Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

プロ向けキッチンショールーム@北沢産業で調理体験

南麻布K邸

大きなセミプロ用のキッチンを計画している南麻布K邸の奥さまと、プロ向けと一般向けの両方のキッチンを提供してくれる恵比須の北沢産業のキッチンショールームを訪問いたしました。

DSC_6559_pt-2

ビルの1階から4階までを使って、純国産のオーダーキッチンや、イタリアのDada社の高級輸入キッチン、そしてプロ向けの厨房機器までを見学させて頂きました。

DSC_6556_pt

こちらはイタリアDada社のキッチンです。ざらついた御影石の一枚ものカウンターが迫力がありました。

DSC_6563_pt

業務用の厨房機器を扱っているので、このような超ハイカロリーバーナーも体験することができます。ただ、こちらはガスの容量やレンジフードの排気量の問題で、マンションでは採用は難しいことが判りましたが…。

DSC_6558_pt

天井にも珍しい仕掛けがありました。この6角形型のオブジェは、天井埋め込み型のレンジフードなのです。レンジの直上にショーボックス型のフードを置くのとは全く違った発想の製品です。やはりマンションリノベーションでの採用は難しそうですが、いつかは使ってみたい製品です。

DSC_6564_pt

4階には、このようなプロ向け、セミプロ向けの調理機器も並んでいます。北沢産業がオリジナルで輸入しているスチーム・コンベクション・オーブンやパン焼き用の専用オーブン、さらには大型ミキサーやプロ向けの食洗機などで、事前に予約をすれば、調理体験もできるとのことでした。

Tさまはスチーム・コンベクションの使い勝手に興味があるとのことでしたので、その場で予定を調整して、改めて調理の体験をさせて貰うことになりました!

DSC_6771_pt

僕らもオーダーキッチンの設計はこれまで100本近くはお手伝いしてきましたが、今回のような本格的なキッチンは初めての体験なので、プロの出張料理人として活躍している岸本恵理子さんにアドバイザーとして手伝ってもらうことにいたしました。

R0045660_pt

スチーム・コンベクション・オーブンは、Kさまがアメリカの星付きレストランで修業していた際に、その威力をよく御存じだったので、今回も是非採用したいとのことでした。特にその良さを発揮できる、鶏肉肉のグリルや煮物、フォカッチャなどの焼き物を作ってもらうことになりました。

DSC_6779_pt

オーブンとして200度まで高温にしながら、同時に蒸気を0から100%までコントロールできるので、チキンもパサパサにならずに調理できるスグレモノだそうです。調理している最中に温度は勿論、湿度も調整できるので、中はふっくら、外はパリッの仕上げもできるようです。

DSC_6782_pt

お料理の手順と使い勝手を教えて貰いながら、少し時間が掛かる合間には、このように席に座って、出来上がった料理を試食しながら、他の調理機器の説明を伺わせて頂きました。

DSC_6776_pt

パン焼きも本格的になさりたいとのことで、こちらのパン焼き用のベイク・オーブンも使わせてもらいました。

R0045652_pt

通常のビルトイン型オーブンでは、なにより庫内の広さが十分でなく、パンを幾つか同時に焼くことができないこと、大型のケーキなども焼けないことにストレスを感じていらっしゃたので、この大型サイズのイージー・ベイク・システムには魅力を感じられたようです。

R0045540_pt

これだけ沢山あるプロ用、セミプロ用の調理機器から、どのようなものを選んでゆくか、悩みどころです。本格的な機器になると、発生する熱量や、給水や排水などを直結するなどの設備工事の必要も発生するので、コンサルタントとしてお手伝いしてもらっている岸本恵理子さんも交えて、色々なバリエーションを検討してゆく必要がありそうです。
ご丁寧に調理実演をしてくださり、試食までさせてくださった北沢産業の皆さま、どうもありがとうございました!

 

ページトップへ戻る