Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

セミナー「カラーガラスとマンション改修」@AGC(旭ガラス)

学校・セミナー

AGC(旭ガラス)からのご依頼で、京橋のAGCスタジオ(ショールーム)にて開催中のリノベーション展の一環として、カラーガラスの魅力についてのセミナーを行ってまいりました。

リノベーション展に関連してのセミナーということで、「カラーガラスとマンション改修」というタイトルで、プログラムを組んでみました。

僕らはカラーガラスはガラスの一種だという考えで使っているわけではなく、カラーガラスという名前のインテリア仕上げ素材として、ビニールクロスや塗装仕上げ、突板や大理石と等価に考えていたので、その特徴を高級感-普及品、ツヤあり-ツヤなしという二つの軸でその特徴を整理したのが、上記の資料です。

カラーガラスを使った事例の紹介がメインでしたが、「カラーガラス使いの極意」という思わせぶりなタイトルで、カラーガラスを天井に貼る際の注意点や、上記のスライドのようにカラーガラスと透明ガラスを連続して使用することのメリットなどについてもお話をさせて頂きました。因みに写真左側が南麻布K邸のシャワーコーナーで、右側は横浜伊勢山Y邸の特注スチールサッシです。

マイナーな素材のセミナーなので、聴講者がゼロだったらどうしようかと一人心配しておりましたが、AGC側の広報のお蔭で、30人弱の方が来てくださりました。

こちらはスライドの最後でお見せした、設計者側からメーカー側に対する、カラーガラスに関する要望リストです。どうしても割れることでネガティブに考えられてしまう素材ではありますが、思い切った使い方で、透明感やツヤ感などの魅力を引き出せるのではと思っているので、ちょっと盛沢山な要望を載せてしまいました…。

セミナー終了時には、司会の木原さまから、昨年8月に発売になっている「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」のご紹介も頂きました。

実は今回のリノベーション展は、AGCスタジオが全面的にリノベーションしたことを記念してのイベントでした。色々と面白い展示があって、セミナー前に案内して頂いたのですが、そのときの写真を撮るのを失念してしまいました…。セミナー後に2階に展示されていたカラーガラスやガラス関連の一部の写真があったので、それらを載せておきます。一番右下にある艶消しのカラーガラスの「マテラック」はツヤこそありませんが、不思議な奥行感のある素材で、是非近いうちに使ってみたいと思える建材でした。
AGCスタジオの皆さま、大変お世話になりました。また、お忙しい中聴講に来てくださった方々、どうもありがとうございました。

 

ページトップへ戻る