「白金台Y邸」のアーカイブ

お客様とプロジェクトに恵まれた実り多き一年でした

今年は、本当にお客様とプロジェクトに恵まれた、素晴らしい一年となりました。このブログを見返しながら、今年一年を振り返ってみました。

DSC_0324_pt

2014年の最初に完成お引き渡しをしたのが、この南平台N邸です。クール&スタイリッシュを目指したこちらのお宅は、メディアでの注目度も高かったようで、お陰様で来年には雑誌「モダンリビング」に掲載されることになりました。

140624mejiroY-01

こちらは設計図から工事監理までを行う通常の設計監理とは違った、デザインアドバイスの方法でマンションリフォームのお手伝いをさせて頂いた目白Y邸です。以前にご購入予定のマンションの時からご相談を頂いていたY様は、築浅のこちらのマンションをご購入した際にもお声掛けくださいました。この「デザインアドバイス」は急ぎのスケジュールにも対応可能で、コスト的にも設計料が大幅にお安くできことも好評なようで、最近問い合わせが増えております。

140909minamiaoyamaY_bihin-11

南青山Y邸のお施主さまも、以前は別のマンションのご購入権当時からご相談があったお客さまでした。築浅のマンションでしたが、インテリアも含めてリフォーム&コーディネートでお手伝いさせて頂きました。

singapore5-7

シンガポールへの5泊6日の弾丸出張プロジェクト、シンガポールM邸も考えてみれば今年のプロジェクトでした。短期間で260平米のマンション(それも現地に行くまで間取りも判っていなかった…)のインテリアコーディネートをお手伝いさせて頂いた経験は、この後になっても大いに役立っております。

DSC_7917_pt

まだ家具が入ったきちんとした写真が撮れておりませんが、広尾N邸もとても思い出深いプロジェクトです。消費税UPやその後の職人不足、マンションの水漏れや全体改修との絡み、香港からの建具やインテリア素材の輸入など、難しい問題山積みでしたが、何事にも前向きなNさまご夫妻のご協力と外国まで出張してくれたスタッフの竹田さんのお陰で、無事竣工お引き渡しを喜んで頂けました!

DSC_8445_pt

デザインアドバイスでお手伝いした三田綱町パークマンションU邸です。個人的な感傷ですが、今は亡き祖父と祖母が暮らしていたマンションで、ほぼ同じ向きと間取りのお宅のリフォームをお手伝いできたことは、とても感慨深かったです…。

seirokaS

こちらの 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸はまだ、竣工写真をブログにもUPできておりませんが、管理会社との難しい工事条件調整や、防災・スプリンクラー対応、そして騒音や臭いの厳しい規制のなかでのリフォームでしたが、施工をお願いした高島屋スペースクリエイツの誠実あ対応と建築工事の、造作家具の現代製作所の頑張り、そしてスタッフの前田君の粘りで、無事完成することができました。

minamiazabuStei

リビングダイニングとキッチンだけで100平米超えの南麻布S邸は写真のインパクトが大きいプロジェクトでした。こちらはいつも施工でお世話になっているリフォームキューさんからのご紹介のお施主さまでした。ちょうど奥様がご妊娠中の設計で、工事最中に元気な男の子が生まれて、竣工時には赤ちゃんを連れてきてもらったという、S様ご家族にとって記念のプロジェクトでした。

FILE0028_pt

虎ノ門ヒルズレジデンスM邸は、工事をすることになったことをブログで報告したところ、沢山の不動産関係者(すべて知り合いですが…)から連絡を頂きました。日本で最高級の坪単価、そして竣工したばかりの超高級マンションを、どのようなお施主さまがどのような経緯でリフォームすることになったのかが話題になったリフォームです。すでにお施主さまにお部屋のカギはご返却させて頂きましたが、カギを持って虎ノ門ヒルズに行く際はなぜかウキウキした気分になっていました。

