リノベーション研修@ニューヨーク-3

リノベーション研修@ニューヨーク-3

ニューヨークでは、以前働いたCicoganani Kalla Architects事務所をはじめ、幾つかの超高級リノベーションを手掛ける設計事務所を訪問してき参りました。

以前は53丁目のMOMAのすぐ近くにありましたが、46丁目に移転していました。昔の懐かしいオフィスは残念ながらなくなり、今は写真のようなとてもきれいな事務所に変わっていました。

こちらは打合せ室です。左手の壁には、マンハッタンのアパートメント・リノベーションプロジェクトのプレゼンパースが飾ってありました。ガラス扉の向こうに見える螺旋階段を上ると、かつてのボスのピエトロ・チッコニャーニの机があります。

こちらは同じプロジェクトの展開図です。すべての部屋の内部をパネル割やモールディング、建具デザインまで含めて、インテリア・デコレーターと共同でこのレベルまで設計していました。昔は、鉛筆で手書きでしたが、今ではほとんどコンピューター化されてしまったそうです。

右がかつてのボスのピエトロ、左がかつての同僚で、今は事務所重役になっているニコラス・スタノス君です。

こちらは、かつてCKAで後輩だったアニークが独立して作った設計事務所、Anik Pearson Architectsです。左の女性がアニークです。

ニューヨークの設計事務所は、3年前のリーマンショックで皆相当のダメージを受けたようで、幾つかの中止になってしまったプロジェクトの模型が中央の机の上に並べられていました。

昔は色々と教えてあげていた後輩が、立派な事務所を構えているのは、不思議な感じがしました。
CKAでは、5億から20億円(!)くらいまでの大型住宅プロジェクト(新築とリノベーション)を複数設計していました。アニークの事務所では、当初8億円位の予算でスタートしたプロジェクトが、不景気のせいで段々とスケールダウンしてしまい、2億円位まで下がってしまったと嘆いていました。他にも事務所訪問をしていますが、それはまだ後日こちらのブログで紹介いたします。

タグ

2011年07月08日 リノベーション研修@ニューヨーク-3 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 見学記


»
«