ワールドビジネスサテライトで放映されました

ワールドビジネスサテライトで放映されました

テレビ東京の深夜報道番組ワールドビジネスサテライト(以下WBS)で二世帯住宅のリフォームについて取材をうけたニュースが昨晩放映されました。

WBSではCO2を削減する暮らし方を特集したニュースコーナーにて放映されました。設備機械の効率化によるCO2削減は、そろそろ限度に来ているようで、人がバラバラに暮らすより、集まって暮らす方が、CO2を削減できるのではないかという視点でのニュースでした。

年取った両親と子世帯が暮らす二世帯住宅でも、子どもたちが大きくなると、一人暮らしを始めてしまいます。親の部屋だけでなく、子どもたちの部屋にも十分なプライバシーを確保することで、皆が一緒に暮らす時代が長くなる。そんなリフォームの事例として広尾K邸が取り上げられました。

このお宅では、屋根の手直しと外壁の塗り替え、そして耐震補強と断熱改修を行ったことで、家の基本性能が大幅にアップしています。その上で、娘さん一家が暮らす二階部分は、かつては家族4人が一緒に大きなU字型の部屋で寝ていたのを分割し、男の子と女の子の部屋へと変えています。

夫婦の部屋は、かつて納戸だった箇所を、天窓を設け明るくし、ウォークインクローゼットとセットになった快適な寝室へとリフォームしました。

お祖母さまの部屋については、これまで慣れ親しんだ生活を変えないように、ほとんど手をつけ加えていません。やはりお年よりは、これまで暮らしていた空間が、リフォームによって一変してしまうことで、精神的に参ってしまうことも多いので、なるべく変化がないようにと考えました。

テレビという形で紹介された、この2世帯リフォーム事例が、どのような反響を生んでゆくのか、楽しみにしています。

タグ

2009年12月04日 ワールドビジネスサテライトで放映されました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース


»
«