Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

デ・マージョのシャンデリア組立て@白金高輪N邸

白金N邸

2年ほど前にリノベーション工事が完成していた白金N邸に、追加注文で発注していたイタリアのデ・マージョ社のシャンデリアが届いたとの連絡があったので、取付け&吊り込み工事の見学に伺って参りました。

DSC_9473_pt

まずは最初に、無事取付けが終わったモダンデザインの涼やかなシャンデリアの様子です。

DSC_2607

到着した部品は、全てこのようにバラバラの状態で箱詰めされて届きます。まずは部品の欠品がないかを確認の上、取付けをお願いしているリフォームキューの社員と電気屋の望月さんで組み立て始めます。

DSC_2612

一つ一つの部品は、イタリアのムラノガラスでできた、とてもデリケートな作りになっていますので、発泡スチロールの板の上に保管してゆきます。

R0051722

出来上がってきた部品を、電気結線しながら組み立ててゆくのは電気屋さんの仕事です。因みに、箱を開けてからここまでの作業で4人掛かりで2時間近くかかりました…。

DSC_2610

天井からの配線にシャンデリアの線を結ぶ様子です。元々ダイニングの天井には、後日シャンデリアを設置できるように、電気の配線取り出し口を用意してあり、重量的にも20キロ相当の重さに耐えるように補強して貰っていました。

DSC_9459_pt

無事取付けが終わったシャンデリアとダイニングの組み合わせ写真です。サイズ、色味、明るさ共にきれいに収まっています。

DSC_9469_pt

ダイニングに座って見上げた様子です。天井の丸い折り上げ形状と、メダリオンやレーリングともピッタリ合っています。

R0048637

こちらはシャンデリアのタイプとサイズを決めるために行った、昨年の打ち合わせ時の様子です。実物大に拡大コピーしたシャンデリアの平面イメージを紙に貼って、実際にその場に置いてサイズ感を確かめたうえで発注しているので、サイズに間違いがないのです。

R0048638

スタッフの竹田さんと一緒にお施主さまご夫妻と打ち合わせをしていた時の様子です。

R0048627

最後のこちらの写真は、スタッフも前田君が実物大コピーを張った紙を切っていた時の様子です。結構面倒な作業ですが、この確認作業のお蔭で間違いが発生しないので、これからもこのようなチャンスがあれば、スタッフ一同で頑張ります!

 

 

ページトップへ戻る