建築知識学校のリフォームセミナー-1

建築知識学校のリフォームセミナー-1

雑誌「建築知識」が主催する専門家向けセミナー、建築知識学校のリフォーム講座がスタートしました。劇的ビフォーアフターの匠として有名な中西ヒロツグさんと一緒に、まず初回は自己紹介を兼ねて、自分達がどのようにしてリフォーム・リノベーションに特化してきたのかを詳しく説明させてもらいました。

建築知識学校 リフォームセミナー

これまで整理されていなかった資料を纏め、今回のために新しく図面を起こしたりで、下準備は相当大変でしたが、その分専門的で深みのあるセミナーが出来たのではと自負しています。

新築とリフォームのデータ的違い

新築とリフォームを比較する際には、実際に書いた図面の枚数や現場監理の回数、スケジュールまでのデータで公開して、建築的な面白さや事務所運営上のメリット・デメリットまでお話しました。

こちらも、これまで整理したことがなかった資料です。カガミ建築計画の経歴を5年ごとに区切って、どのような仕事をしてきたかを纏めたものです。新築やクリニックの設計に積極的に取り組んでいた初期のころと、リフォーム・リノベーションに特化してきた現在と比較することが出来ました。

四度にわたってリフォームをお手伝いしてきた小石川S邸の物件紹介では、段階的なリフォームになった理由や、その段階を経ながら、どのようなことを考え、どのようにして自己流で図面の書き方や職人さんたちとの交渉方法を学んできたかまでお話しました。

セミナーには19人(うち2人は本日欠席)の方が参加してくださいました。若手設計者、建材の卸問屋さん、工務店勤務の方やリフォーム屋さんの方まで幅広い職種の方々で、休憩の間も授業後の飲み会の席でも積極的な質問を重ねてくれて、とても刺激的な一日でした。学校の準備に尽力してくださった建築知識の藤山編集長はじめスタッフの皆様、TAとして授業をサポートしてくれた山崎壮一君、一緒に講義してくださった中西ヒロツグさん、どうもお疲れ様でした。また、忙しい中時間を割いて講義に参加して下った学生(?)の皆様、どうもありがとうございました!

タグ

2010年09月02日 建築知識学校のリフォームセミナー-1 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 建築知識学校 リフォームセミナー


»
«