Exif_JPEG_PICTURE

年末ギリギリに竣工お引き渡しをした白金台Y邸です。築29年の高級ヴィンテージマンションですが、建設当時から親の知り合いが住んでいたことで、建築を勉強し始めた大学生の頃に見学させてもらった思い出深いマンションでした。不思議な縁でお手伝いさせて頂き、とても嬉しいプロジェクトでした!
これまでは年に3~5件程度のペースでしたが、昨年から問い合わせ数も急増しており、デザインアドバイスなどの手法も取り入れたこと、また竹田さんや前田君のスタッフの陣容も整ってきたことなどで、以前より多くのプロジェクトに取り組むことができるようになってきました。来年は、工事がすでに始まっている六本木N邸、設計の最終段階に入っている南麻布K邸などの超ビックプロジェクト、そしてブログでもまだ紹介していないプロジェクトも幾つかあります。
まずは年内、そして年明け4日まで休ませ頂きますが、どうぞ来年以降も宜しくお願いいたします!

 

タグ

2014年12月29日 | お客様とプロジェクトに恵まれた実り多き一年でした はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 三田綱町パークマンションU邸 南平台N邸 南青山Y邸 南麻布S邸 広尾N邸 白金台Y邸 虎ノ門ヒルズM邸 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸

白金台Y邸のビフォー&アフター

先日工事が完了して、無事お引渡しをしたビンテージマンション白金台Y邸のリノベーション前後の比較写真をご紹介いたします。

リビングダイニングのリノベーション前後の様子を一番比較しやすい写真です。初めて現場を拝見した時から、少し狭くて、天井のラインが張り型などのせいで、ガタガタしていることが気になっていたダイニングを、いかに空間として整えてゆくかがとても重要なポイントだと考えていました。また、ダイニング奥には大きな柱型が目立っていました。天井については、天井カセット式エアコンを埋め込める寸法を基準に下がり天井を作り羽目板で仕上げリビングまで張り出させました。柱型は横のニッチに造作収納を作り、同じ面材で柱を囲い込むことで圧迫感を減少させました。

違う角度から見たリビングダイニングです。かつては奥まって狭く感じられたダイニング空間が、下がり天井の張り出しと梁高さと下がり天井の段差を隠すために作った袖壁のお陰で、奥へと続くゲート型のようになりました。リビングののっぺらした壁には、アクセントクロスをパネル貼りして、梁型を少し下げて入れたダウンライトで照らして、アクセントとしての役割を強調してみました。

右が玄関ホールへと続く開口で、左はかつてはエアコン本体を入れていた収納です。以前の玄関ホールは自然光が差さない暗い空間だったので、扉をガラスに変えて光を導いています。エアコンを天井カセットにしたことで、ニッチが生まれたので書斎コーナーとして造作カウンターを作っています。

今回のリノベーションで最も気に入っているのが、この玄関ホールの造作家具です。リノベーション前は小ぶりな靴収納家具が設置されているだけでしたが、リビングへの開口と一体でフレーム型を作って、靴収納、ベンチと手すり棒、そしてガラス扉を一つのデザインとして纏めてみました。ベンチの背部には大理石のモザイクタイルを張り、薄型のLED照明を仕込んで照らしています。

ダイニングのビフォー&アフターです。天井も壁(造作収納)もキッチンへの扉も同じオーク材で包んで、小さいながらも特徴のある空間へと改装しました。キッチンへの扉は小さなものでしたが、大きな表引き戸を引くと、キッチンとダイニングが一体に感じられるほど開口部を増やしています。

キッチンは以前は洗濯機も入ったユーティティーを兼ねていましたが、給湯機に置き場に洗濯機を移設したことで、大きなキッチン機能だけの空間に生まれ変わりました。少々、背面カウンターとの間は空きすぎているので、キャスター付きのカウンターを追加でご提案したいところです…。

廊下の比較写真です。照明を蛍光灯からハロゲンに変えているので、色味が大きく変わっていますね…。当然ながら床材をフローリングに張り替えていることや、突き当りの壁にもフローリングを張り伸ばしていることは違っていますが、実は廊下に面した建具は変えていません。

