の配線で一杯の所、床では床暖房パネルの敷き込みもされています。面積が大きいので、東京ガスのTESを使ったガス式温水床暖房と電気式の床暖房の2種類が併用されています。

R0051567_pt

同じく玄関ホールからLDKへ入る扉の床部分にはフロアヒンジが固定されていました。木で簡易的な型枠を作って、そこにモルタルを打ってフロアヒンジのボックスが埋め込まれています。

R0051574_pt

200平米を超えるマンションなので、200平米以下に区画するための防火扉が必要になりますが、以前あった個所を場所を変えているので、防火扉も作り直しとなりました。写真は枠を固定している様子です。

R0051679_pt

現代製作所とはリビングの壁に設置する、片持ち式の大理石カウンターの固定方法も打ち合わせを致しました。
まだまだデザインを決めなくてはいけない項目が山盛りありますが、青の片岡さん、八木さんと斎藤さんたち、さらには各下請け業者さんたちと打合せながら、順に解決してゆくことになります。

ページトップへ戻る