「開口部」タグの記事一覧

4種類の床仕上げ材@世田谷区Y邸

高層マンションリフォームの世田谷区Y邸では、4種類の床仕上げ材を使うことになっております。それらが順次張られてきているので、ブログでご紹介いたします。

まず一種類目はフローリング材です。これまで良く使っているスカンジナビアン・リビングやIOCのものと似たフローリングに、パッと見た目は見えるかもしれませんが、お客さまが強い想い入れを持って探してくださった特別なフローリングなのです。

この時点ですでに張り上がっていた書斎の床を見て頂くと判るかと思いますが、オーク材ではありますが、色味の濃淡はありながらもほぼ無節で、拭き取りのような仕上げになっていますが、木材の質感が十分に感じられるフローリング材です。

実は、ある高級マンションのショールームでこれと同じフローリング材を見たお客さまが一目惚れで、僕らも一緒に色々なツテを辿ってどのメーカーに依頼して作って貰ったのか、或いは輸入したものなのかを調べて、ようやく見つかったという曰くつきの材料なのです。こちらはベッドの周囲に床暖マットを敷いた主寝室のフローリング張りの状況です。以前、大工の矢野さんに作って貰った、床埋め込みのコンセントボックスも埋められる準備がされていますね。

このマンション特有のリビングのコーナーが丸くなった床部分は、フローリング屋さんが何度もカタを使って形を作りながら、苦労して張り上げてくれました。

次の床仕上げは、厳密にいうと床ではなく、玄関のタタキの仕上げです。以前、お客さまと一緒に岐阜エリアの大理石屋巡りをした際に、見つけたエンペラドール・オスクーロを継ぎ目なく一枚で仕上げて貰った三和土です。

本当は玄関タタキ部分の石仕上げは、毎日職人さんたちや、重たい荷物が通る場所なので、ほぼ全ての工事を終えてから仕上げたい部分だったのですが、玄関の靴収納が入ってしまった後では、この大判サイズの大理石を敷き込むことが物理的にできないので、まだ早めのこの時期に入れて貰いました。目立った傷が無いかを青の斉藤さんとうちの岩井さんがチェックしてくれている様子です。

玄関の扉の枠の欠き込みや、幅木も継ぎ目なしの一本で仕上げて貰ったので、今回大理石をお願いしている鈴木大理石の職人さんたちも、大緊張の仕上げだったそうです。

3つ目の仕上げ材は、洗面所の大判の白いタイルです。60センチ各の大判で、この写真では判りづらいですが、少し焼きムラのようなテクスチャーがある輸入タイルです。

これは全てエコフルガードで養生されてしまった状態ですが、長い洗面所の床全面をこのタイルで張って貰っています。

最後の床材がキッチンの大判セラミックのデクトンです。最近は大判のセラミックをキッチンカウンターに使うケースが増えてきていますが、このデクトンもキッチンや洗面などのカウンターに使える高密度に焼き上げたウルトラ・セラミックストーンだそうです。

大判ではありますが、今回採用したものは厚みが8ミリのものなので、職人さん二人でも容易に持ち運べる重量なのです。キッチンは白をベースにした上品なデザインとなっていますが、その白さが目立つように、このようなダークな床材を使うことになりました。

こちらがデクトンを張る床の状況です。練り物のような接着剤は、二液式のエポキシ樹脂系接着剤を練ったものです。中央に見える透明なアクリルの板は、スペーサーでこれを各所に置くことで、床をフラットに仕上げることができるそうです。

これがそのアクリルのスペーサーの収納です。色々な厚みのものが多数用意されており、床の多少の不陸(均一でなく凹凸がある状態)に対しても、レーザーとこのスペーサーを使って、フラットに仕上げることができるとのことでした。

