Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

メゾネットマンションの階段リフォーム打ち合わせ

西麻布N邸

現在解体工事が進行中の西麻布N邸は、大型のメゾネット(上下階を階段で繋いだ住戸)となっています。リビングダイニングの真ん中にある上階への階段を作り直すことになっており、その打ち合わせを施工会社と致しました。

私、各務が手に持っているのが、階段と上階スラブの取り合いを分かりやすく説明するために、新人スタッフの神崎さんに作ってもらった模型です。

階段自体はダブルのフラットバーでササラを作ったシンプルな作りですが、天井の開口部との取り合いが分かりにくいので、このような模型を作ってみました。左右のササラの横の色が違っていますが、これはお客さまとの打合せ用に2種類のバージョンを作ってみたものです。

こちらが設計側で見積り時に作っていた階段部分の展開図です。

模型は、取り合い部分が重点的に検討できるように作ったものです。現場にしばらく置いておいてもらうことになりました。

こちらは、その後施工会社が作ってくれた階段の製作図に、担当スタッフの前田君が赤ペンでチェックバックしたものです。これで、技術的な問題もほぼすべてクリアできたので、鉄骨階段の製作を開始してもらえそうです。

同じタイミングで、造作家具屋さんも事務所に来てくれたので、こちらが作ったディテール図をベースに打ち合わせをさせて貰いました。

造作家具と絡む建具も多いので、枠の取り合いや金物の相談もできて、実り多い打ち合わせとなりました。

ページトップへ戻る