洗面脱衣のビフォー・アンド・アフターです。大きく変わったのはアルミのフレームドアだった浴室への入り口を、ステンレス枠のガラス扉に変えたことです。洗面カウンターはそのままで、洗面ボウルを塗装し直して、扉の壁紙も張り替えました。天井のダウンライトの灯数を増やして、明るくしています。

最後の写真が浴室のリノベーション写真です。こちらも浴槽は再塗装、壁パネルは張り増し、水栓金物は交換して、照明を変えています。機能的には浴室乾燥暖房機も加えています。
全体的に、予算もある程度限られた中で、このマンションが元々持っていたビンテージ感を上手く活かしながら、違和感がないインテリアリノベーションになるようにデザインしてみました。

タグ

2014年12月02日 | 白金台Y邸のビフォー&アフター はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ヴィンテージリノベーション 白金台Y邸

ヴィンテージリノベーションの竣工検査@白金台Y邸

ビンテージマンションのリノベーションプロジェクト白金台Y邸の竣工検査に伺って参りました。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらは検査が終わった後でのお決まり(?)の関係者揃っての記念写真です。
左からリフォームキューの現場監督の富田さん、工事部長の石原さん、富田さんの補佐の宮脇さん、リフォームキュー社長の竜岡さん、営業担当の岩波さんと森井さん、お施主さまのYさまとお友達のMさま、設計事務所の前田君と各務、一番左が不動産的視点から貴重なアドバイスを頂いた大成有楽不動産のNさんです。

DSC_8997_pt

最近のスタイルは、設計検査と施主検査を同日にするのですが、僕ら設計陣はお施主さまの1.5時間ほど前に現地に入って、先に設計検査を行い、後からそれをフォローする形でお施主さまに見て貰うようにしています。検査当日はクリーニングをしていることが多く、今回もちょうどクリーニングの最中に重なってしまいました…。

Exif_JPEG_PICTURE

一通りこちらのチェックが終わったところで、お施主さまのYさまが現地にいらっしゃって下さいました。

Exif_JPEG_PICTURE

今回はYさまと不動産好きなお友達のMさまに、不動産のNさま、そしてこれまでお目に掛かったことがなかったリフォームキューの竜岡社長も現場に来てくださいました。

Exif_JPEG_PICTURE

検査が一通り終わった後も、鍵を預かってしばらく残って、夜景を撮影させて頂きました。
リビングのアクセントクロスのパネル張りとダイニングの下がり天井上に仕込んだ間接照明がうまく絡んだデザインに出来上がりました。

Exif_JPEG_PICTURE

玄関からのガラス扉や、かつてのエアコン室内機置き場を利用したミニ書斎コーナーもスッキリと収まっています。

Exif_JPEG_PICTURE

デザイン的に一番力を入れていた玄関のベンチを兼ねた造作収納は、来てくださった皆さまに褒めて頂くことができました。
まだ、今回指摘があった個所の是正や未成工事が残っておりますが、何とかスケジュール通りに仕上げることができました。急ぎのスケジュールの中で頑張ってくれたリフォームキューの皆さん、有用なデザインアドバイスを幾つもくださった大成有楽不動産のNさま、そして僕らのデザインを信じて、辛抱強く待ってくださったYさま、本当にどうもありがとうございました!

 

タグ

2014年11月27日 | ヴィンテージリノベーションの竣工検査@白金台Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ヴィンテージリノベーション 白金台Y邸

仕上げ工事進行中@ヴィンテージリノベーション白金台Y邸

竣工に向けて色々な仕上げ工事が進行中のヴィンテージマンション・リノベーションプロジェクトの白金台Y邸ですが、リビングのアクセント壁が張られ、ダイニングの下がり天井には間接照明が点灯されました。

