Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

2つのサプライズプレゼンテーション@千代田区O邸

ザ・ライブラリー

ザ・ライブラリーの新築未完成マンションのリノベーションプロジェクトの紹介です。
新築未完成の千代田区O邸の2回目と3回目の打合せでは、ザ・ライブラリーならではのVRCG(ヴァーチャルリアリティ・コンピューターグラフィック)技術を使って、お客さまへのサプライズなプレゼンテーションを行いました。

初回の打ち合わせは新規の無料相談で、O様のご要望を伺ったうえで、ザ・ライブラリーが何ができるかをお示ししただけで、その3週間後の第2回目のプレゼンでお見せしたのがこちらの新築完成時のCGだったのです。まだ未完成のマンションの、お客さまが購入なさったお部屋の内観パースがパソコンのモニター上に立ち上がっていることに、Oさまもとても驚いて喜んでくだいました。
都心の高級新築マンションの購入を検討されたことがある方には分かると思いますが、マンション販売会社(デベロッパー、通称デベ)が作った素晴らしいモデルルームが建設地の近くに作られるのですが、そこに作られたお部屋は、最も大きなお部屋の3LDKを1LDKに間取り変更し、さらに内装だけで1億円近くのオプション変更を加えたピカピカの空間なのです。自分が買おうとしている間取りで、標準仕様に作られたお部屋はどこに行っても見ることができないのです。実はOさまも全く同じ状況で、お部屋を決めて購入した時点では、自分が買ったお部屋の間取りまではわかりますが、それがどのような空間かが全く想像できていなかったそうです。そこで我らザ・ライブラリーが作ったのが上のCGなのです。間取り図の情報と、(今回はご相談時にはマンションは完売でモデルルームは取り壊されていたので)デベから提供してもらった標準仕様の仕上げ材の情報を組み合わせでこのCGを作っという訳です。この前に一度お会いしただけで、無料の相談範疇でこのCGが出来上がっていたことに驚いてくださった訳です。
この日の打合せでは、どのような家具がお好みかを伺うために、ソファとダイニングセットのイメージ写真を用意しておきました。

この打合せの後は、これまでのザ・ライブラリーの実績とCGを見て頂き、有料(55万円(消費税込み))のプラン&CG作成のお申し込みを頂きました。そして3回目のプレゼンテーションのサプライズがこちらです。

ビフォーの新築状態すらできていない段階で、こちらの想定ではありますが、インテリア、仕上げ材、家具や照明までを落とし込んだVRCGを作ってプレゼンしたのです。テレビを設置する予定の壁側は木製の3方枠を回し、その内側には大理石長タイルを張り、3方枠上には得意の金属スパンドレルを張って間接照明で照らしています。2段に折りあげられた天井ラインがすっきりと見えてくるのです。
この先はザ・ライブラリーブログをご覧ください。ほかのCGも多数掲載されております。

南青山で家具&壁素材&床素材探し

三田S邸

設計&インテリアデザインが進んできている三田S邸ですが、内装材を考えるヒントにするためにハイブランドの家具屋さん巡りをすることになりました。

まず最初に見に行ったのは青山のイタリア高級家具のミノッティです。ショールーム2階に大きく展示されているソファのコネリーは、途中までリフォームをお願いしていたリフォーム会社との打ち合わせの頃からのお気に入りとのこと、できればこれはリビングソファとして採用したいとのご意向でした。

ミノッティの場合、同じコネリーでも部品の組み合わせと張地の組み合わせで大きく座り心地も見た目も変わってくるので、まずは張地の候補から一緒に考えさせていただきました。

レイアウトもこのような多様なパーツから(これでもパーツリストの一部なのです…)組み合わせを選べるので、空間として空いているリビングエリアにどのように配置してゆくかを…、

ミノッティ&サルバトーリ&IOC

ショールームにあったコネリーの型紙、この図面のスケールに合わせたものを、ミノッティ担当の鈴森さんに作って貰い。それを使って一緒に検討させて貰いました。

一応、他のミノッティのソファも、改めて見回して座って頂きましたが、このコネリーが良いという考えは変わらなかったそうです。

次に伺ったショールームは、インテリアズでした。こちらではちょっと男っぽいミノッティに比べると、もう少しフェミニンで優しそうな家具を見て頂こうと考えておりましたが、Sさまの奥さまの琴線に触れたのは、こちらサルバトーリの加工大理石素材でした。

サルバトーリは僕らも超お勧めの壁素材で、本日は家具の打合せをメインに行って、その流れの中でチャンスがあればご紹介をと密かに思っておりましたが、それ以前に奥さまから「この素材が面白い!」とのご意見を頂きました。残念ながらインテリズの他の家具にはあまり興味を持っていただくことがありませんでしたが、壁材として採用できそうな素材を2種類選ぶことができました。

この日最後に回ったのがIOCのフローリングショールームでした。濃い目の木材でヘリンボーンとストレート、両方を同じ素材を使い分けられるものをと、事前にショールームに連絡して床に敷いておいてもらいました。

現在IOCで扱っている通常品でのヘリンボーンはこれらの製品とのことでした。IOCは樹種の変更は特別対応でできるそうですが、Sさまがお望みのもっと太くて力強いヘリンボーンは難しいとのことでした。
現在IOCで扱っている通常品でのヘリンボーンはこれらの製品とのことでした。IOCは樹種の変更は特別対応でできるそうですが、Sさまがお望みのもっと太くて力強いヘリンボーンは難しいとのことでした。
その他もいくつかのハイブランド家具ショールームを見学しましたが、Sさまご夫妻の琴線に触れるものは残念ながら、見つかりませんでした。

石膏ボードからタイル張りへ

ザ・ライブラリー

ザ・ライブラリープロジェクトの紹介ブログです。
先日まで壁下地のLGSしかなかった恵比寿A邸の現場ですが、石膏ボードが張られて空間の骨格が見えてきました。

右側のテレビ壁の大理石に呼応するように、左側の壁の腰下部分には(養生でほとんど見えませんが…)大理石調のタイルが張られています。また、天井段差部分にはしっかりと隠蔽型のエアコンが埋め込まれているのが判りますね。

玄関からストレートに続く廊下からLDKへの入り口廻りの石膏ボード張り壁の様子です。この右手に黒のオープンキッチンが張ってくる予定です。

こちらは窓際の様子です。正面壁の腰下には大理石調タイルが張られているのが判りますね。左手側の窓下の立上りにも床と同じ大理石調タイルを貼る予定です。

こちらが下がり天井に設けた隠蔽式エアコンです。向かって左側が吹き出し口で、右側が吸い込み口となっており、下がり天井下にメンテナンス用の点検口が付きます。
主寝室に世界最高峰サッシ・NODEAのアルミフレームのガラス扉のレールが付き始めていますが、この先はザ・ライブラリーブログをご覧ください。