Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

マンションリノベーションの一年点検と追加家具の搬入・設置

南麻布K邸

昨年の夏前に竣工お引渡しをした高級マンションリノベーションプロジェクト、南麻布K邸に一年点検で伺ってまいりました。カガミ建築計画の担当スタッフの竹田さんと各務、そして施工をお願いしたの八木さんの三人で伺いました。

DSC_2431_pt

小さなお子様がいらっしゃるのに、いつもとてもきれいに暮らしていらっしゃるTさまのリビングダイニングです。

DSC_2426_pt

久しぶりにお目に掛ったので、雑談をしながら不具合があったカ所を確認しながら、Kさま気が付いていなかった塗装壁のヒビや割れを中心に見て回りました。こちらの壁は浴室横の壁です。写真ではほとんど見えませんが、ボードの継ぎ目に沿って割れ目が見つかりました。

DSC_2410_pt

主寝室のベッド横にはオーダー家具のYPOで特注で作ってもらった、サイドテーブルが置いてありました。こちらは竣工後に最適なサイズのサイドボードがないのでデザインして欲しいとのご依頼で作ったものですが、きちんと撮影していなかったので、写真に撮らせていただきました。

DSC_2405_pt

こちらはご主人さまの書斎です。竣工時の写真では、コンピューターも本も置かれていない無人の状態でしたので、実際に使われている様子を撮影させて頂きました。

雑談しながら、撮影しながら、一通り見て回った結果を竹田さんが図面に書き込んでくれた一年点検のチェックリストです。塗装の割れやヒビがほとんどで、後は建具の軽い歪みや巾木の割れなどで、大きな不具合はないとのことでした。9月以降に補修工事をしたいとの青の希望をお伝えして、管理人さんに補修工事を申請したうえで、補修してゆく段取りをご説明させて頂きました。

DSC_2401_pt

一年点検で伺うついでと言っては何ですが、リビングのソファ(ミノッティのWHITE)のサイズが小さめだったので、追加のソファを約半年前にお願いしていたものの搬入組み立ても、同じ日に予定させていただきました。

DSC_2422_pt

ミノッティで僕らの担当をしてくれている早坂さん自らが組み立てをしてくれました。写真は、横同志のソファを連結する金物を取り付けている様子です。最初からワンセットで組む場合は、工場でこの金物も取りつけて現場に来ますが、少しでもズレていると、後々不具合が生じる可能性もあるとのことで、厳密に既存ソファの金具の位置を測量してから、取り付けてくれました。

DSC_2433_pt

80センチの特注サイズのソファを間に組み込んだことで、ワンサイズ大きさがアップしたソファです。あわせて、既存のクッション全体が少しダレていたので、早坂さんに空気を入れてもらい、ふっくらと膨らませて貰いました。

ページトップへ戻る