キッチンキャビネットが置かれる位置を除いて、ほぼ張り上がったキッチン床です。オレンジ色に見える道具は…

このような器具です。これは丁寧に張っても下地の不陸を拾って、段差がが生じてしまいやすい、タイル同志の貼り合わせた個所の段差をなくすための優れた副資材です。白い部材で目地の幅を均一に保ちつつ、オレンジ色のクサビ上のピースを差し込んで締めることで、段差をなくすことができるそうです。

これで4種類の床仕上げ材の紹介は終わりですが、その他の個所の工事も進んできています。

リビングの梁型部分ですが、一度柱型に合わせて作って貰いましたが、お客さまからも指摘で空間のボリュームが最大限に感じられるように、コーナー部分でつぶれてしまっていた個所も空間に含めたいので、作り直してくれとのご依頼で、梁型のカーブ分を作り直してもらいました。カーブした箇所も塗装で仕上げるのですが、特殊な曲がるタイプの見切り材を使ってくれていました。

イタリアから空輸で、納期に間に合うように持ってきてもらった、特殊な建具リマジデオの枠の取付けが終わっていました。枠の取り付け図面をイタリアから送って貰い調べていたのですが、重要な寸法が欠き込まれていなかったり、取付け方の一番重要な箇所が抜けていたりで、詳細が読めない段階でお願いしたものでしたが、責任施工でお願いしたので、何とか苦労しながら取り付けてくれたようです。パッと見ると簡単についているように見えますが、現場の斉藤さんが見ていた様子ではほぼ一日掛りの作業になっていたとのことでした。
保護のためにピンク色のテープが張られていますが、ダークグレーの細い枠に、同じ素材のスリムな框のガラス扉が取りつく予定です。

こちらは主寝室のウォークインクローゼットの内部の様子です。ダークな色に塗装した仕切り板と、間接照明を仕込んだ棚板が無事設置されていました。手前の入り口上部には、やはりイタリアから輸入することになったオムニデコール社の特殊ガラスの建具を吊るための金物が設置されています。

キッチン床に張ったデクトンについては、実はトイレにも違う柄のデクトンを壁仕上げとして全面に張ることになっていました。しかし、こちらが柄の指定をきちんとしていなかったことで、横目で張るべきところを縦目ではってしまうというミスをしてしまいました。お客さまからの指摘で張り直すことになったのですが、ちょうどその柄の日本での在庫が切れてしまったとのことで、お引渡しのタイミング以降に張り直すことになってしまいました…。Yさま、こちらのミスでご迷惑をお掛けすることになってしまい、大変申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

 

タグ

2017年06月26日 | 4種類の床仕上げ材@世田谷区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 世田谷区Y邸

ビスの種類と使い方について 

世田谷区Y邸の現場に、沢山のビスの箱が置かれていたので、ちょっと時間が空いたスキに、現場監督の斉藤さんにそれぞれのビスの種類と、その使い方をレクチャーして貰いました。

箱の前にそれぞれのビスを出して撮影させて貰いました。

一番左の小さな箱に入っていたのは、ステンレス木ねじです。長さが短く、頭の径も小さいもので、ステンレスのサッシのツバと木製枠を固定するために使っているものだそうです。ステンレスなので、錆びにも強く、結露などの恐れがあるサッシ廻りには良く使われるビスだそうです。

こちらは「ランスタッチ」、LGS下地のランナーとスタッドをガッチリ固めるための短いビスだそうです。根本ギリギリまでネジが切ってあって、グイっと寄せ付けて締めるイメージのビスだとのことでした。

こちらはコンパネビスです。いわゆる木ビスと言われるもので、よく見るとねじ頭の部分にまでリブが彫られており、箱書きにある通り、締める対象が木製のボードであれば頭までめり込んでゆくのが特徴だそうです。

こちらは軽天ビスです。軽天とはLGS(軽量鉄骨)製の天井下地のことで、細かいネジが二重に切られており、薄い鉄板製の軽天に対してしっかりと効くように工夫されているそうです。

