Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

大理石をインテリアに使ったマンションリノベーション

南麻布K邸

南麻布K邸リビングの現場では、4メートルの長さのカウンターの大理石の取付が始まっていました。

DSC_3585_pt

長いだけでなく、奥行きも45センチあり、さらにデザイン的にエッジを効かせるために、端部を斜めにしているので、大理石の加工も取付も大変なようです。

DSC_3175_pt

以前のブログでもご紹介しましたが、こちらがこのカウンターのための下地です。戸境のRC壁にアンカーを打って、L字型の角パイプを固定して、その上にベニヤ板で組んだ下地を組んだものです。

DSC_3582_pt

大理石の工場で、このように事前に組み上げてエッジをシャープに見せるように工夫して貰っています。因みに石種はグリジオ・ビリエミ(別名ムルシア・ブラウン)です。

R0052405_pt

厚みが20ミリのスラブから切り出した大理石ですが、割れないように背面はメッシュテープで補強して、端部が割れないように金物を入れて固定しています。L字型の縦部分が少し斜めになっているのが判るでしょうか?

DSC_3583_pt

慎重に水平レベルを取りながら、エッジのラインがきれいに通るように接着剤で固定してゆきます。

DSC_3582_pt-2

こちらが、事前に造作家具をお願いしている現代製作所が描いてくれた、この大理石カウンターの制作図です。

DSC_3619_pt

こちらの玄関ホールでは、以前石切り場でチェックした大理石の集成材ともいえる、サルバトーリの壁張りが始まっています。

DSC_3618_pt

レーザーを使って水平を確認しながら位置確定をして、背面に接着剤を付けて固定してゆきます。床から少し浮かせて張ってゆくので、下には仮の目地棒を入れて張ってゆきます。因みに、石張りの背面の壁下地は面強度を考えてベニヤ板で仕上げて貰っています。

DSC_3717_pt

こちらが後日完成後の玄関壁の様子です。サルバトーリにも色々な種類がありますが、こちらは石種がホワイト・カラーラで、パターンがリートヴェルデというタイプです。

DSC_3685_pt

先ほど作っていた大理石カウンター上の壁にも、違う種類のサルバトーリを貼って貰っています。

DSC_3705_pt

カウンターに孔が空いていますが、こちらにバイオエタノール暖炉のエコスマートファイヤーを入れる予定で、その炎が直接大理石に当たらないように、カウンターとサルバトーリの間に鉄板を入れるので、写真のような隙間を作ってもらいました。奥にはテレビキャビネットが来るので、やはりその分開けて貰っています。こちらの壁下地がベニヤ板でないのは、バイオエタノール暖炉との関係で、壁材&壁下地を不燃材料で仕上げておく必要があるので、ベニヤ板の上に不燃のケイカル板(けい酸カルシウム板)を貼って貰っているのです。

DSC_3714_pt

因みにこちらのサルバトーリでは、石種がクレマ・ドルチャで、パターンは先ほどと同じリートヴェルデです。

DSC_3695_pt

キッチンで使った高級大理石のスタトゥアーリオの残材で作ったカウンター甲板が洗面所に設置されました。廊下状空間の奥にはニッチが見えますが…

DSC_3699_pt

こちらのニッチ奥にはサルバトーリの残り材料を貼って貰いました。当初は、このニッチにタオルウォーマーを設置する予定でしたが、サルバトーリの柄がきれいなので、しばらくはこのままにして置くことになりそうです。ただ、将来的にタオルウォーマーを設置できるように、袖部分にコンセントとスイッチを入れておきました。

DSC_3701_pt

スタトゥアーリオの残材は、こちらのシャワーコーナーの前のミニカウンターにも使われています。

DSC_3688_pt

大型キッチンのアイランドカウンターもほぼ組み上がってきたようで、こちらをカバーするスタトゥアーリオの甲板ももうすぐ搬入設置される予定です。大理石は重量とサイズの関係から搬入が大変で、またすべてが一品ものの貴重な柄の物なので、落として割れたり、端部が傷ついたら代替え品がないので、現場もピリピリムードでくだらない冗談も言えないような雰囲気でした…。

 

 

ページトップへ戻る