Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

原宿K邸の竣工写真 多様な素材とディテールが織りなす空間

原宿K邸

先日、無事検査を追えてお引渡しをしたオーナーマンションのオーナー邸リノベーション、原宿K邸の竣工写真撮影に伺ってまいりました。

DSC_9953_pt

何よりも料理に情熱を燃やしていらっしゃる奥さまが、一番満足してくださっているのが、ダイニングの奥に見えているアイランドカウンターのあるキッチンです。

DSC_9964_pt

奥さまと、オーダーキッチンのアムスタイルの宮本さんと僕等設計の三人二脚で、途中の紆余曲折を経ながらここまで進めてきた、回遊性のある大型キッチンです。ビジュアル的には、ガスレンジ正面の壁に張ったイタリア・フィアンドレ社の大理石調大判タイルが一番の特徴でしょうか。機能的には、何度もショールームの調理実演に参加したうえで、ご決断くださったドイツ・ミーレ社のスチームオーブンでしょう。写真左手の濃い灰色のトール収納の一部に、アイレベル(目線の高さ)で据え付けられているものです。

DSC_9957_pt

キッチンから、モルテーニのダイニングテーブル越しに見えている、大理石張りの壁周辺が、ご主人が最も期待してくださっているテレビ・オーディオのコーナーです。実は、まだテレビの壁掛け用金物が現場に届いていないことで、テレビを吊ることができず、壁掛けのB&Oのスピーカーも未設置な状態なので、本来は竣工「一歩手前」なのです…。

DSC_9979_pt

この大理石張りの壁に、大型のテレビが掛かり、奥さまがご主人さまにプレゼント予定のリクライニング・チェアが届けば、ご主人が楽しみにしていらっしゃった臨場感のあるオリンピック観戦ができるのです。実は、この大理石壁の裏の左側には、AV機器類が収納されており、当初リフォームのご希望を伺った際に、奥さまが強く「テレビやステレオ関係の配線が汚く見えないように隠して貰いたい」とのご要望が適うための仕掛けとなっております。また、右手には主寝室への扉がありますが、その左手前にはワインセラーとグラス置きのミニバーコーナーが隠されています。

DSC_9947_pt

テレビ前からダイニング側を見返すと、このようなインテリアが広がっています。左手側の壁は、ビニールクロスを巻いた壁から、トイレと洗面へ通じる引き込み扉があり、その奥には造作収納棚が続いています。部屋の中央には、構造的な柱が立っていますが、その下部には、自動掃除機の基地ともなり、テレビのリモコンや携帯の充電器を置ける小さなカウンター収納が取り付けられています。

DSC_9950_pt

玄関ホールからの扉横に立って、テレビ側を見返すと、上記で説明した、造作棚と塗装仕上げの引き込み扉とパネル壁が、色味は揃えながら、質感を徐々に変えて、一直線に繋がっているのが判るでしょうか。特に造作家具と建具は、全体が絡むような難しいディテールの連続で、作り手側も相当苦労したと思いますが、その苦労の分だけディテールが洗練されて、きれいに仕上がっていると思っております。お引越しとの残工事の兼ね合いで、まだ寝室や水回り、玄関ホールなどが撮影できていませんが、またタイミングを見計らって撮影をさせて頂く予定ですので、追ってブログで公開させていただく予定です。

ページトップへ戻る