Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

解体工事中に確認すべき事柄について

新宿区T邸

お客さまのTさまご夫妻、施工会社・の片岡社長と現場担当の樋口さん、カガミ建築計画の設計担当の岸本さんと前田君、そして僕、各務が揃っての工事契約を済ませた新宿T邸、いよいよ解体工事から茶工となります。

まずは恒例(?)の記念撮影から。そしてわざわざ契約のために仮住まいから、来てくださっていたお客さまが帰られた後は…、

リノベーション工事後のビフォーアフターのための写真を撮影しておきます。

そして、ここからはそのちょうど2か月後の様子です。解体に際しては、まず最初に電気屋さんが来てエアコンや照明機器、インターフォンやコンセントなどの電気設備類を外していきます。電気屋のムラデンの担当は久しぶりに井上さんです。この部屋のこのアングルの写真だけを見ると、解体工事はあまり進んでいないように見えますが…、

同じ部屋の90度回転したアングルの写真ではここまで解体が迫っており…、

壁裏のプライベートルーム周辺はここまで解体が進んでいるのです!

天井裏に隠されていたダクト類も全てあらわになっています。

この写真でちょうど解体しているエリアが元の浴室や洗面所のエリアです。

ほぼ同じアングルのからの1時間後の様子です。天井裏の設備以外は、床も壁もLGS下地もほぼ解体されています。このエリアだけ先行して解体してもらったのには、実は訳があるのです。

オーダーユニットバスをお願いしてるヴェルデの立花さんの現地調査がこの日だったのです。

青の樋口さんが纏めてくれた大判の施工図とヴェルデのユニットバス図を比べながら…、

細かい寸法を実測しながら、床レベルの設定や排水ルートの確認、壁位置を確定していきます。

この作業のうち、一番面倒なのが排水勾配から床レベルを導き出すところです。立花さんだけでなく、ベテランのオーダーユニットパンの製作会社の方も応援に来て、洗面所の床とほぼフラットにできることを確認してくれました。

その後は、樋口さんと補助の池田さん、弊社設計担当の岸本さんと前田君と、現場定例打ち合わせに移っていきます。

工務店の青でも、会社設立の時から参画していた樋口さんは、とにかく事前に問題点を把握してタイミングよく質問してくれるので、前田君との相性も良く、岸本さんもとても勉強になっているようです。

皆が定例打合せをしている間に、気になった個所を僕、各務が撮影して回ります。この東京駅の路線図のような景色(笑)は、床下の給排水+電気の配管です。青が給水管、赤が給湯管、緑が床暖房やお風呂の自動給湯用ペアチューブ管、オレンジが電気配線用CD管で、太い灰色の管が排水管です。

写真左側の壁の裏、バルコニーに2台の給湯器がありますが、太い給水管が2本、赤と緑とオレンジ色の管が集まっているのが分かりますね。

部屋の中央に一つ残された小さな電話ブースのようなものは…、

以前の奥の部屋にあったシャワーブースです。新しく作り直すと、数百万円するシロモノなので、当初の設計では何とか残して再利用をと考えていましたが、このエリアにキッチンが来ることになったので、泣く泣く撤去することになっています。

解体時に確認しておくべきことの一つが、天井裏に隠されていた梁の貫通孔のサイズと位置です。この梁は奥に来るのがユーティリティーで天井高さもある程度下げる想定なので、それほど重要ではありませんが…、

このシャワーブースの上の梁はとても重要なのです。この梁の奥に新しいキッチンが来るので、レンジフードからの給排気をどのルートで通すのかを検討するうえで、最重要資料となるのです。今回はマンションの新築時の竣工図に梁のスリーブ(梁に事前に空けられた穴)の記載がありましたが、早い時点であまり信頼できないことが分かっていたので、特に重要なのです。結論から先に言うと、一番望ましい位置に大きなスリーブが空いていたので、レンジフードの給排気を天井を下げることなくうまく回すことができそうです。一応、スリーブが不足していた場合には、キッチンとダイニングの天井を一部下げてダクトを通すルートも想定していましたが、その必要がなくなりました。

リビングの壁掛けテレビの高さと変形収納について

元麻布J邸

デザインアドバイスで進めている元麻布J邸の壁下地が立ち上がってきた工事現場の様子を見に行って参りました。

先回は解体直後で床下に隠れる配管類の設置段階でしたが、今回は床下地が完成し、壁下地や天井のボードも張られてきている段階で、かなり具体的に空間の様相が見える状態となってきました。

