Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

細かい造作工事@駒沢X邸

駒沢X邸

工事も大詰めになってきた駒沢X邸の現場ですが、細かい造作工事や照明器具の取り付け工事などが平行して進んできました。

造作家具と同じ突板を使って、高さも合わせた腰壁がリビングダイニングの四周を回り、壁と天井の接合部には白いエースライトで作ったケーシング材を廻し、折り上げ天井の端部にも装飾枠を廻して貰っています。

ヴィンテージマンションならではのクラシカルなデザインの建具枠に色味を変えた腰壁と高巾木を突き付けています。天井の周りのケーシングを取り付けている最中でした。

折り上げ天井の立ち上がり端部にはちょっと装飾の付いた枠をデザイン致しました。

アップで見るとこのようなデザインとなっています。こちらの素材もエースライトです。

現代製作所の吉岡さんと職人さんが、丸い筒を眺めて悩んでいるのが…、

内部がスペースコロニーのようになった、こちらの枠材です。ちょうど右奥に見えているマンションの上下階を結ぶ排水管を囲むために作って貰った特注の枠材です!

左右に分解して、このように竪管をカバーしてゆきます。

最終的には、人工レザーを張って仕上げてゆく予定です。型取りからどのように作り、そして固定するかと、施工会社の青と造作家具の現代製作所と僕らの三者でずっと頭を絞って考えてきたカバーが何とかうまくできたようでホッとしておいます。

大きなお宅なので、奥のプライベートルームでは、塗装の下地造りが始まっていました。

廊下も塗装下地作業中ですが、クラシカルな枠と建具が並んで、しっとり落ち着いた雰囲気に仕上がってきたことが良く分かりました。

奥さま専用のシャワーブースとその手前の洗面も壁にマラッツィの大理石調タイルが張られ、あとは洗面カウンターと照明木々の取り付けを待つばかりです。

照明器具の取り付けのための穴あけも進んでいます。ここからは塗装と照明器具、そして残りの造作家具やミラー類を取り付ければ、完了検査まであと少しです。

ページトップへ戻る