Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

アドヴァン・キッチンショールームにて西麻布N邸のキッチン打合せ

西麻布N邸

西麻布N邸の計画が着々と進んでおります。こちらが土日をお休みとしている関係上、平日の夜しか打合せの時間が取れていないN家の方々とは、中々ご一緒にショールーム周りをすることができておりませんでした。

色々とキッチンショールームをご推薦してきた中で、価格とのCP(コストパフォーマンス)が一番良いことでキッチンをお願いすることになったアドヴァンのキッチンショールームに夕方6時からの変則的な時間でお打ち合わせをさせて頂きました。アドヴァンからは僕らの営業担当の西田さんとキッチン担当の穂坂さんが参加してくれています。

まずはアドヴァンキッチンの一般的な仕様のご説明して貰った後は、

具体的ににシンクの大きさや使い勝手のお話をさせて頂きました。ご主人さまの趣味の釣りで、大きな魚を捌く機会が多いN家では、より大型のシンクでかつ水栓も二つ必要なことはこちらから説明させて頂きました。

背面の食器収納や吊戸棚の説明では、天井高さと吊戸棚の位置関係、扉を開けた時の使いやすい高さや、大型炊飯器を置いた場合の寸法などが話題に挙がりました。

引き出しについては、見掛けのサイズ(表面から見た引出の高さ)と実際に開けた場合の高さが違うこともご説明いたしました。アドヴァンが高級オーダーキッチンに取り組みだしたのは比較的最近のことですが、引出などに使う金物については、ブルムの最高級仕様でスペックして貰っています。

食洗機については、ショールームにあるミーレ社ものを使って、ガゲナウ社との違いや、ミーレの中でもハイエンドタイプと普及タイプについての違いを説明して貰いました。

最後に面材やカウンター材のサンプルをお見せして、イメージの確認を致しました。因みに、これらの面材の塗装サンプルは、うちの事務所から持ってきたものです。これまで色々なキッチンを作ってきた中で、色々な色味で、かつツヤの度合いが違うものが揃ってきたので、それを有効活用することができました。

これまでアドヴァンと一緒に進めてきた見積り用の図面に、本日の打合せの変更内容を書き込んで、図面及び見積りの訂正をお願いするための指示書を前田君が作ってくれました。これまで採用させて貰った実績がないキッチンではありませんでしたが、細かい事まで担当者と話をすることができて、疑問の幾つかも晴らすことができました。また、これまでは図面を基にお客さまとの打合せをして参りましたが、やはり実物を見ながらのショールームの打ち合せは、沢山のことを検討して頂く上でもとても有意義でした。

 

ページトップへ戻る