こちらはコーススレッドと呼ばれるビスです。最も一般的なビスで、木材と木材を固定するために使われるものです。同じ名称でも、長さが太さの種類が多く、作業効率も良いビスだそうです。因みに、スパイラル状のネジが半分までしか切られていませんが、これは半ねじと呼ばれるもので、全てにネジが切られているものが全ねじと呼ばれるものです。パッと見では全ねじの方が効きそうですが、実は力の掛かり方が全く違っており、二枚の木材パネルを固定する場合などは、この半ねじタイプの方が効くそうです。

本日現場に置かれていた最後のビスはスリムビスです。先ほどのコーススレッドに比べると、少し細いのでスリムビスと呼ばれるそうです。コーススレッドより溝の切り方が細かくう、ねじ山も小さいことが特徴で、スリムであることで、締めつけた時に木材が割れないことが特徴だそうです。ただ、欠点としては引っ張り力には弱いそうです。大工さんやLGS屋さん、そしてDIYが得意な方であれば、すぐにわかるであろうそれぞれのビスの特徴ですが、こうやって聞いて初めて納得がゆくことも多く、勉強になりました。
因みに、昔の大工さんは木材同志をくっつけることが多く、打ち込んだ後に錆びることで強く結合してくれる釘を使っていましたが、今はドリルの性能が上がったことや、素材も色々な種類のものがあること、また釘のように打ち損じが少ないため、側面にネジが切られているビスを多用するようになっているそうです。

この日は、建具を造作家具をお願いしている青の下請けの現代製作所が建具枠を取り付けに来てくれる日でした。担当者の藤田さんが各個室の入り口に取り付けた塗装枠を養生してくれていました。

また、ハイブランド輸入家具のインテリアズに依頼している、イタリア・ポロ社のリビングの装飾パネル「LOAD IT(ロードイット)」の取付けの為の現調の日でもありました。

単純にパネルを張るだけでなく、コンセントやAVボードからの配線孔などの取り合いもあるので、現場の斉藤さんがインテリアズの佐々木さんたちに注意事項を説明してくれている様子です。

当日にはお客さまのYさまご夫妻も現場に来てくださったので、キッチンとリビング周りの照明スイッチやコンセント、各種スイッチ類(床暖・ルートロン、インターフォン)の最終位置も確認して頂きました。

書斎壁に設置する壁付け照明の位置も、そろそろ決定して欲しいとの青・斉藤さんからの依頼で、すでに輸入元から現場に入っていた照明器具を箱から出して、壁に当てながら、一番良い位置を考えて頂きました。ただ、机が無い状態で、光の具合も判らないと判断ができないとのことでしたので…、

このようなダミーテーブルを当日中に斉藤さんが組み立ててくれました。照明器具も仮のコンセントに接続して点灯できる状態にして、当日夜にYさまご夫妻が現地に来て、最適な位置を検討してくださるとのことになりました。

 

タグ

2017年06月15日 | ビスの種類と使い方について  はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 世田谷区Y邸

床埋め込みコンセントボックスとカーブ型間接照明の造作@世田谷区Y邸

リノベーションプロジェクトの世田谷区Y邸の既存空間の特徴は、高層マンションならではの大きなガラス開口でした。利大よそ三角形のリビングダイニングの一面が大きなガラス窓になっています。開放感があって良いのですが、どうしてもガラス面には家具を置きにくいので、家具のレイアウトに制限が出てしまいがちな構成でした。

窓がある面にはコンセントも付ける箇所が取れなかったので、今回はこのような床フローリング埋め込むタイプのコンセントボックスを作って貰っています。これらを床に埋め込むことで、窓際に机を持ってきても、そこへのテーブルランプや携帯の充電コーナーを設けるさいにも、電気の線が壁から通路越しに伸びてくることをなくすことができるのです。

施工会社の下で、南麻布K邸でも頑張ってくれた大工の矢野さんが沢山の床埋め込みコンセントボックスを作ってくれています。仕上がりは見えなくなってしまう部分も本当に丁寧に作ってくれているので、現場を見に来てくださったお客さまご夫妻もとても喜んでくださっています。

