Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

リマデシオ、サルバトーリ、リストネジョルダーノのイタリアン三役揃い踏み

港区R邸

解体工事に着工した港区R邸は、まだ内装仕上げ材で未定部分があるので、それらを急ピッチで打ち合わせ中です。

主寝室のウォークイン・クローゼットの扉は、イタリアのRimadesio(リマデシオ)社で既に発注を掛けておりましたが、ガラスの種類だけはまだ未定でしたので、用賀のリネアタラーラのショールームで、実物を見ながら、どのガラスが良いかを確認して頂きました。

リマデジオ社のガラスには、合わせガラスの間に何を挟むかによって多様な透明度を選ぶことができますが、主寝室の他の素材の色味と合わせて、ブラウン色の金属メッシュを入れたガラスを使うことに決まりました。

玄関ホールは、床がシチスのモザイクタイル、正面壁がマット仕様カラーガラスのマテラック、左側壁は大理石まで決まっていましたが、右側壁が未定のままでした。レザー張りや特殊加工も木等もご提案してきましたが、お客さまの感性と合わず、ペンディング状態でしたが、インテリアズが扱っている加工大理石のサルバトーリをご案内したところ、気に入って頂くことができました。

実は、奥さまには家具ショールーム訪問時にチラッと見て頂いたことがありましたが、ご主人にはお見せしたことがありませんでした。色々な石種で、その加工方法で9通りものバリエーションがあるので、それらの特徴を簡単にご説明させて頂きました。

このピエトラ・ダヴォーラの石種をChevron加工したものを、木製フレームの間に嵌めてゆくデザインでお見積りとCGイメージを作って、それらを確認の上、最終決定とすることになりました。

キッチンのサービスカウンターに使う素材も、中国福建省で候補としてコスモスブラックを選んでおりましたが、実物サンプルを貰うことができなかったので、このインテリアズ・ショールームにある似た素材を見て頂きました。

こちらが用意していたCGと先ほどのキッチンカウンターを見比べて頂いた上で、コスモスブラックで進めることのご承認を頂くことができました。

また、主寝室の床フローリングについては、イタリア製フローリングブランドのリストネジョルダーノのスライドという種類のフローリングをご提案しておりました。

こちらが芝園橋にあるADワールドのショールームにあるリストネ・ジョルダーノのスライドを実際に張った実例です。

この鋭角の交点に当たる部分が、どこまで正確に出来ているのかを、実物で確認させて貰いましたが、本当に正確に作られていました。

フローリング同志は、普通のオスメスのある実(サネ)加工ではなく、両方ともメス加工で間に雇い実(ヤトイサネ)を挟んでの張り方になるとのことでした。特殊な張り方なので、ADワールドの責任施工(材料を提供してくれる会社がフローリング張りまで責任をもって施工してくれる方式)となるとのことでした。

タイミング的に、お客さまと一緒にショールームに伺うことができませんでしたが、これらの写真をお見せしながらご説明した上で、リフォームキューの営業の坂本さんとRさまに一緒にショールームに行って頂き、色味とディテールを実物で確認して頂い上で、決定となりました。
日本では、まだ知名度がそれほど高くない、イタリア初のインテリア素材ブランド三役を一度に使わせて頂くという贅沢を楽しみたいと思っております。

ページトップへ戻る