テレビ・ステレオ棚の詳細(ディテール)

テレビ・ステレオ棚の詳細(ディテール)

竣工お引渡しまで二週間ほどとなり、六本木T邸の工事が山場に掛かりつつあります。本日は、現場監督のTさんを含め、7人の職人さんたちが作業中で、いよいよ緊迫感が増してきました。

六本木ヒルズレジデンス リノベーション工事現場

造作家具取付けとボード張りは先週からの続きで、本日よりベランダのウッドデッキ工事、塗装下地のパテ処理が始まっています。

ウッドデッキ張り

セランガンバツ材のウッドデッキの取付け中です。ベランダはマンションの専有使用権のある共用部なので、後日防水工事をやり直す際には取り外す必要があるので、幾つかに分解できるように設計しています。

塗装下地パテ処理

ボード張りが完了した天井から、塗装下地用のパテ処理も始まっています。中央部細長い四角部分は、埋め込みの配線ダクト照明を入れるボックスです。大きな面積のフラット天井なので、ボード二重張りの上からのパテ処理となっています。

テレビ・オーディオ収納棚

先日紹介したテレビ・オーディオ収納も大分形が見えてきました。 左下の白い箱にステレオ機器類とDVDデッキを置き、その上の四角い凹みがi-pod置き場、右側のフラットな部分に壁掛けスタイルでテレビが取り付く予定です。

ステレオ棚詳細

テレビ・ステレオ棚はシャープに見えるように細かいディテールにもいろいろと工夫をしています。可動の棚板は薄く見えるように端部に向かってテーパーを取って小口寸法を10ミリとしています。棚板自体も薄いので、中にスチールを仕込んで強度を出しています。ダボのピッチも20ミリと細かくし、多様なステレオ機器の高さに対応しています。

テレビが壁に埋め込まれているように見せるために、壁の一部をテレビの厚み分だけ凹ませています。凹んだ見込み部分をステンレス板で作っていますが、端部が薄く見えるように本来4ミリ厚のステンレス板を小口部分だけ1ミリまで削って石膏(プラスター)ボードとツラで納めています。
造作家具屋さんも、これまで施工した中で一番難しかったと言っていましたが、その分仕上がりが楽しみです。

タグ

2011年04月01日 テレビ・ステレオ棚の詳細(ディテール) はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 六本木T邸


»
«