Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

高級輸入家具ショールーム巡り

外苑前C邸

先日プロジェクトが始まったばかりの外苑前C邸ですが、弊社にご相談いただく前から、奥さまご自身で色々な高級家具ショールーム巡りをしてきたとのことで、その中で気になっているソファやダイニングセットなどを教えて頂きました。

最初に伺ったのは外苑前のB&Bイタリアのショールームです。こちらでは、ソファが良かったとのことで、気に入ったソファで大定番のCharles(チャールズ)や新作のAtoll(アトゥール)を確認させて頂きました。

B&Bイタリア_高級輸入家具ショールーム

ちょうどお客さまと一緒に座っているアトゥールは、2018年のミラノサローネで新作発表されたもので、デザインや座り心地の良さから普通より早めに日本のショールームに入れたというB&Bの新しい定番になりそうなソファとのことでした。

B&Bイタリア_高級輸入家具SRでの打ち合わせ

一枚前の写真で、僕各務が持っていたのは黒檀の塗装突板ですが、代官山T邸で使われていたこの黒檀は、是非どこかに使いたいとのリクエストをCさまから頂いていたので、ソファなどとの色合わせのために持ってきていたものです。

B&Bイタリア_差し込み式レザー製肘掛

アトゥールはレザー張りのひじ掛けのデザインが特徴的ですが、こちらのひじ掛けはサイズが合うソファであれば、他のものに差し込むことも可能とのこと、B&Bの弊社営業担当の大山さんが取り外してくれました。

B&B_高級輸入家具ショールームでのソファ張地研究

自然光が入りにくい3階のショールームでは、張地のレザーやファブリックの色味が判りにくかったので、1階のショールームでもう一度色味を確認して、そのサンプルを持ち帰って検討することになりました。

フレックスフォルム_高級輸入家具ショールームでのダイニングテーブル選び

次に伺ったのが、フレックスフォルムのショールームです。あまり広いダイニングスペースの確保が難しいお宅だったので、こちらからも四角いダイニングテーブルより、角が丸くなっているテーブルが良いのではとお話ししていましたが、Cさまも以前よりこちらのFLY(フライ)というものが気に入っていたそうです。天板の大理石は、ショールームのカレカッタ・ドーロは少し柄が強すぎるので、ビアンコカラーラはどうかとの話になっています。

フレックスフォルム_高級輸入家具ショールームでのソファ選び

フレックスのソファも良いとのことで、こちらのLifesteel(ライフスティール)
の座り心地も確認させてもらいました。

フレックスフォルム_高級輸入家具ショールームでのソファ生地選び

少しサイズが大きく感じたのですが、似たようなデザインでSoft Dream(ソフトドリーム)というソファもあるとのことだったので、レザー張地のサンプルを確認させてもらいました。

Cさまから、ダイニングチェアでコンパクトで、軽いものが中々見当たらないとの話が合ったので、フレックスフォルムからすぐ近くにショールームがあるモルテーニに寄って、こちらのOutline(アウトライン)の座り心地と扱い易さを体感して頂きました。

モルテーニ_高級輸入家具ショールームでのダイニングチェア選び

サイズやデザインも気に入って頂けたようですので、こちらもまずは参考までにお見積りをお願いすることになりました。

外苑前C邸_既存平面図

マンションの管理組合で撮影させて頂いた竣工時の青図から現状の図面を描き起こしたものと、

外苑前C邸_リフォームC案

これまでの3回ほどのお打合せでお話ししてきた内容をリフォーム案をとして纏めた図面が出来上がりつつあるので、それらの図面を見ながら、家具や素材のお話しをさせて頂きました。

ページトップへ戻る