赤坂J邸の現調

赤坂J邸の現調

先週リフォームのお問い合わせの電話を頂いた、赤坂J邸の現調と打合せに出掛けて参りました。Jさまのマンションは築45年で、赤坂地区でも最も古いマンションだそうです。

赤坂マンションリフォーム

もともとお住まいだった部屋の隣、元オフィスだった部屋を購入したのが4年前で、マンション管理組合の同意を得た上で、境界壁を一部破って、二つの部屋を繋げたそうです。

赤坂ヴィンテージマンションリフォーム傾斜地に建っているので、三階ながら見晴らしもよく、南東角で日当り十分な素敵なポテンシャルを感じるマンションでした。天井を剥ぎ取って白く塗ったり、古かった窓もペアガラスの新しいサッシに交換されており、あまり日本らしくない、ちょっとヨーロッパのDIYでリフォームした空間を思わせる、とても素敵な部屋となっていました。

子どもたちの成長に合せて、キッチンや浴室などの水廻りをグレードアップしながら、床や空調にも手を入れてゆきたいとのご相談でした。次回、マンションの実測に伺った後、リフォームプランをご提示することになりました。イメージとしては、一気に全てをリフォームしてしまうのではなく、段階的に上手く費用を分配しながら、満足度の高いリフォームを目指すことになりそうです。

タグ

2010年07月26日 赤坂J邸の現調 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 新規プロジェクト


»
«