Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

イタリア高級家具の最終仕上げ確認から発注へ

代々木I邸

ここまでインテリアの家具選びを軸にリフォームの考え方を打合せさせて頂いてきた代々木I邸プロジェクトですが、そろそろプランも固まってきて、工事着工時期が見えてきたので、イタリアを中心とした欧州の高級家具の発注に進む前の仕上げのファブリックや大理石等の最終仕上げの確認をお客さまのIさまとさせていただきました。

B&Bイタリアショールーム見学@代々木I邸

まず最初に伺ったは、リビングのソファやラグ等をお願いする予定のB&Bイタリアの青山ショールームです。

B&Bイタリア色サンプル確認

これまで候補に挙がってきたファブリックやレザー類を、まずは担当の大山さんに机の上に並べて貰いました。

B&Bイタリアソファ仕上げ最終確認

選んできたサンプル類はお好きなことは分かっているのですが、それだけだとやはり決め手に欠けるので、ショールームの3階から1階に移って、実際のソファの横に布地を並べて確認致しました。

B&Bイタリアソファ仕上げ最終確認

レザーの滑らかな触感もお好きで、ベルベット調生地の見る角度によって色変わりする張地もお好きなので、僕らも一緒に悩ませて頂きました…。

B&Bイタリアソファ仕上げ最終確認

こちらが暫定的に決まったソファとクッションの張地です。ただ、床材やラグとの相性もあるので、ここで一旦仮決定のまま、床材とラグの選定に移行することになりました。

床サイザル麻カーペットの色確認

マンションの規約で、今回はフローリングが使えないので、敷き込みの素材となります。こちらのサイザル麻のカーペットが第一候補となっているので、まずはフローリングメーカーのIOCが扱っているサイザル麻素材と、B&Bイタリアのショールームでも使われいる床材と比較してみました。

ビスコースラグ_色サンプル

ただ、サイザル麻だけだとジムや更衣室のように素っ気なくなってしまいそうなので、その上にラグを敷く考え方になりそうです。カーペットの上にラグを敷くと、ラグ・オン・ラグですが、今回はラグ・オン・サイザル麻となります。

B&Bイタリア色サンプル確認

写真のように、人がラグの上を歩いた跡でラグの繊維の目が巡目と逆目になることで、自然なムラがでる表情(フィンガーマークというそうです)がお好きなので、竹の繊維をベースにした天然レイヨンのビスコースを上のラグとして使いたいとのご希望がありました。

ビスコースラグ_色サンプル

ちょうどB&Bイタリアのショールームには、ドイツ製の高級ラグブランドのKymo(キィモ)のビスコースラグも敷かれていたので、他の色のサンプルも見比べさせていただきました。

B&Bイタリア色サンプル確認

ラグとサイザル麻を並べ、そこにソファとクッションの張地を並べることで、色味と素材の方向性が見えてきました!

B&Bイタリアウォークインクローゼットシステム

やはりB&Bイタリアでお願いすることが決まったウォークインクローゼットシステムのバックステージの詳細も決める必要があったので、特別室のような構成になっているこちらに移りました。

B&Bイタリア_バックステージのCG

ここまで3案ほどのレイアウト案と出して貰っておりましたが、この案でほぼ決定となっています。

B&Bイタリアウォークインクローゼットシステム

ショールームではオレンジ色が大きくフィーチャーされていますが、こちらの色味の方が落ち着いており、Iさまお手持ちの洋服とマッチするので、こちらをベースにして、一部アクセントとしてオレンジも取り入れています。

B&Bイタリアウォークインクローゼットシステム

天井の高さと棚板の関係、引き出しのカ所や間接照明の位置、コンセントやアイランド収納のことなどを、Iさまと一緒に一つ一つ確認させて頂きました。

モルテーニ色サンプル確認

次に伺ったのは南青山のモルテーニのショールームです。

モルテーニ色サンプル確認

ダイニングチェアとして決まっているアウトラインの張地のレザーの最終確認です。ほぼほぼ決まっていたことの確認だったので、すぐに用件が終わり、次のショールーム訪問です。

ポルトローナフラウ_スツール

ポルトローナフラウのスツールです。他社でもスツールの候補があったのですが、最終的には後ろから見た立ち姿の美しさでこちらに決定となりました。こちらもレザーの張地の確認でした。

ファボリ色確認

最後がオーセンテリア(旧ファボーリ)でした。

オーセンテリア_マントルピース

リビングの大理石製マントルピースのChesney(チェズニー)の最終確認と発注、

オーセンテリア仕上げ比較

Tom Faulkner(トムフォルクナー)のダイニングテーブルの大理石天板と金属製の脚の確認を致しました。

オーセンテリアダイニングテーブル確認

最後の最後まで天板の大理石をどうするか迷いましたが、最終的にはとても良いスラブが手に入ったというイギリスからの連絡があったので、この写真のエラモサに決定となりました。
イタリアやイギリスの高級家具で、発注から日本に到着、検品を経てマンションへの搬入までそれぞれ約6か月の月日が掛かるので、ほぼ全ての家具の発注リミットとなっていましたが、最後まで粘り強く考えぬいて下さったお客さまの頑張りのお陰で、無事発注することができました!