Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

CGでインテリアイメージの確認@元麻布I邸

元麻布I邸

面積が220平米と大きく、クライアントご夫妻が検討してくださっているインテリアが、クラシカルとモダンの中間の難しいデザインで、そして時間的な制限が厳しい中で、リノベーションだけでなく家具や調度品まで揃えたいという、僕らにとってもお施主さまご夫妻にとっても判断が非常に難しい元麻布I邸では、CG(コンピューターグラフィックス)を使ってインテリアイメージを固めながら打ち合わせを進める方針としています。

元麻布I邸_CGイメージ (1)

大きなグランドピアノを挟んで、リビングとダイニングが並ぶ空間構成となっていますが、こちらはよりクラシカルなイメージのダイニング空間のCG完成予想図です。家具調度品は、これまで仮に選んできたサァラ麻布やフィリップ・セルバ、ベイカー@東京などの家具を入れ込んで貰っています。リノベーション計画上で、このCGのカギになっているのは、キッチンと二枚の大型引き戸で間仕切りができる壁の色味です。

元麻布I邸_CGイメージ (3)

同じアングルのイメージですが、こちらは家具をすべて他社のものに変えたうえで、キッチンとの仕切り扉を閉じて、壁の色味も変えてみたものです。このように、同じアングルのCGでも家具や色味を変えたものを20枚ほど作ってもらい、それらをベースにフローリングや壁デザイン、建具の色味や家具などをお施主さまと一緒に選んでゆくプロセスを取っています。

R5550305_pt

Iさまご夫妻とリフォームキューの岩波さんに事務所に来て頂いて、それらのCGと実際の素材を見比べて頂きながら、仕上げイメージを打ち合わせをしている様子です。このレベルのCGを作ってもらうのは、外注事務所にお願いする分時間も費用も余計に掛かりますが、実際に打ち合わせで使わせてもらうと、お施主さまからはイメージが掴み易いので好評です。初めてこのCGをご覧になったIさまたちも、すでに空間が立ち上がっているかのようなイメージを持たれたようで、見ただけで歓声を上げてくださいました!

元麻布I邸_CGイメージ (2)

こちらはダイニングより、もう少しモダンなイメージで仕上げる予定のリビング空間です。ピアノの黒色に合わせて、TVキャビネットも黒で仕上げ、そこにミノッティのモダンなソファが入り、クッションやセンターテーブル上の小物、CGにはまだ反映されていませんが、テーブルランプなどでエクレクティック(折衷様式)風に仕上げてゆく予定です。

元麻布I邸_CGイメージ (4)

アムスタイルにお願いしているキッチンは、モダンなイメージになります。これからお子さまが生まれる予定ですので、キッチンのシンクに立った際に二枚の大型引き戸を開けるとリビングダイニングの奥まで見晴らしが効く設計となっています。対面シンクの背面には黒と大理石柄の大判タイルで作るレンジカウンターがあります。CGの正面奥には、ご主人がとても凝っていらっしゃるコーヒーとワインのコーナーになっています。
これらのイメージを見てくださったIさまからは、キッチンとリビングについては、概ねこのデザイン方針でよいけれど、ダイニングの家具と壁の色味については、もう少しバリエーションを増やしたものを見たうえで検討してゆきたいとのお話を頂きました。色味については、それらをプロのCG屋さんにお願いしてゆくのも難しいので、CGを事前にレイヤー分けしておいて貰い、僕らがフォトショップソフト上で色を調整できるようにしてもらい、もう少しバリエーションを増やしたうえで、ご判断頂くことになりました。

ページトップへ戻る