Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

高級外人仕様マンション南麻布S邸リノベーションプロジェクト

南麻布S邸

港区南麻布で新しいプロジェクト、南麻布S邸リノベーションがスタート致します。築23年のマンションの高級外国人仕様マンションでで、Sさまご夫妻が新たにご購入なさったこちらの部屋は212平米(64坪)の広さです。いつも工事でお世話になっているリフォームキューさんからのご紹介プロジェクトです。

1401619minamiazabuStei_kaishi-01

大きなリビングダイニングの右奥には扉でLDと繋がるファミリールームが見えています。ファミリールームは外国人仕様ではよく見かけますが、今回は間取り的にリビングを通らないと使えない構成なことと、大きなリビングダイニングとオープンなキッチンをお望みなので、大きく間取りを変えることが必要になりそうです。

1401619minamiazabuStei_kaishi-02

LDの天井ですが、折り上げ部分が2箇所空いています。低い部分で2450ミリ、高い部分では2750ミリの天井高ですが、もっと高くなさりたいとのことで、梁の位置や天井裏設備の配管ルートを特定する必要があります。

1401619minamiazabuStei_kaishi-04

玄関ホール正面のガラス扉奥がリビングダイニングで、右手にはユーティリティーを経てキッチンへの動線が、左手の暗い廊下の先にはプライベート諸室があります。いわゆるPP分離(パブリックとプライベートの分離)がなされていますが、玄関ホールがそのピボットになっているのは不便そうです。

1401619minamiazabuStei_kaishi-03

キッチンは当初は外国人仕様だったものを、一度リフォームされた形跡があります。ただ、冷蔵庫とシンクの位置が遠すぎたり、面積が広い分使い勝手が極端に悪そうなので、こちらも大きく手直しする必要があります。ドラム式の洗濯機・乾燥機がキッチンと連続したユーティリティーに並んでいるのも外国人仕様の特徴ですね。

1401619minamiazabuStei_kaishi-06

こちらも一度リフォームされた洗面・トイレ・浴室の水周り3点セットです。変形の浴室や、浴室の入り口にかぶったトイレのレイアウトはあまりうまくはありません。

1401619minamiazabuStei_kaishi-05

事前に伺っていた大まかなご要望に合わせて、初回訪問時に用意しておいたリフォーム案のスケッチ図です。ちょうど今奥さまがご妊娠中で、リフォーム工事の途中にはお子様が生まれる予定とのこと伺っていたので、ベビーカー置き場や子供の動線を考えたリフォームプランです。キッチンや水廻りについては、2つの案を作ってみました。
このプランを気に入って下さったことと、この日初めてお目に掛かったのですが、以前から奥さまが僕らのホームページを偶然見てくださっていたそうで、これまでのリフォーム事例を気に入って下さっていたとのことで、後日、正式にリフォーム計画を進めてくれとのご依頼を頂きました!
その後、こちらのプロジェクトは設計・工事が進んで、すでに完成しております。完成後の様子は、南麻布S邸リノベーションをご覧ください。

 

 

ページトップへ戻る