Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

キッチンカウンターを貫通するPS竪管シャフト

南麻布K邸

連続して南麻布K邸の現場です。元々変形だった南麻布K邸のキッチンをリノベーションで拡張することになった際に、当初から技術的な問題になっていたのが、ちょうど間が悪い場所にあったPS竪管(ピーエスタテカン:パイプスペース内を通る、上下階を貫通する設備配管)でした。

南麻布T邸_キッチン比較図

左から順に、リフォーム前のキッチン、当初検討していたキッチンリフォーム案-1、そして一番右が最終的に実現したキッチンリフォーム案-2です。リフォーム前にはトイレのカウンター横に紫で記した位置にPSがありました。キッチンを拡大するにあたって、リフォーム案-1ではL字型カウンターのシンクを隠す壁の冷蔵庫横にちょうどPSを持ってくることができそうでした。中途半端な通路位置にPSが来ないように、図面左側にくる書斎とキッチンの間仕切り壁位置を調整しています。
その後、もっとリビングを広くしたい、それに際しては子供部屋を狭くしても構わないとの新たなご要望があって、L字型カウンターを大きく書斎側に移動したのがキッチンリフォーム案-2です。キッチンの見通しが良くなり、LD空間も広くなりますが、一番の技術的な問題は食事もできるアイランドカウンターのちょうど真中をPSが貫通することになってしまうことでした。

実は、以前ほかのマンションリノベーションプロジェクトで同じような事情で、キッチンアイランドカウンターを貫通するPS管をデザインしたこと(実際には動かせないPS管を囲む形でアイランドカウンターを作っています)があったので、同じような処理ができるだろうと考えて、以下の参考写真をお施主さまにお見せしてご納得の上でキッチン計画を変更することになりました。

DSC_5151_pt

こちらは杉並区S邸のキッチンの事例写真で、PS管とキッチンカウンターの取り合いディテールを紹介した記事も以前のブログで紹介しております。

DSC_3879_pt

今回の南麻布K邸でも、以前と似たような工事プロセスを辿ってゆきます。杉並区S邸では、PS内には排水竪管と空調機のドレイン排水管の2本だけでしたが、こちらでは太い排水竪管が2本にエアコンドレイン管、さらにはアイランドカウンター下に置くAV機器とリビングのテレビやスピーカー類を繋ぐためのCD管も8本ほど通っており、貫通している管のサイズも大きくなっています。

DSC_3841_pt

当然ながら竪管は動かせないものですので、写真では判りにくいですが、高級大理石のスタトゥアーリオで作ったアイランドカウンターを2分割にして事前に実測していた管のサイズに合わせて抜いたものを両側から挟み込む形で合体して貰っています。

DSC_3843_pt

キッチン内側から見たアイランドカウンターです。こちらにはミニシンクやIHヒーターが入り、その下部には引出収納が作られています。カウンター上部だけでなく、横面も前垂れ部分も全て大理石の柄繋ぎで作って貰っています。

DSC_3869_pt

トンネル状の板が何枚が現場に運ばれていましたが、実はこれが事前にPS管のアール(半径)形状に合わせて曲げ加工をして貰ったFGボードという不燃のボード材です。FGボードは水で濡らすと柔らかくなって曲げることができる特殊な製品です。こちらはゆっくりヒビが入らないように形に合わせて工場で曲げ加工して貰っていました。

DSC_3882_pt

杉並区S邸の時は、丸い形でカバーすることになっていたので、なるべくきれいな丸を作るために既製品のVU管を下地にしてシャフトを作ってゆきましたが、今回は形も変形でなるべく細くしたいので、写真のようにドーナッツ型の木製リングを作ってもらい、それを垂直に並べて間を木下地で埋めてゆく方法で下地を作った貰いました。

DSC_3886_pt

こちらが変形シャフト作りの詳細写真です。

DSC_3964_pt

全周すべて綺麗に包まれ終わった変形シャフトです。斜め円形なので、この角度から見ると太く見えますが…

DSC_4015_pt

廊下からLDKに入ってくる向きから見ると、このように細く見えます。
こちらは数日後に天井にあわせて、塗装の下地処理をし終わった段階です。すでに大理石キッチンカウンターが養生されてしまっているので、きれいに貫通している様子が見えなくなってしまっているのが残念ですが、キッチンのアムスタイルと工務店青の協力、そして大工さんたちの頑張りでとてもきれいな形のシャフトになりました。

ページトップへ戻る