LDの窓はコーナーが少しカーブしています。その窓際に間接照明を埋め込むデザインとなっていますが、このカーブした木材が…

この写真のように、組み上げられるとカーブの窓型に沿った間接照明ボックスとなります。

青の現場監督の斉藤さんが、実際の窓側に合わせて定規を作ってくれて、それを元に加工場でここまで刻んだ材料を現場で組んでもらっています。

長く大きい大開口の窓際に一本に連なった間接照明ボックスが走っています。

その他の部分も下地の合板が張られて、少しずつ空間の祖形が見えてきました。

現場に寄ってくださったお客さまとは、主寝室のウォークインクローゼットの扉となるガラスを選んで頂きました。少し色がついて色気があるようなガラスを見たいとのことで、お付き合いのあるハナムラアークテック、その他のガラス専門店から集めたファブリックガラスやタペストリー加工やエッチング加工を施したガラスを取り寄せたものを見て頂きました。結果としては、アークテックが扱っているイタリアのオムニ・デコール社のガラスを採用することに決まりました。

タグ

2017年05月26日 | 床埋め込みコンセントボックスとカーブ型間接照明の造作@世田谷区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他

ビフォーアフター写真集@横浜A邸

先日リフォーム会社が施工検査をして、その是正工事があらかた終わったとのことで、お客さまのAさまと不動産会社のNさまと一緒の施主検査にデザインアドバイザーとして立ち会いをして参りました(本来の設計監理業務であれば、設計者検査という役割があるのですが、デザインアドバイス契約の場合は施主検査への立ち会い業務となるのです)。その検査立ち会い後に写真撮影をさせて頂きました。

こちらはリビングから玄関ホール側の扉を見返したアングルでのビフォー&アフター写真です。ほぼ空間の形は変わっていませんが、多様な素材を使ったことで、陰影が生まれて、空間の各コーナーの性格がよりハッキリしてきたと思っております。

こちらが検査立ち会い時の様子です。キッチンの使い勝手を力説しておりましたが、実際は皆さま窓の外の景色を眺めていましたね…。

玄関ホールのトラバーチンは、孔が空いているのが特徴の大理石ですが、孔が大きいとみっともないので、どのサイズであれば埋めて貰うか残してもらうかを判断する基準を青のテープで貼っておいたものを確認して頂きました。

これまでの僕らの経験では、それほど重視してこなかったウォーク・イン・クローゼットですが、今回はダークな壁色にウルトラスエード張りの天板付きのチーク突板アイランド家具、そして間接照明と費用も掛かりましたが、費用対効果も良かったことをご説明いたしました。

ビフォー・アンド・アフターの写真は、まずは共用廊下から玄関を入って最初に見える景色からです。以前のオーナーさまも、鏡を張って玄関ホールを広く見せていましたが、却ってそのことでどのような形の空間かが判らなかくなってしまっていたので、両側の壁の質をキッパリと分けて(片側はトラバーチン張りの壁、もう片側はダイノックシート張りの収納)、その壁が袖のガラス壁の先まで伸びていることを見せながら、ウォールナット張りの両開き扉で迫力ある空間を演出してみました。

玄関の見返しですが、以前は沓脱スペースを、収納を伸ばすことで作ってありましたが、そのことで空間がデコボコになっていたので、収納を削って、玄関先には何かと便利な小物入れとニッチ状態の飾り棚を作っています。木目調の玄関扉と枠もあまりに普通のマンションらしく見えるので、枠にはステンレスの板を取り付けてシャープに見せて、壁にはチークフローリングを張って、ひとつの面としてデザインしています。プライベートの廊下の方までトラバーチン壁が伸びていることで、以前より大分空間が広く感じられるようになりました。

