法政大学 構法スタジオ第4回目授業

法政大学 構法スタジオ第4回目授業

秋から始まった法政大学デザイン工学部建築学科の構法スタジオ(建築施工監理実習)で、本日が第4回目の授業でした。森の中に建築スタジオを設計する課題ですが、ここまでは、第1回目で自己紹介からグループ分けと授業方針の話し合い、第2回目で屋根形状研究、第3回目で屋根の実例調査、そして第4回目の今日は、いよいよ平面図へと突入しました。

写真は、各学生が宿題で考えてきてくれた、プランを一枚のシートに纏めたものです。まだ、屋根の形状との整合性や、構造まで考えられていないので、各自がプランを発表後、講師としてアドバイスをいたしました。

その後は、少人数での授業なので、教室の真ん中に大きなテーブルを作り、屋根の構造を考えて貰いました。来週は、宿題の構造軸組模型を使っての屋根+構造の研究になる予定です。

タグ

2011年10月07日 法政大学 構法スタジオ第4回目授業 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 法政大学 構法スタジオ


»
«