新たに生まれる空間 広尾マンションリフォーム-02

新たに生まれる空間 広尾マンションリフォーム-02

今月から工事が始まった広尾の高級マンションリフォームの内容を紹介いたします。 
170平米のとても広いマンションですが、なぜか広さを実感できないマンションのナゾは、マンションの中央にあったようです。

 図面を詳しく見ていただくと、よく判るのですが、キッチンや玄関といったパブリックの空間と、寝室やトイレ、洗面といったプライベートな空間を繋ぐ中央部分に、無駄に長くうねった廊下があるのです その廊下に囲まれた部分が、主寝室用のWIC(ウォークイン・クローゼット)だった訳です。 初めて平面を見たときに、この変な点に気が付いたので、WICと分電盤を移動し、壁を解体することで新しく生まれる中央のホールを、ライブラリーコーナー 或いは子供たちの勉強コーナー などに利用してはどうかとご提案しています。

 まだ、お子様が小さいので、当初は子供たちがおもちゃを散らかして遊べる、プレイコーナーとすることになっていますが、また時間が経って、どのように展開されてゆくのか、今から楽しみです。解体前と解体後を同じアングルで比べた写真を見ると、新たに生まれた空間の違いが、よく理解できると思うのですが、いかがでしょうか?

タグ

2008年09月12日 新たに生まれる空間 広尾マンションリフォーム-02 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 広尾H邸


»
«