建築家が考えるプレミアムリフォーム・リノベーション|建築家・各務謙司のブログ

Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

虎ノ門ヒルズレジデンス・リフォームのビフォー&アフター

虎ノ門ヒルズM邸

先日アートも入って完成した虎ノ門ヒルズレジデンスのリフォームプロジェクト虎ノ門M邸ですが、工事前と工事後の写真をほぼ同じアングルで比べたビフォー&アフター写真をアップいたします。

虎ノ門B&A-2-2

リフォーム前は白いクロス仕上げ面積が多く、ノッペリとしたイメージでしたが、リビングの壁に大理石を張り、折り上げ天井にもレーリングを廻して、素材感・質感を感じる空間へとリフォームしています。

虎ノ門B&A-1

ほとんど変わっていないように見えるアングルですが、よく見て頂くと、大きな掃出し窓の左側が少し変わっています。実はバルコニーへの出入り口の左側壁に鏡を張っているのですが、このことで窓が広く見えているのです…。また、窓に向かって右側の袖壁はカラーガラス張りで、ソファー背面の大理石壁と合せて、空間の重心が右に寄ったことで、ソファ(アルフレックス)を置く位置の安定感が演出されています。

虎ノ門B&A-3-2

このアングルではほとんど変わっていないように見えますが、LDからプライベート部分へと繋がる廊下のアルミフレームの引き戸が無くなっています。これでダイニングの背面にアートを飾ることができて、空間としての落ち着きが生まれました。

虎ノ門B&A-4

リビングの袖壁は以前は単なるウォールナット張りの化粧壁でしたが、今回は頑張って(?)テレビを入れ込んでいます。完成時の空間もきれいでしたが、実際に暮らすことを前提に家具レイアウトをしてゆくと、どうしてもテレビを設置する場所が見つからなかったので、このような解決策を考えました。このテレビを仕込んだ壁については、以前のブログで詳しく説明しております。

虎ノ門B&A-5

キッチンも同じような視点でプチリフォームしています。料理をすればシンク前がどうしても片づけにくいのでカラーガラスと大理石で作った袖壁を作りました。また、このような都心居住では電子レンジは必需品なので、この写真に写っていない個所にビルトインの電子レンジを入れています。

虎ノ門B&A-7

プライベート部分はほとんど手を入れていませんが、この廊下突き当りのデザインを変えました。以前はダイニングにあったアルミフレームの引き戸がプライベートとパブリックを分ける界壁となっていました。今回はそれが無くなったので、代わりに廊下突き当りにフレームを嵌め込んで、そこに照明を当ててパブリック部分が廊下先まで伸びているイメージとしています。

虎ノ門B&A-6

最後の写真は玄関ホールです(実は違ったアングルなのですが…)。以前はウォールナットとアルミフレームのガラスで囲まれた空間でしたが、そこに特注の建具を入れて、正面壁にはカラーガラスをデザイン張りして、華やかさを加えております。照明も数を増やしすと同時にハロゲン照明を加えて、明るさを調節しています。
お施主さまにも完成時に、こちらのビフォー&アフターの比較写真をお見せしたところ、いかに以前から変わったかが良く判って、とても良い資料だと褒めて頂きました。

 

ページトップへ戻る