Exif_JPEG_PICTURE

間接照明は、アゴ(張り出して照明機器を乗せている支え部分)の中のLED照明の位置を調整して、光の具合を確認させて貰いました。

Exif_JPEG_PICTURE

プライベート部分へと続く長い廊下の突き当たり壁にはフローリング材が張られ、そこを照らす照明器具が取り付けられました。

Exif_JPEG_PICTURE

キッチンの取り付けもハイスピードで進められています。

Exif_JPEG_PICTURE

フローリングを張らない部屋の床は、遮音マット分だけ嵩上げが必要なので、各寝室にはセルフレベラー(床の段差や不陸を調整する際に使われる建材。液体状のモルタルのようなもので、流し込むだけで平滑な床ができあがります)が施工されていました。この上にベニヤ板を一枚敷いてからカーペット仕上げとなります。

タグ

2014年11月21日 | 仕上げ工事進行中@ヴィンテージリノベーション白金台Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ヴィンテージリノベーション 白金台Y邸

在来工法浴室の既存枠をステンレス枠にリフォーム@白金台Y邸

ヴィンテージマンションリノベーション・白金台Y邸では、既存浴室は防水はやり直さず、基本的な内装をお化粧直し手的に手直しすることとなっています。

芝白金ヒルズB&A-12

洗面脱衣質側かた見たビフォー&アフターの写真です。照明を全面的にやり直しているのと、浴室壁の張り直しも効いていますが、一番効果が出ているのは扉とその枠廻りの交換ではないでしょうか?

浴室建具枠チェックA,B案_140924-1-1

こちらが当初こちらで書き起こしたステンレス枠のスケッチです。黒い既成のアルミ枠の上に、新しく赤線で描いたSUS鏡面磨きの枠を取り付ける想定です。

Exif_JPEG_PICTURE

その後ステンレス屋さんと何度かやり取りをして採取的に決まった形で作ってもらったのが、このような枠材です。

Exif_JPEG_PICTURE

一つ一つの材料を、端部を既存枠に引っ掛けながら、パチリと嵌めてゆきます。一度仮付けしてから全て取り外して、微調整しながら丁寧に嵌めてゆきます。

Exif_JPEG_PICTURE

白く見えるのがステンレス枠ですが、キズや手垢が付かないように白いビニールで養生されています。3時間ほど掛かって、四周の枠が全てはまり、テンパーガラスの扉も仮付けされた状態まで来ました。

Exif_JPEG_PICTURE

最終的にステンレス枠をビス留めして、合体した部分をシールで埋める前に、下枠にガタツキがあったので、一度取り外して微調整していました。

Exif_JPEG_PICTURE

ステンレス枠が取りついた翌日には、大理石の柄付きアルミパネルのアルポリックを内部に張り付けてゆく作業でした。

Exif_JPEG_PICTURE

まだバスルーム内部の天井は張られていませんが、新しいステンレス枠とアルポリックの壁の取り合いです。

Exif_JPEG_PICTURE

その後、手前の洗面脱衣の洗面ボウルと浴槽の塗装・磨き直し工事が入りました。浴槽の塗装は時間が合わず撮影できませんでしたが、洗面ボウルの塗装状況です。まずは金物類を全て撤去して、廻りを養生してから白い塗料を全面に塗り回します。

Exif_JPEG_PICTURE

このような磨き機と紙やすりを使って、順番に磨いてゆきます。

Exif_JPEG_PICTURE

二つの洗面ボウルで3~4時間ほどで、ここまできれいに再塗装されました。浴槽となると、サイズも大きいので、丸一日は掛かってしまうそうです。

芝白金ヒルズ-35

こちらが、後日浴槽の再塗装、水栓金物も交換された浴室の様子です。

DSC_5517_pt

リフォーム前の様子と比べると、随分きれいになったことが判るのではないでしょうか?

