アルカナイズ 正月旅行-1

アルカナイズ 正月旅行-1

お正月に伊豆半島を周って、幾つかの印象的な建物を見学して参りました。その紹介の第一弾です。年末から年始に掛けて泊まってきたのが、伊豆湯ヶ島(修善寺の近く)にある、オーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)のアルカナイズです。素敵なフランス料理のレストランに、これまた素敵な宿泊施設が付帯していました。

アルカナイズ

大阪の設計事務所グラフが設計したそうですが、渓谷を見下ろす素晴らしい敷地を上手に活かした、建物構成には大いに感心しました。各部屋すべてが渓谷に面し、谷の反対側には誰も行けないので、カーテンを全開にしてもプライバシーが保て、さらに、屋外に面したプライベートの露天風呂が設置されているので、バスローブ一枚でほとんど裸の状態で一日が過ごせます。

オーベルジュだけあって、レストランがまた白眉でした。写真のような15席も連なる長いカウンターで、白衣を着たコックさんたちが、一心不乱に料理を作ってくれました。地元の野菜を生かした料理や、世界各地の選りすぐりの食材を華麗に満載した料理は、食べるだけでなく、見ていてもめまいがするようでした。スタッフの方々の動きもスムーズで、行き届いたサービスがとても気持ちよいオーベルジュでした。日本には珍しいリゾートスタイルのオーベルジュ、部屋の作り方や細かい水周りの工夫、建築的にも大いに参考になる、素晴らしい体験でした。

タグ

2010年01月06日 アルカナイズ 正月旅行-1 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 見学記


»
«