「リフォームデザインアドバイス」のアーカイブ

デザインアドバイスプロジェクト 新宿U邸

弊事務所オリジナルのデザインサービスの「デザインアドバイス契約」にてプロジェクトを進めてきた新宿U邸リフォームが、この度完成いたしました。

この「デザインアドバイス契約」は3年ほど前から実験的に始めたものです。本来のデザインサービスである「設計監理契約」は新築の住宅をゼロから設計して、工事の監理まで行うイメージに近く、スケジュール的には最低でも8か月、長くなると1年以上の期間が掛ってしまいます。一般の設計施工(設計と工事を一緒の会社で進める)のリフォーム会社(大手のリフォーム会社、町場の工務店やリフォーム屋さん)では、4~6か月程度で工事完了まで進めてしまうのに対して、僕らがお手伝いするスタイルではあまりに期間が長すぎることで、考え出したサービスです。

ホームページにもデザインアドバイスの情報を片隅に掲載しておりますが、それをご覧になった今回のお客さまのUさまがメールで問い合わせをしてくださったことで始まったプロジェクトです。メールで、デザインアドバイスについてのお問い合わせに対して、以下のような返答をさせて頂いた上で、ご納得の上で初回打ち合わせが始まりました。

「ご購入なさったマンションのリフォームに対してのご質問ありがとうございます。今回は全面リフォームではなく、キッチンや収納の設置、壁紙の張り替え等の部分リフォームを検討なさっているとのこと、僕らがお手伝いするとすれば、「デザインリフォームアドバイス」の形が最も適していると思われます。

アドバイスの費用についてですが、工事の内容と複雑度によって多少変わって参りますが、リフォーム工事総額が1000万円以内であれば、打合せ3回(うち2回は現地打合せ)で、45万円(+消費税)程度をお願いしております。リフォーム総額が1000万円~1500万円程度の工事となると、複雑度も増してきますので、打ち合わせ回数5回で75万円(+消費税)をお願いすることになります。キッチンなどのショールームへご同行することになると、打合せの回数に対して15万円ずつプラスする計算になります。

ただし、このスタイルでのリフォームには幾つかの条件があります。一つは、工事をお願いするリフォーム会社の候補は、こちらで幾つかを挙げさせて頂きます。全く知らないリフォーム会社では、このスタイルでのアドバイスは難しいのです。

リフォームアドバイスがどの程度お役にたつか、非常に判りにくいと思いますが、まずはこちらの事務所に来て頂いての無料相談で色々とご確認頂ければと思っております

打合せの様子は撮影しておりませんが、初回の無料相談でのお打ち合わせは白金台のこちらの事務所に来て頂いてのお打ち合わせでした。その際には、事前にメール間取り図を送って頂いた上で、こちらでどのようなことができそうかを事前に考えたうえで打ち合わせをさせて頂きました。この無料相談後に改めて正式にデザインアドバイスを相談したいとのご連絡を頂いたので、現地をお客さまと一緒に訪問させて頂きました。

マンションは新宿区にある築10年ちょっとで、105平米ほどの広さのお部屋でした。キッチンはきれいに使われていましたが、小さなお子さまがいらっしゃるUさまご夫妻には、このクローズド型のキッチンは受け入れられないとのことで、オープンキッチンに変更することになりました。

基本は2LDKでしたが、リビングの奥にこのような可動間仕切りで小部屋を作ることができる間取りとなっていましたが、このような部屋では、結局使い勝手が悪いので、これについては、収納スペースとして納戸を作って、その他のスペースはリビングを広くするために使うようにすべきではと、こちらの考えをお伝えいたしました。

お客さまへのメールでも書きましたが、こちらからご推薦したリフォーム会社2社からお客さまが選んでくださったリフォームキューの岩波さんに現地に同行して貰って打ち合わせをしております。ダイニングスペースをどのくらい広く取ればよいかをご相談中の様子です。

お客さまご夫妻も共働きで打ち合わせ時間の制限があること、そしてこちらも1回のお打ち合わせで15万円の費用をご請求することとなっているので、なるべく一回の打ち合せや現地調査でできることを済ませておきたいので、このように洗面所内のPSスペースを覗き込んで、どこまで洗面カウンターや収納を広く取ることができるかも調べさせて頂きました。


以上の現調と打ち合わせを受けて、こちらで作成した簡易リフォーム案です。何が簡易かというと、①基本となる図面をCADで起こさずに、マンション管理事務所から提供して貰ったPDF図面をベースに作っていること、②ある程度の寸法を書いていますが、実際にはまだ実測もしていないし、PDF図面から算出したものなので、大枠としての寸法目安でしかないこと、等です。
この図面では、オープンキッチンにする案を3つ提案しているので、それをベースにこちらが紹介したオーダーキッチン会社との打合せも進めて貰いました。