ベランダ側の掃き出し窓サッシ回りもかなり整理ができてきました。もともとはエアコンの冷媒管を通すPS(パイプスペース)として、かなり余裕の寸法でしたが、冷媒管を壁に寄せることで、窓回りをすっきりとさせることができました。

既存の梁型と冷媒管に対して、どのようにカーテンボックスや壁を立てるかを写真に赤線を書き込んで検討した際の資料です。

リビングのコーナーにもエアコンの冷媒管が何本か通っていますが、ここは造作家具を作って被せることでPSを隠すデザインを検討中です。

右側の壁にハイテグラ17と書かれていますね。ハイテグラは左官会社のフッコーのオリジナル建材で、素焼きのタイルの上から、目地材でもある左官を塗り上げる特殊な仕上げで、その厚みが17ミリという意味です。この壁に壁掛けテレビを設置する予定となっています。正面壁の奥に子供部屋、そこから通り抜け型のクローゼットを抜けて、主寝室までが一直線に繋がります。右上の梁型の端部が木で仕上がっていますが、その溝にライン状のLED間接照明を入れる予定です。

こちらは、リビングダイニングからプライベート空間へと繋がる洗面廊下の空間です。この個所は天井裏に梁型があるので、天井を落としています。

LDKから洗面廊下に入ってすぐ左側手前部分に銀色の設備竪管が見えます。その左側が洗面廊下への引き込み扉のポケット収納です。配管類はこの場所に設置する造作家具で隠すこととなります。

プライベート側から見返した洗面廊下です。この写真だと天井の低さが気になりますが、天井高さ2100ミリで天井一杯までミラーキャビネットが入るので、狭く感じない予定です。

プライベート空間の奥には、タカラスタンダード社のユニットバスがすでに設置されていました。

こちらは一番奥の主寝室でです。正面に2つの白い枠が見えますが、右側がミニウォークインクローゼット、左側が先ほどの子ども部屋を通ってリビングまで繋がる通り抜け型のクローゼットとなります。

そうこうしているうちに、お客さまのJさまご夫妻が現場に来てくださいました。

ハイテグラの壁と横の造作収納について、弊社のデザイン担当の松藤さんがJさまご夫妻に説明をしてくれています。

テレビ壁の右側には端部を斜めにカットした変形収納が設置されます。一旦は予算のことでキャンセルになりましたが、DVDプレヤーなどを入れる収納が欲しいとのことで復活しました。

壁掛けテレビのサイズやDVDレコーダーの寸法を落とし込んだ平面図がこちらです。

僕ら設計側が書いたデザイン画を造作家具のアルノが施工図化してくれたものがこちらです。

テレビの設置高さを見て頂きたかったので、リフォームキューの坂本さんと大久保さんと滝川さんにリ僕らが設定した高さで壁掛けテレビのシルエットを黄色いテープで貼ってもらいました。

ソファの位置、ダイニング位置と色々な位置になっていただきテレビの高さを確認していただきました。

Jさまご夫妻が帰られた後は、照明スイッチやインターフォンなどの弱電関係の設備打ち合わせをさせて貰いました。

新築マンションリノベの恵比寿A邸 ビフォーアフター

ザ・ライブラリー

リノベーションブランドのザ・ライブラリーの告知ブログです。
新築マンションをご購入なさって、洗面と浴室を除いた全てをスケルトンからリノベーションした恵比寿A邸のビフォーアフターです。

ほぼ同じ角度から見たビフォー(上)とアフター(下)の写真比較なのですが、あまりに空間が違いすぎていて、何が起こったのかが分かりませんね…。

リノベーションのビフォーアフターの平面図で見た、赤い三角のAから見た写真での比較です。薄い紫色のエリアがリビングダイニングキッチンで、赤がキッチンです。
次の写真が青字Bから見比べたビフォーアフターです。

元々は3LDKだったお部屋を1LDK+WICという構成に作り替えているので、LDKが大きくなっています。大きくなっただけでなく、景色の良い向きの窓を全て取り込んだLDKなので、とにかく明るく開放的な空間となっています。
リノベーション前のリビングダイニングが小型のダイニングテーブルとソファしか置けないレイアウトだったのに対して、リノベーション後は1350φの丸形ダイニングテーブルと、大きなレザー張りのソファを入れても余裕の部屋になっていることもリノベーションの大きな成果だと思っています。

こちらが緑色のCから見たビフォーアフターです。アフターの右手前に大理石の壁を作って、窓側にテレビを壁掛けで設置できるようにしたことで、壁側にゆったりとしたソファをレイアウトすることができました。
その他、寝室や玄関などのビフォーアフターの比較写真と記事については以下のブログをご覧ください。