ペイントリノベーションマンションの見学会

ペイントリノベーションマンションの見学会

目黒S邸リノベーションの施工などでお世話になったオリエンタル産業がペイントリノベーションしたマンションのオープンルームに伺って参りました。

ペイントリノベーション実例

間取り変更などを伴わない、ほぼペイントだけで改装した工事だとのことで、ペイントリノベーションと名付けたそうです。

オリエンタル産業が扱っているポーターズペイントの少し濃い、くすんだ色でと堀田カーペットでコーディネートされています。因みに左手キッチンの壁に使われいる色は「鈍色(にびいろ)」という色だそうです。

 寝室の正面に使われている色は「桜鼠(さくらねず)」だそうです。明るさや見る角度によって、ニュアンスが違って見えて、飽きにくい色でした。またポーターズ独特の手塗りのムラも良い感じに仕上がっていました。

寝室を反対側から見たアングルです。置かれていた家具と色合いがマッチしていて、小規模なリノベーション工事ながら、渋めで暗めの色合いのしっとりと落ち着いた雰囲気に仕上がっていました。

タグ

2011年06月09日 ペイントリノベーションマンションの見学会 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 見学記


»
«