お客さまが選ばれた代官山のクッチーナと3度ほど打ち合わせをして、最終決定をしたいので、ショールームでの打合せに同席して欲しいとのご依頼がありました。事前にクッチーナが作ったキッチンプランを拝見しておいて、当日は気になる個所を一つずつ確認させて頂きました。

仕上げ材については、部屋全体のインテリア素材とのマッチングがありますし、細かい使い勝手や収納方法についても、僕らがいつも気にしているポイントもあるので、それらを3時間ほど掛けてチェックしてゆきました。

キッチンプランの確定を受けての3回目のお打ち合わせでは、現地で寸法の最終確認と仕上げ材のイメージを確定してゆきました。リフォームキューからは、それぞれの項目をリフォームした場合の見積りも出してもらっていたので、それらの最終的な取捨選択もご一緒に考えさせて頂きました。

こちらが、これまでの打ち合せを受けてご提案した仕上げ材のサンプル類です。

ダイニングに設ける収納・書斎・飾り棚の3つの機能を持たせた造作家具については、簡単なイメージスケッチも起こしております。
ここまで無料相談、初回現地打合せ、キッチンショールーム打合せ、第二回目の現地での素材打合せで、何をすべきかを決めることができたので、お客さまとリフォームキューの間で工事契約を結んで貰いました。

ここで一気に工事が進んだところへと飛びますが、お引渡し2週間前の造作家具の組立て段階の工事現場です。基本的には工事の現場チェックは行わないお約束となっていましたが、造作家具の組立ては、リフォーム&リノベーション工事で最も好きでワクワクする工程なので、お客さまにもこれは費用が発生しない、こちらの勝手な現場見学だとお伝えしたうえで行って参りました。

かつて可動間仕切りがあった個所には、造作の本棚と、仕上げを揃えた壁パネルが取り付けられていました。キッチンもオープンになると共に、下がり天井のラインや照明の位置もきちんと再調整されていることを確認しました。インターンとして事務所に来てもらっていた神崎さんや間瀬さんの現場勉強として見て貰いました。

単独でダブルシンクがあった洗面所は、キッチン側から通り抜けられる動線を設け、シングルボウルのリネン収納と付きの洗面カウンターに変更しています。また、洗濯機収納も上手く隠れるような工夫をしています。

そして、完了検査の立ち会いです。実はこの検査立ち会いもボランティアでの参加です。竣工写真を撮影させて頂くのと、それをこのブログの記事に書かせて頂くことと引き換え(?)として、お手伝いさせて頂きました。

オープンキッチンとダイニングの造作家具もきれいに繋がったデザインになっており、お客さまもとても喜んでくださっていました。僕は第三者的な立ち会いのツモリで検査に臨みましたが、結局職業病か、全ての項目を細かくチェックしてしまいました…。

洗面所はこのような形で仕上がりました。PSのスペースを縮小して、その分カウンターを伸ばして、PSの柱型の向こうにもリネン収納や引出を設けています。メディスン・キャビネットの鏡に映り込んだところに洗濯機が隠されることになります。

ここまで何も紹介していなかったトイレですが、背面壁にキッチンパネルを張ってもらい、手前左面には小型のトイレットペーパー収納を壁埋め込みで作って貰いました。

ただの壁でしかなかった玄関横には、使わないことになった扉材を転用した奥行き60センチあるコート掛けとその横に座って靴を履いたり、自宅に帰って来た時にカバンや買い物かごを仮置きできるベンチを作って貰いました(ベンチの素材は扉材に色を似せて作って貰っています)。この裏にあった奥行きの大きいWICの寸法を使った玄関の設えで、とても使いやすくなったとお客さまに喜んで貰えました。

ダイニングからキッチンへの繋がりです。キッチンのサイドパネルに無理を言って付けて貰った照明スイッチ屋、ギリギリの寸法で埋め込んでもらったキッチン部分の天井カセット式エアコン、奥行きが浅そうに見えるキッチン対面側の造作収納の工夫など、リフォームキューの岩波さんたちにも、相当頑張って貰いました。
お客さまの費用負担やスケジュールの短縮を目指してトライしているデザインアドバイスのチャレンジですが、今回は僕らも満足できるクオリティーの高い仕上がりになりました。こちら設計事務所側の費用としては45万円+消費税をお願いいたしましたが、お客さまからは「45万円以上の価値があるアイディアを頂いたと思います」と、も喜んで頂ける内容となりました。

タグ

2017年04月10日 | デザインアドバイスプロジェクト 新宿U邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: リフォームデザインアドバイス 新宿U邸

