Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

関西でのイタリアハイブランドのソファ探し

関西I邸

関西I邸のお客さま、東京で僕らがお手伝いしている空間の雰囲気がお好きでご依頼があった方ですので、打ち合わせの回数は距離のことがあって少な目ではありますが、打ち合わせのスタイルは東京での打ち合わせとほぼ同じスタイルで進めています。つまり、A.間取りの打合せと、B.家具ショールーム巡り、C.キッチン浴室等の設備打合せを順番に回してゆくスタイルです。

ということで、関西エリアでの家具ショールーム巡りをさせて頂きました。まず伺ったのは、大阪アクタスの2階にあるポリフォルムのショールームです。

東京でポリフォルムを見ようとすると、新宿アクタスに行くことになり、イタリアハイブランド家具が集まっている青山から遠く感じますが、大阪では、心斎橋エリアにアクタスとアルフレックスがあるので、一度の打ち合わせでポリフォルムとモルテーニを見ることができました。

ポリフォルムでは、モンドリアンのソファを中心に見て、ダイニングチェアも集めて見せて貰いました。

ソファは座り心地よりもサイズ感や張地のことが気になるようでしたが、ダイニングチェアはやはり座り心地で、それぞれの椅子にご夫妻座って頂きました。

一通りの家具を体感した後は、アクタス大阪の弊社担当の村山さんが、そもそもポリフォルムはどういった位置づけにあるイタリア家具ブランドから説明をして下さいました。

ソファーのレザーの張地や…、

家具の塗装のサンプルを見せて貰いました。

次に伺ったのはアルフレックスの入ったビルの上階にあるモルテーニのショールームです。こちらはワンルーム全てモルテーニの世界観で纏めているので、お客さまのテンションも上がったようです。

渋谷区Q邸でも採用して頂いたラウンジチェアのケンジントンは、Iさまご夫妻にも好評でした!

ショールームの一番奥にあるコーナーが、ちょうど関西I邸のリビングエリアとほぼ似たサイズで、置きたいソファのレイアウトやテレビの位置関係も参考になるので、こちらでソファを体感しながら打ち合わせもさせて頂きました。

50分の1の図面上に、スケールを合わせた部品シートを置いてレイアウトを確かめることできるセットをショールーム側で用意してくれているので…、

早速それをお借りしてレイアウト検討もさせて貰いました。

モルテーニの後には、折角なのでアルフレックスのショールームも拝見させて頂きましたが…、

残念ながらIさまご夫妻の琴線に触れるような家具は見つかりませんでした。

この日は少し時間に余裕があったので、フローリングブランドのIOCの大阪ショールームも事前予約して、拝見させて貰いました。

IOCのオークを中心としたフローリングを並べて貰いましたが、色味としては白ふき取りで、節があまりなく、かつペットのワンちゃんが滑りにくいものを選んで欲しいとのことで、こちらにある程度選択を撒かせて頂くこととなりました。