Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

雑誌「モダンリビング」の取材撮影@南麻布K邸

[南麻布K邸]

雑誌「モダンリビング」(世界文化社)が、4月7日に発売予定号にて「ラグジュアリー・リノベーション」の特集を組みたいとのことで、南麻布K邸に取材撮影に来てくれました。

以前から、次回にリノベーションの特集号を組み際には、是非事例を提供して欲しいとのご依頼を受けておりましたが、ちょうどこちらの南麻布K邸が、ラグジュアリー・リノベーションというテーマにも合うので、お客さまのご了解の上、取材撮影に伺わせて頂きました。

ダイニングテーブル上のテーブルウェア、お花等は、全てモダンリビングの高坂副編集長のコーディネートです。白い大理石のテーブルと素敵にマッチした透明感のある設えとなっています。

カメラマンは下村さんで、高坂さんと丁寧にアングルを調整しながら、南麻布K邸のインテリアを補完するようなインテリア備品を飾っていってくれました。

テレビボード横のこちらの飾り棚などは、あまりにKさまご一家のプライベートな思い出の小物や写真などが飾られていたので、Kさまのご了解を得たうえで、高坂さんがたちが持ってきてくれた小物で雰囲気を壊さないものと交換して貰っています。

今回は、南麻布K邸の事例紹介だけでなく、特集内特集でもあるリノベーションQ&Aの取材も兼ねていたので、リビング天井の点検口を兼ねた突板のパネル詳細やサッシ枠のディテールなども撮影していってくれました。

キッチン出入り口のこちらのスイッチボードは、交換ができない給湯器や警報関係のプレート類が縦に並んだ箇所ですが、プレートのサイズも色味も違ったものが並んでいるので、このように縦列で整理しましたが、これもリノベーションらしい工夫だと気に入ってくださったようで撮影してくれました。

この主寝室も、特注でデザインさせて頂いたベッドサイドのナイトテーブルを入れての撮影は初めてでしたので、こちらでも撮影させて貰いました。

ウォークスルー・クローゼットから奥のシャワーと洗面への空間の繋がりは、これまで上手く撮影できておりませんでしたが、カメラマンの下村さんを真似たアングルで(一応、了解は貰っております…)撮影してみたところ、きれいに撮れました。
このところ、メディア取材が続いていますが、4月になると一気にそれらの雑誌が発売になりますので、どうぞ楽しみにしていてください。

ページトップへ戻る