雑誌「都心に住む」 表紙掲載&2号連続掲載

これまで幾度かお手伝いしたマンションリフォーム事例を掲載して貰ってきた雑誌「都心に住む」(リクルート社)ですが、今回初めて表紙に事例写真を掲載して貰いました!昨年6月に完成していた目白Y邸です。

R0051400_pt

それも、都心に住むでは珍しい「新築か中古リノベか」というリフォーム&リノベーションの特集号です。雑誌の広告が新築分譲マンション主体なので、営業的には新築マンションの方が優れていると書きたいところでしょうが、中古マンション購入&リノベーションという流れが大きくなってきているので、無視できなくなっているのではないでしょうか…。

R0051401_pt

取材時の様子もブログで紹介しておりますが、編集部の江原さんもライターの長谷井さんもカメラマンの相馬さんも揃って、「気持ちいい!」と褒めてくださった空間でした。築浅で購入した中古マンションをあまり手を入れずにリノベーションした事例の代表として紹介されています。

R0051402_pt

こちらはご紹介が遅くなりましたが、先月号の都心に住むです。表紙の左側に小さく「閑静な街に暮らす 欲しかったのは低層マンション」というミニ特集で、代官山T邸が紹介されました。これで2号連続での掲載です。

R0051404_pt

都心に住むで2度も取材して頂いていますが、第一回目の取材時第二回目の様子です。巻頭特集ではないので、後ろの方のページで、自分で探しても簡単には見つからない目立たない記事ですが、どうぞ本屋さんで手に取ってお探しください。

 

 

No tags for this post.

2015年04月13日 | 雑誌「都心に住む」 表紙掲載&2号連続掲載 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム リフォームデザインアドバイス 代官山T邸 目白Y邸

雑誌「都心に住む」の取材・撮影-2@目白Y邸

2週連続しての雑誌「都心に住む」の取材撮影です。今回伺ったのは昨年の6月頃にリフォームのお手伝いをした目白Y邸で、特集の内容は「新築かリノベ中古か(仮)」というテーマです。

DSC_0780_pt

高級マンションを見慣れている「都心に住む」の取材陣もお部屋に入った瞬間に「気持ちいい!」と言ってくれた空間です。テラス付きの明るいタイル張りの空間に、ヴィンテージ感のあるスカンジナビアンな家具が本当にマッチしていますね。

R0049621

Yさまご一家は、元々賃貸で住んでいらした築浅(ご購入&リフォーム時で築8年)マンションの違う部屋を中古としてご購入して、CP(コストパーフォーマンス)を見ながら必要箇所だけを上手にリフォームなさりました。今回は中古&リノベの事例として取り上げて貰うことになります。

R0049624

都心に住む編集部の江原さんが見守る中、カメラマンの相馬さんが撮影してくれている様子です。

DSC_0789_pt

こちらがちょうど同じアングルで、僕各務が撮影した写真です。あまりに明るいので、露出が不自然な写真になってしまいました…。プロのカメラマンが撮影すると、どのように映っているのか興味深々です。

DSC_0755_pt

他にも寝室やキッチンなども撮影させて頂きました。

R0049629

取材撮影が終わった後の記念撮影です。前列がY家の皆さま、後列左から、ライターの長谷井さん、カメラマンの相馬さん、都心に住む編集部の江原さんに僕、各務です。
折角のお休みの日なのに、取材&撮影にご協力くださったY家の皆さま、本当にどうもありがとうございました!

 

タグ

2015年02月22日 | 雑誌「都心に住む」の取材・撮影-2@目白Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム リフォームデザインアドバイス 目白Y邸

目白の高級マンションリフォームY邸完成

目白の高級マンションのリフォームをお手伝い致しました。

140624mejiroY-02

実はこちらのお施主さまのYさまは、以前目白エリアの他の中古マンションをご購入してリフォームする計画があった際に、物件購入のアドバイスやリフォームプランの作成をお手伝いさせて頂いたお客さまでした。色々な事情で、今回別のマンションを購入することになったとのことで、こちらでもリフォームのご相談を頂きました。

140624mejiroY-14

こちらがリフォーム前のリビングです。以前の持ち主の方がテレビを中心とした生活をするために、大きなテレビボードを壁に組み込んでありました。Yさまは北欧テイストの家具を集めていらっしゃるとのことで、このテレビボードはデザイン的にもライフスタイル的にも合わないので撤去したいとのご希望でした。まだ、築8年と新しいマンションなので、他には大きく手を加える必要はないとのことでしたが、お好きなインテリアテイストや、二人のお子さまたちの部屋や子供部屋の考え方、また細かい点で気になる箇所をどのようにリフォームすべきか等のご相談に乗ることになりました。

