津田山O家訪問 

津田山O家訪問 

二年程前に、不動産購入とリフォームのアドバイスをさせて頂いた、川崎市津田山のOさまのお宅に伺って参りました。ことの経緯は、ちょうど二年程前に、アメリカから一通のメールが届きました。「現在、会社の転勤でアメリカに居るが、日本に戻った際には、新しく家を建てたいので、不動産を探すところから手伝って貰えないだろうか?」とのご相談でした。

津田山住宅リフォーム

ご主人のOさまがお仕事で一時帰国する度に、お目に掛かって、幾つかの不動産を一緒に拝見いたしました。当初は新築を考えていらっしゃいましたが、予算や広さについてのご要望を伺う中で、中古住宅も視野に入れて探そうとしたところで、このRC造の住宅も見付かりました。

問題点としては、

  • その時点で築年数がある程度経っていたことへの不安
  • 斜面地で、前面が階段で駐車場が取れないことや
  • 金額的にも当初予算を超えていたこと

など決して簡単な判断ではありませんでした。

しかし、同時にメリットとして、

  • 予算は多少オーバーしているが、この広さの住宅はめったに出ないこと
  • 斜面地ながらも良好な住宅地の一端で、”竹林の素晴らしい景観”があること
  • 駅から徒歩3分と利便性が良いこと
  • 築年数の割にはコンクリートや設備の状態が痛んでいなかったこと、
  • 何より元気な体育会系の男の子三人がいて、アメリカ暮らしのO家にピッタリな雰囲気であること

などから、予算のことさえ調整できるのであれば、最高の選択肢ではないかと強く推薦いたしました。

奥様はアメリカにいながらメールと写真だけの判断で、ヤキモキしていたことと思いますが、最後はOさまのお父様もいらして、金額の交渉も上手く行ったので、購入することになったという経緯のお宅です。

実はOさまの奥様サチコさまは、幼稚園の同級生なのです。最初のメールも、親同士が知り合いなことから、間接的に建築設計をしていることを知って、メールを下さったのです。購入後も、リフォームのアドバイスはメールでお手伝いしましたが、結局タイミングが合わず、お招きいただいた昨日が、実に40年ぶり(!)の再会でした。ご夫婦とも、不思議な縁と不動産購入時のアドバイスをとても喜んでくださり、私と妻の二人をランチにご招待くださりました。

ジューシーでスパイシーなタンドリーチキンを始めとする、美味しい食事の数々を、食べ盛りの三人のお子様の旺盛な食欲の勢いに、後押しして貰いながら、お腹いっぱいになるまで堪能致しました。

その後は、約70坪(!)の豪邸のキッチンや寝室、子ども部屋や浴室まで全てをご案内くださり、暮らしぶりを拝見させていただきました。日本離れした、豪快でサッパリした、素敵な空間は、大らかで快活なO家の皆様に本当にピッタリで、素晴らしいマッチングで、感心するばかりでした。

O家の皆様、お招きくださり、どうもありがとうございました!

タグ

2010年02月22日 津田山O家訪問  はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 見学記


»
«