Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

スケルトン床にカラーテープの間取り図

三田S邸

三田S邸の現場は、解体作業が終わり、きれいに清掃されていました。

まだ一部、床の給水給湯管や、天井のダクトが残っていますが、埃一つなくきれいになっていました。床スラブをよく見ると、黄色いテープで模様が描かれているのが分かるでしょうか?

これは施工をお願いしているリフォームキューが翌日のお客さまとの現地打ち合わせのために、墨の線よりも分かりやすい黄色いカラーテープを間取り図的に貼ってくれたものなのです。設備の槻川原(ツキガワラ)さんが立っているところ(正面右でコンクリートの柱横)が、リビングダイニングから主寝室&洗面への廊下の入り口で、弊社担当スタッフの竹田さん(ポニーテールの後ろ姿)が立っているのが主寝室のクローゼットとなっています。

共用部分の竪配管を避けながら描かれているのが、左上の玄関ホールからの廊下やトイレ、収納や洋室のクローゼットなどとなっています。玄関近くの水回りエリアが空間的に細かく分かれているので黄色い線も賑やかに(笑)なっています。

洋室から窓のあるLD側を見ると、右手前にキッチンのラインがあるくらいで、後は大きなリビング&ラウンジ空間となります。この日は、リフォームキューの営業設計の坂本さんと西さん、設備の槻川原さん、現場監督の滝川さんとの定例打合せでした。

リビングの窓には関連する最新の図面が貼られ、中央には打ち合わせ用の簡易テーブルも用意してくれていて、準備万端でした。

そして、その翌日はお客さまとの現地打合せです。ヒールの無い、履きやすい運動靴で仮住まいから現地に来ていただき、まずは解体した新たに分かったこと、そのことが理由で微調整しなければいけない箇所などをご説明させて頂きました。先回のオンライン打合せで浴室のサイズが縮小することのご承認を頂いておりましたが、実はその分キッチンと洋室側に余裕ができたので、その余裕の寸法をどうするかを一緒に考えさせて頂きました。

キッチン部分はやはり奥さまが一番気になさっていたエリアですので、エアコンの冷媒管をどう隠すのか、キッチンカウンターと掃き出し窓の取り合いなどの考え方をご説明して納得して頂きました。

リビングラウンジと主寝室のエリアは、天井裏の隠蔽式エアコンをどこに設置するかを検討させて頂きました。天井高さが低いのラウンジの天井にエアコンのメンテナンス、あるいは交換用の大きな点検口が付くのはお嫌だとのこと、運転時の音の問題はありますが、主寝室の天井裏にエアコン本体を設けることとなりました。こういった打ち合わせの時に設備の知識が豊富な槻川原さんが同席してくれているととても頼りになります。

こちらは既存の壁と床のトラバーチン(イタリアの細かい穴があいた大理石)を再利用する玄関ホールです。

養生シートの下には既存のトラバーチンをきれいに残してもらっていますが、使わない部分の既存トラバーチンをはがしたサンプルを石材屋さんに渡して、似たものを探してもらったのが、出っ張った部分の正方形のものです。細かく見ると、どうしても天然のものなので風合いが違いますが、それでもここまで色味が似ていれば良いだろうとSさまご夫妻からもOKを頂くことができました。

リノベーション前より、1.5倍に広がる(実際にはクローズドのキッチンがオープンになるので、体感的には1.7倍ほどになるのでは…)LDK空間をお二人に想像して頂いた際の様子です。Sさまご夫妻も、とてもきれいで、テープで分かりやすくマーキングしてくれた工夫なども含めて、現場の様子に感心してくださいました。いつも頑張ってくれているリフォームキューの皆さまには感謝あるのみです…。