Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

水まわりアクセサリーのショールーム巡り カワジュン・コーラー・セラ

成城Z邸

細部にもこだわりをお持ちの成城Z邸のお施主さまと一緒に、水回り器具と水回り金物(アクセサリー)のショールーム巡りを致しました。

R0055174_pt

最初に伺ったのは、事務所の定番でもある乃木坂のセラでした。浴室のシャワーや洗面所の手洗い器具を中心に見て回りました。

R0055187_pt

設計施工でお願いしているリフォームキューの森井さんも同席して貰い、どの箇所のどの設備と器具を決めたいのかを説明して貰いながら、ショールームを見学して回りました(因みにこちらのプロジェクトでは僕らはデザインアドバイスの契約となっています)。

DSC_7787_pt

写真のようなペデストールタイプのシンクや、ちょっとクラシカルでエレガントな雰囲気のある水栓ではZさまが気に入るものが見つかりましたが…

R0055179_pt

トイレットペーパーホールダー(紙巻器)やタオル掛けなどの水回りアクセサリー類には良いものが見つかりませんでした。

R0055286_pt

次に伺ったのが、こちら箱崎町にあるカワジュンのショールームです(箱崎町の東京シティーエアターミナルの建物の中です)。

DSC_7853_pt

こちらには初めて伺いましたが、大きなスペースに多種多様な金物類が展示されていました。アクセサリー類としては、紙巻器やタオルリング、タオル掛けやフック類に拡大鏡まで、さらには手すりや扉のレバーハンドル、取っ手類などがありました。

R0055275_pt

紙巻器やタオルバーは良いものが見つかり、さらに扉のレバーハンドルでも、こちらのデザインのものを気に行ったとのことで、採用することに決まりました。

DSC_7852_pt

ショールーム入り口入った所には、同じデザインの取っ手に違ったメッキを施したレバーハンドルが多数展示されているのが、何よりの圧巻でした。ニューヨークでリノベーションの修業をしていた事務所では、メッキの違いを色々と教えて貰いましたが、こんなに多様なメッキがあることはついぞ知りませんでした…。

DSC_7810_pt

最後に伺ったのが、こちらコーラーのショールームです。場所が高輪と、僕らの事務所からも近いのですが、こちらにも伺ったのは初めてでした。

DSC_7802_pt

エレガント水栓が数多く展示されており、シンプルモダンな日本のデザインに飽きた人にはとても面白いショールームだと思います。

DSC_7808

Zさまも、多様なデザインとメッキの種類には感心してくださいました。良さそうなものも見つかったのですが、サイズ感が少し違っていたのと、ペデストール型シンクとの相性で今回は採用することができなさそうです…。

DSC_7812_pt

ただ、このように一つの洗面所+浴室を、一つのシリーズの金物類で纏め、メッキの色味も統一できることは、僕らにとっては新しい発見でした。今回は残念ながら使えなさそうですが、また別の機会に使えればと思っております。

DSC_7855_pt

最後の2枚はオマケです。白金台の建材商社のコンフォート社から借りていたファブリカのシェ・シリーズのカーペットサンプルを、カワジュンのショールームでZさまに見て頂きました。

DSC_7854_pt

厚みが十分にあり、触り心地もフカフカないかにもアメリカ製のカーペットですが、何より色味の豊富さにZさまも喜んでくださいました。長い一日掛りのショールーム周り、どうもお疲れさまでした!

 

 

ページトップへ戻る