Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

アムスタイルのオーダーキッチンと東京バススタイルのオーダー浴室

赤坂S邸

最近のマンションリノベーションプロジェクトで、最も多くお願いしているキッチンと浴室の組み合わせが、アムスタイルのオーダーキッチンと東京バススタイルのオーダーメイド浴室です。現在計画進行中の赤坂S邸でも、他社のショールームを多数見学に周りましたが、最終的にお施主さまが選んでくださったのがこちらの組み合わせでした。

R5530904_pt

はじめはお施主さまが一人で、予約もせずにフラりとショールームを訪問して、それでアムスタイルの洗練されたデザインを気に入ってくださいました。その後は、他社も含めて相見積もりでキッチンを進めていましたが、最終的には価格よりもデザインとのことで、アムスタイルで進めることになりました。

DSC_7049_pt

といっても、細かいことまでご自分でチェックしてくださるSさまですので、僕らと一緒の打合せでも5回ほど、お一人でも同じ回数くらいは代官山のショールームに伺って、担当の宮本さんとの打合せを重ねてゆきました。

DSC_7052_pt

現在進行中の原宿K邸や、まだキッチンメーカー未定ながら相見積もりで進んでいる他のプロジェクトなども重なって、週に2~3度ほどこちらのショールームに通わせてもらっています。

R5540712_pt

赤坂S邸でほぼ決まってきた仕上げ材のイメージです。人造大理石のカウンター天板に、2種類の塗装と色とウォールナット突板を合わせた扉デザイン、そこに建築工事で取り付けるカラーガラスを組み合わせるデザインとなりました。

R5537660_pt

同時に東京バススタイルでの打合せも進んできました。Sさまは、僕らのブログを愛読してくださっていたので、僕らにデザインの相談をする前に、ブログで知ったこちらの東京バススタイルに相談に来てくださっていたそうです。

R5537643_pt

ショールームに展示されているジャクソンの高級浴槽には実際に入っていただき、サイズ感や素材の肌触りも確認して頂きました。

DSC_2728_pt

浴槽内部の床材・壁材についても、ショールームにある多数のタイルを選んで、それらの組み合わせを幾度もチェックさせて貰いました。

R5537633_pt

浴室内部だけでなく、隣接する洗面脱衣室の床と壁仕上げとも関連するので、同じシリーズで磨き仕上げとグリップ仕上げ(水でぬれた足でも滑らない仕上げ)があるタイルや、似た質感のタイルを探して、それらのマッチングを確かめてゆきます。折角良いタイルが見つかっても、日本の大理石調タイル事情はほぼイタリアやスペイン、トルコなどからの輸入に頼っているので、在庫状況によっては使えないものもあり、喜んだり悲しんだりの連続の中で、ようやく最終的なタイルにたどり着くことができました。

R0052000_pt-2

ショールームを回りながら、設備や仕上げ材を決める打合せとは別に、ご自宅にお邪魔しての打合せもさせて頂きました。

DSC_3009_pt-2

ご自宅では、リフォーム工事をお願いすることになったリフォームキューの岩波さんと、うちのスタッフ・前田君と三人で伺って、六本木に持ってゆく予定の置き家具や備品類を実測させて頂きました。

R0051601_pt

打合せは戸越にあるリフォームキューの事務所でも行いました。今回は、僕らは設計監理契約ではなく、お施主さま側に立ってのデザインアドバイス契約でプロジェクトを進めています。このケースでは、リフォーム会社のリフォームキューが設計施工一環で請け負っての工事となります。

R5530950_pt

キッチンや浴室で決まってきた素材と、建築工事のフローリングや大理石、カラーガラスやモザイク大理石などを合わせて、採取的な仕上げ材を決定してゆきました。

R5540674_pt

リフォーム会社との工事契約を結んだあとですが、僕らの事務所での打合せ時に僕らとのデザインアドバイス契約も結ばせていただきました。通常は、設計に取り掛かった時点か、ある程度リノベーション計画の目途が立ったところで、設計あるいはアドバイス契約を結ばせて頂くのでしょうが、僕らはお施主さまとの関係次第で、早めに契約を結すばせて頂いた上でハイ・スピードでデザインを進めることや、最終的な工事金額出るまで契約をお待ちしたりと、それぞれのプロジェクトの事情に合わせてフレキシブルに対応することを心掛けています。

R5530917_pt

左側は玄関ホール、右側は来客用トイレのイメージスケッチです。デザインアドバイス契約では、図面はこのような空間イメージスケッチやディテールのスケッチだけで、CADで描く図面はリフォーム会社に起こしてもらい、それらを赤チェックしてゆくスタイルで進みます。もうすぐ見積りもフィックスできそうなので、その後に工事着工することができそうです。

 

ページトップへ戻る