芝白金ヒルズ-33

こちらは浴槽から脱衣とのガラス扉側を見返した写真です。天井も張られ、新しい電気式浴室乾燥機が入り、浴室用ダウンライトも入って、見た目だけでなく機能的にも相当グレードアップいたしました。

タグ

2014年11月20日 | 在来工法浴室の既存枠をステンレス枠にリフォーム@白金台Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ヴィンテージリノベーション 白金台Y邸

造作家具の組み立て方@白金台Y邸

下地工事が終わったビンテージマンションリノベーション・白金台Y邸の現場に造作家具の箱たちが搬入されました。

DSC_8791_pt

午前中に搬入を終えて、午後から組み立てに取り掛かるとのことで、午後一で現場に行きましたが、写真右側の開口部で見える通り、玄関回りの収納家具の取り付けがすでに始まっていました。

DSC_8812_pt

玄関側からみた収納家具の下地です。正面壁は靴収納の箱を取り付けるので、ベニヤ下地が張られています。天井廻りにはフレームが回るのですが、一部のフレームと取り付けようの下地桟がついていました。

DSC_8807_pt

こちらが天井に取り付けるフレームなのですが、リフォームキューの造作家具工事ではよくお世話になっている島村さんや根津さんたちも相当苦労していました。

R0047311_pt

天井に事前に取り付けられた桟はこのようなもので…

DSC_8810_pt

裏返して天井に取り付けるフレーム枠には、このようなスリットがあけてあります。これらがうまくカミ合って、天井に吸い付くように取り付ける算段になっています。

R0047323_pt

家具屋さんが描いてくれた図面でも、桟に引っ掛ける形で取り付ける仕様になっています。ただ、コンクリート直に桟を取り付けているのですが、その躯体精度があまり高くないようで、どうも桟が水平に取りついていないことが原因で、取り付けに苦労していました。

DSC_8825_pt

何度も取り外しては、削り合わせて微調整しながら、この面倒な作業を続けてくれていました。結局、僕らが見ている最中にはきちんと取り付けることができず、翌日以降の確認になってしまいました。

DSC_8861

翌日にどのような出来になっているかと楽しみに現場に行ったところ、まだ調整が必要とのことで、このようにベンチとして取り付ける予定のカウンター板が横たわっているだけでした…。近い現場なので、電話で確認しなかったこちらが悪いのは判っているのですが、少しモチベーションが下がってしまいました。

が、その代りにもう一つの造作家具の山場になると思っていた、ダイニングの収納家具が取りついておりました!

DSC_8832_pt

このように家具が取り付けられると、元がどうなっていたかが判らないのですが、真ん中にオープン棚があるその向かって右側は実はコンクリートの柱で、扉はダミーでついているだけなのです。キッチンへの2枚引き戸も無事吊られていました。

DSC_8864_pt

リビングのコーナーの書斎テーブル甲板を取り付けている根津さんに確認したところ、玄関収納は職人さんが最低でも3人いないと組み立てられないとのことで、本日は根津さんも含めて2人しかこれなかったので、後日に廻したとのことでした。

Exif_JPEG_PICTURE

その代りと言ってはナンですが、玄関反対側の小物入れ兼傘ハンガーもきれいに取りついておりました。

Exif_JPEG_PICTURE

日を改めて、3日後に現場に行ったところ、玄関収納家具はきれいに取りついておりました。養生されていて良く判りませんが、ベンチや握り棒も固定されており、家具の壁面には大理石のモザイクタイルも張られていました。

Exif_JPEG_PICTURE

廊下側から見返したベンチ付き玄関収納です。この一台の家具で、靴収納と靴の脱ぎ履きのためのベンチを兼ねる便利な家具になる予定です。DSC_8835_pt

ここまで頑張ってくれた造作家具屋さんたちには感謝あるのみです。こちらの写真は、造作家具取り付けの際に必要になる7つ道具です。通常の大工さんに比べても細かい調整作業が多いので、道具も細かい作業に向いた専門的な道具が多く見えますね…。今度時間的な余裕があるときに、道具の説明も聞かせて貰います。

タグ

2014年11月14日 | 造作家具の組み立て方@白金台Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ヴィンテージリノベーション 白金台Y邸