140624mejiroY-13

他にも、仕上げ材については床以外はほぼ全面交換、水廻りの設備も交換すべきかクリーニングで済ますべきかなど、迷っていらっしゃる項目が沢山あったので、とにかくそれらの要望を一つの図面に纏めて、見積りができるようにしてゆきました。
当初リフォーム工事は不動産屋さんが紹介してくれた大手のS社で行う予定でしたので、この図面を渡して見積りを依頼致しました。ただ、営業マンの反応が悪く工期 も二度も順延になったりで不信感が強くなってしまったので、こちらからお付き合いのあるリフォーム会社のリフォームキューさんをご紹介したところ、大きく工事費を減額することもできたと感謝して頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

一度見積りの前に仕上げ材を決定するために、こちらの事務所に来て頂き、沢山のサンプルの中からデザインとコストパフォーマンスを重視して、床のカーペット、壁紙を選んで頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

通常のマンションリフォームの設計&監理とは違い、デザインアドバイスというスタイルで設計料をコストダウンしています。コストダウンした分、工事最中の現場を見に行く契約ではありませんでしたが、内容に細かい指示が多かったので、抜けやミスがないかを確認するために、スタッフの前田君に現場を見に行ってもらいました。

140624mejiroY-01

こちらがリフォームが完成して、家具が入って暮らし始めた情景です。写真で見ると、それほど大きな違いが無いように感じられるかもしれませんが、古びたり黄ばんだりした箇所が全て修繕されており、きれいでさっぱりとした快適な空間に生まれ変わっていました。

140624mejiroY-04

玄関ホールは、高級な大理石張りの床なのに、巾木が木で作られていたものを床と同じ柄の大理石に変え、正面の壁にはテクスチャーのある特殊な壁紙を張ることをアドバイス致しました。

140624mejiroY-03

当初は特殊なテレビボードがあった壁は、収納を撤去してから、デザインの大枠を決めた上で、造作家具が作れるタイム&スタイル社をご紹介して作って貰った造作本棚&飾り棚です。

140624mejiroY-05

素敵な主寝室は、当初は天井シーリングライトの照明となっていたものを調光のダウンライトに変え、壁紙やカーペットも質が良くてCPが良い製品をご紹介させて頂きました。

140624mejiroY-06

お二人の子供部屋です。当初はリビングを削って、もう一つ部屋を増やすことも検討なさっていました。お子様の年齢を考えて個室が必要になるのはまだ先なので、そこまで今の段階で費用を掛けることはないのではとアドバイスして、二段ベッドにあった照明計画に手直しすることになりした(従来は折り上げ中央部にシーリングライトでしたが、二段ベッドの上段の子供と干渉するので、位置をずらしてライティングダクトを採用しました)。

140624mejiroY-07

仕様自体は問題なかった浴室ですが、アクリル製の浴槽が黄ばんで不潔に見えたので、浴槽を白くコーティングすることをお勧めいたしました。また、水栓金物は交換し、透明ガラス張りだった浴室扉には曇りガラスシールを張ることとアドバイスしました。

140624mejiroY-08

洗面も細かく手を入れて手直ししましたが、もしかしたら一番奥さまに感謝して頂いたは、この洗濯機コーナーかもしれません。以前はビルトイン型の容量が小さい洗濯乾燥機とその上の奥行きのある収納でしたが、お子さまたちが遊び盛りなことから、日本製の大型洗濯機に交換して、上部にはオープンな棚とハンガーを引っ掛けられるバーを設けています。

140624mejiroY-11

まだ家具のレイアウトがしっくりとしていないという事だったので、テレビの位置を移動し、それに合わせてソファーのレイアウトを変更し、ダイニングの位置をずらすアドバイスをさせて頂きました。

140624mejiroY-10

リフォーム工事は、現場を纏めて貰ったリフォームキューの岩波さん、こちら側のまとめをして貰ったうちのスタッフの前田君と完成の様子を見学に伺わせて頂きました。築浅のマンションリフォームでは、どこを残して、どこをリフォームするかの判断が最も難しい課題です。目白Y邸では、引っ越しの日程がほぼ決まっているスピード感の中で、お施主さまの意見を細かく伺い、コストパーフォーマンスに留意しながら今すぐやるべきリフォーム項目を纏めるお手伝いをさせて頂いたことを大きく評価して頂きました。
冷たいお茶と美味しいマカロンをご馳走になりながら、ここまでのリフォームの楽しかった話しに華を咲かせ、楽しい時間を過ごさせて頂きました!

 

タグ

2014年06月15日 | 目白の高級マンションリフォームY邸完成 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: リフォームデザインアドバイス 目白Y邸