先ほどの玄関ホールからのウォールナットの扉の先のリビングから見返した写真です。広すぎる玄関ホールを縮小することで、両開きの扉位置を後ろに下げて、扉を開けっ放しにしてもリビングの動線を妨げないようにしています。スチールの建具枠、玄関ホール床の磨きタイル、左側の壁のマットなタイル、黒いクォーツストーンの質感、天井の羽目板張り、壁の小口まで張ってあるトラバーチンと多様な素材が絡み合うことで、リッチな空間に生まれ変わったと思っています。

空間のレイアウト上、一番変わったのがこのダイニングキッチンです。以前か壁側にレイアウトされていたキッチンですが、真反対に窓側へと大逆転させています。かつては、ダイニングから各個室に行くためには、キッチンを通り抜けることになっていましたが、このレイアウトになったことで、そのような不便がなくなり、キッチンが独立した機能空間になりました。単純なペニンシュラ型から、U字型になったことで、カウンターの長さは倍以上になり、収納量も格段に増えています。

ダイニングキッチン空間からリビングを見返した様子です。開口部の位置が変ったことで、玄関からキッチンまで大きく回り込む必要が亡くなり、よりショートカットでキッチンへとたどり着けるようになりました。

白っぽくて無機質で性格が無かった主寝室ですが、壁にアクセントクロスをパネル張りして、折り上げ天井に間接照明を設け、ウォークインクローゼットへの入り口を引違のガラス扉に変えたことで、シックで大人っぽい空間に変身させることができした。

ウォーク・インクローゼットは、レイアウトはほとんど変えていませんが、仕上げ材と照明を変えて、アイランド収納を設けただけで、グッとシックになりました。

最後は来客用トイレです。こちらもトイレのレイアウトをほとんど変えていませんが(トイレ背面のライニングはなくしています)、トイレ空間の部屋の幅を少し膨らませて、カウンターを伸ばしたことで、広々とした空間になりました。指先しか洗えなかった手洗うボウルをきちんと手が洗えるものへとサイズアップすることができました。仕上げ材も壁のカラーガラスや床タイル、チーク突板の手洗いカウンターとグレードアップしたことで、2ランクぐらい空間の質が上がったと思っております。

タグ

2017年05月05日 | ビフォーアフター写真集@横浜A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 横浜A邸

リフォーム会社の検査中@横浜A邸

工事が一通り終わって養生もはがされた横浜A邸で、リフォーム会社の検査があるとのことで、そのタイミングで現場を見て参りました。

先日、吊り込み作業が行われた2セットの両開きスチール扉が、凄い迫力の空間に仕上がっていました。

玄関ホールのトラバーチン大理石は、無理をお願いして、目地なし(眠り目地)で張って貰いましたが、リビングからの光を受けて、見事に輝いていました。このトラバーチン壁に穿たれた、横長の窓は…

壁の裏側にあるダイニングキッチン側から見ると、このようなレイアウトになっています。このダイニングキッチンは、二つの扉を閉めることで完全に仕切って、ファミリールーム的に使うことができる空間となっています。キッチンで調理中に誰かが玄関に帰ってきたときに、その様子が覗ける位置にこの小窓がレイアウトされているのです。

腰から下はクロスのパネル張り、窓の下端から上はチークの羽目板張りとしています。この横の目地ラインは、建具の横桟やキッチンのカウンターと連なった高さで設定されています。リフォームキューの工事側検査がすでに始まっており、是正が必要な箇所に緑色の付箋が貼られ始めています。

ダイニングキッチンからダブルの開き戸越しにリビングを見るアングルの写真です。先ほど説明した横目地が、建具を経て、柱型のパネル、そしてキッチンカウンターへと繋がっているのが判るでしょうか…。キッチン内の凹んだ箇所は冷蔵庫置き場となっています。

