チルウィッチの玄関マット搬入@代官山T邸

チルウィッチの玄関マット搬入@代官山T邸

昨夏に竣工お引渡しをした高級マンションリフォーム・代官山T邸に、幾つかの追加家具や小物の搬入に立ち会って参りました。

140115genkan_rug-1

玄関のどこで靴を脱げばよいのかが判らない、ベージュの大理石の玄関・玄関ホールだったので、沓脱線が判るようにしてほしいとのご依頼がありました。代官山T邸のクールな雰囲気にマッチして、かつ写真には写っていませんが、右手にシューズ・イン・クローゼットの外開きの扉が引きずらない薄手のマットを探して、チルウィッチ社のビニール繊維を編み込んだマットにたどり着きました。石の目地に合せて、特注サイズの1600×1000で、更に裏地に罰金具材を付けて、滑らない加工をして貰ったので、時間が掛かってしまいました。お願いしたのは、お付き合いのあるインテリア建材取扱いのIOTA(イオタ)の赤尾さんにお願いいたしました。

140115genkan_rug-2

ミノッティのソファにピッタリの差し込み式のコーヒーテーブルは、当初このウォールナット突板仕上げの製品がなかったので、発売されるという情報を貰っていたので、発売を待ってお願いいたしました。黒い金属製の脚と天然突板の木目がとてもシックな雰囲気でした。

140115genkan_rug-3

お使いになっている寝室は、どこに追加の家具を入れたのか判りにくいですが…。黒いミノッティ社のイェンセン(JENSEN)チェアの手前に置かれたオットマンが今回搬入した家具です。
いつ伺っても、とてもきれいに暮らしていらっしゃるTさまのお宅で、お茶も頂いてしまいました。どうもありがとうございました。

タグ

2014年01月15日 チルウィッチの玄関マット搬入@代官山T邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 代官山T邸


»
«