Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

新規プロジェクト_仙石山T邸リフォームが始まりました

仙石山T邸

新規マンションリフォームプロジェクトです。これまでも幾つかのお手持ちのマンションをリフォームして賃貸に回すお手伝いをしてきたTさまからのご依頼のプロジェクトです。

森ビルのアークヒルズ仙石山レジデンスの120平米のお宅をご購入なさったので、まずは部屋を見て、どのようなリフォームが考えられるか提案して欲しいとのご依頼がありました。

・120平米の広さがありながら、2LDKの間取りで、玄関や廊下の広さの割には、リビングダイニングがそれほど広く感じられないこと、
・マンション共用部に比べて、専有部室内が白っぽくて高級感が感じられないこと、
・前のオーナーがちょっと癖のある壁紙などを張っており、個性が強すぎるので、それらはやり直すべきこと、
等をザッと拝見しながら指摘させて頂きました。

因みに、こちらは個性的な壁紙の一つで、廊下とリビングの壁一面がこの幾何学的な壁紙となっていました。

こちら主寝室の壁紙も、光沢質の何とも言えないシロモノでした…。

玄関入ってすぐの玄関ホール兼廊下は、メリハリに乏しい空間で、正面性が感じられないので、素材感と照明計画も含めて、何とかすべき点だと感じました。

水回りも浴室や洗面も、決して安っぽい訳ではありませんが、築年数が8年経っているので、すこし時代を感じる部分があるので、それらはなるべく費用や手間が掛からない方法でお化粧直しするようにアドバイスさせて頂きました。


これまでに10回以上、リフォーム&リノベーションのお手伝いをしたことがあるので、まずはこれまでお好きだった素材のうち、コストパフォーマンスが良いものを選んで持ってゆきました。

ご自宅ではなく、あくまでも投資的な目的でのリフォームなので、どのような賃借人をターゲットとして考えて、どこまで費用を掛けてカッコよくするのか、居心地を良くするのか等、色々な観点からお話をさせて頂きました。

投資用とは言え、ご本人もリフォームやインテリアが大好きな方なので、最初からこれまでもチームを組ませて貰ってきたリフォームキューの岩波さんとスタッフのテテウーさん、そして弊社からは副所長の前田君と神崎さんにも参加して貰い、どのようなリフォームが可能なのかを三案ほど提案させて頂くことになりました。