キッチンカウンター上のタイルとコンセントの取り合いです。タイルにコンセントを埋め込むことは難しいので、その代りスイッチプレートと同じ高さでタイルの目地を通して、このような収まりとしています。タイルは、イタリアのマラッツィ社のグリスフルーリーを使っていますが、この近さで写真を撮っても、本物の石に見える質感を持っています。

玄関ホールは、共用廊下からの玄関内側枠に、スチールプレートを差し込んで、枠なしでシャープに納めて貰っています。チークのフローリングを羽目板代わりに張って面としてのデザインを強調しています。既存靴収納は再利用、扉は基本的にダイノックシート張りとしていますが、一枚だけを姿見代わりに鏡張りに交換しています。

主寝室のウォークイン・クローゼットには、コンフォート社のシャープなアルミフレーム付きのガラス引き戸システムのライキが取りつきました。中央のアイランドカウンターは新しく設けたもので、壁紙をダークグレーで棚板はチーク柄で揃えて貰いましたが、シックで大人っぽい空間に仕上がっていました。

既存洗面家具の箱だけを残して、扉や天板カウンター、ボウルと水栓まで交換した洗面カウンターも生まれ変わっていました。メディスンキャビネットは間接照明をLEDに交換し、その下の壁は大理石モザイクタイル張りとしています。

入り口枠をステンレスにして、扉を強化ガラスに交換した浴室では、ちょうど水栓金物の交換工事が進んでいました。

レイアウト変更をして、大きな手洗いカウンターを設けた来客用トイレ空間にはカラーガラスを背面壁に張っています。パネル張りのクロスやクオーツストーンのカウンターと相まって、きれいな空間に仕上がってきています。

 

タグ

2017年05月01日 | リフォーム会社の検査中@横浜A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 横浜A邸

特注スチールフレーム扉の吊り込み@横浜A邸

先日、扉制作の現場を金物工場に見学に行った、特注スチールフレーム扉の吊り込みが横浜A邸で行われました。

玄関ホールとリビングの間仕切り扉ですが、灰色に塗装して貰ったスチールフレームの中に、ウォールナット板目の突板を腰上は縦に、腰下は横に向きを変えて張って貰った、観音開きの扉です。左右には、ガラスを入れたスチールフレームが袖壁となります。

まず最初に、左右のフレームを固定して…

メインの吊り込みへと移行します。作業は、横浜伊勢山Y邸でもお世話になった、関根社長が陣頭指揮に立って作業してくれています。

左右の扉の開き具合を確認している様子です。今はフロアヒンジで吊っているので、内側にも外側にも開いていますが、後で天井にストッパーを固定して、リビング側にしか開かないように調整して貰う予定です。

今回は、全く同じサイズと基本は同じデザインで、違う突板(灰色に染色したオーク材)を張った後2枚の扉もお願いしております。

こちらは、ダイニングからキッチンへの扉となっています。左奥にウォールナットの扉がチラリと見えていますが、突板の種類を変えただけで、全く印象が変わってくるのが不思議です。

こちらが完成後のスチール扉が4枚並んだインテリアです。シックで落ち着いたイメージの扉2枚が玄関ホールへと繋がり、灰色の比較的明るい扉が、ダイニングへと繋がる扉となっています。

その他の工事も着々と進んでおります。オーダー家具屋さんにお願いした大型キッチンが組み上がり、壁タイルも張られ、柱型にもキッチンと揃ったチークの突板が貼られて、大きなダイニングキッチン空間がほぼ完成していました。

玄関ホールは、壁にチークのフローリングを羽目板として張って貰い、玄関扉と小物置き場はスチール焼き付け塗装の板を小口に廻して、シャープに見せるデザインとしています。

個室もクローゼットと納戸の再レイアウトすることで、かつては実質5畳程度しかなかった洋室を7畳ほどに広げることができました。クローゼット扉と合せて、壁にも同じ突板パネルを張ることで、空間の一体感が演出できていました。

タグ

2017年04月15日 | 特注スチールフレーム扉の吊り込み@横浜A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 横浜A邸