田園調布の戸建住宅リフォームの現地調査

田園調布の戸建住宅リフォームの現地調査

先日、戸建住宅リフォームのご相談を頂いた、田園調布のFさまのお宅に現場調査で伺って参りました。

田園調布F邸 リフォーム前のリビング

小高い丘の上に建つ築36年のシックな、延床面積150平米ほどの住宅です。旗竿状の敷地なので、奥まった場所にひっそりと建っている印象の建物でした。

実は訪問するのは二度目で、今回は共同でリフォーム設計をすることになったイン・ハウス建築計画の中西ヒロツグさんと一緒でした。Fさまの奥さまと一時間半ほどお話しした後、また一時間半ほど掛けて住宅を調査してきました。

こちらはリビングルーム隣にある和室の広縁です。

大屋根に覆われた住宅で、二階の一部の部屋は屋根裏部屋のような形状で、F家の小さなお子様達が喜ぶ寝室にリフォームすることができそうです。

屋根裏の構造

屋根裏の構造が覗けました。断熱材は施工されており、構造材も十分に乾燥して悪い状態ではありませんでしたが、筋違は外壁周りにしか見受けられませんでした。Fさまご夫妻とお子様三人が明るく風通しが良い環境で、楽しく快適に暮らせるようなリフォームプランをこれから練ってゆくことになりました。

タグ

2011年03月31日 田園調布の戸建住宅リフォームの現地調査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 戸建住宅リフォーム 田園調布F邸


»
«