Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ゴージャス&スタイリッシュな高級リノベーション、南麻布S邸が完成

南麻布S邸

ようやくすべてのリノベーション工事が終わって、お施主さま検査&引き渡しとなった南麻布S邸の現場に伺って参りました。

DSC_8393_pt

とにかく広く、天井も高いS邸では、人間が小さく見えるので、この写真を見てもスケール感がズレしまうのではないでしょうか?

DSC_8385_pt

リノベーション工事中に生まれて、まだ生後2ヶ月の赤ちゃんを連れての、お施主さまの検査&お引き渡しです。本来は検査後に是正工事を行って、それが完了してからお引き渡し&お引っ越しとなるのですが、諸処の事情があって、検査当日にお引き渡しとなって、お引っ越し後落ち着いたところで補修工事をすることになったのです。

R0047238_pt

引き渡しの際に行う機器の取り扱い説明も同じ日に行いました。ちょうどキッチンの使い勝手をご説明中です。

R0047218_pt

初めは奥様が赤ちゃんを抱っこしながら取扱い説明を受けていましたが、なかなか集中できそうになかったので、途中から私、各務が赤ちゃんを抱っこしながら取説を埋めてもらうことになりました。ほんの数年前に自分の赤ん坊を抱っこしていたのに、首が座っていない赤ちゃんを抱える方法を忘れてしまっているのには、我ながら驚きましたが…。

DSC_8388_pt

一通り検査&取説&引き渡し書類の捺印等が終わったところで、関係者全員での記念撮影です。中央にお施主さまご夫妻、そのほかは右からリフォームキューの現場担当の富田さん、カガミ建築計画の竹田さん、お施主様の左がリフォームキューの営業&設計担当の森井さん、そして各務です。

R0047202_pt

お引き渡し後、しばらく残らせて頂き、まずは照明のシューティング調整を行いました。ユニバーサル(照明の向きを変えられるタイプ)の照明は、すべてどの壁面を照らすかを考えながら、一つずつ調整してゆきます。

R0047204_pt

当初は少しスカラップ(壁面近くのダウンライ卜の光の模様のこと)がずれていたものを地道に整えて行きました。

DSC_8249_pt

そのあともお施主さまのご了承を得て、残らせ貰って竣工写真を撮影させて頂きました。何度も繰り返すようですが、広くて天井も高いので、キッチンやテレビも小さく見えてしまい、どうにも人が暮らす空間に見えなくなってしまうのには閉口致しました。

DSC_8369_pt

クッチーナでお願いしたU字型の高級オーダーキッチンです。天板はコンフォート社が輸入している人工クオーツストーンのシーザーストーンです。先日販売された女性誌エクラへご紹介したことで、今回は特別に格安の価格で入れさせていただきました。

DSC_8357_pt

こちらも扉も同じくコンフォート社でお願いしたゼブラウッドの建具です。ハードな大理石タイルや透明感のあるガラスと相まって、とてもスタイリッシュな出来上がりになり、お施主さまも設計の僕らも大満足です。完成時の様子は、こちらをご覧ください:南麻布S邸リノベーション
長らくお待たせいたしましたが、ようやく完成することができました。Sさまご夫妻&ベイビーちゃん、どうぞこの空間での生活を楽しんでください。また落ち着きましたら、浴室・洗面や寝室部分の第2弾リノベーション計画を進めさせてください!

 

ページトップへ戻る