Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ヴィンテージマンションリフォーム白金台P邸完成!

白金台P邸

工事がほぼ終わったヴィンテージマンションリフォームの白金台P邸に設計検査で伺って参りました。

DSC_7902_pt

まず何よりも、この窓から見える緑が一番の贅沢なので、その景色を邪魔しないようなデザインを心がけました。造作家具は、設計要素の中でも、最も好きなもののひとつですが、この景色と一緒に見える造作家具は、大人し目なデザインにしています。

DSC_7907_pt

LDでも緑の景色と反対側にある壁には、少し凝ったデザインの造作家具をデザインしてみました。廊下からの扉は、以前は一枚でしたが、他の場所から移設してきた扉と合せて、両開きに変更しています。

DSC_7911_pt

リビングもそうでしたが、フローリングの張り方は少し工夫しています。まっすぐにフローリングの筋を通さず、空間単位でボーダーを廻した張り方にして貰っています。床暖房(温水式)が入っていると、このようなボーダー張りは難しいのですが、今回は床暖房がないことをメリットにできないかと考えて、この張り方にチャレンジさせて貰いました。

DSC_7919_pt

デザイン的にもう一つチャレンジしてみたのが、この廊下のブラケット照明(壁付け照明)です。廊下の幅が十分に広くないと、却って狭く感じてしまい要素ですが、今回は広過ぎる廊下だったので、アクセントとして採用させて頂きました。よく見ると、扉の大きさが違っていたり、廊下に防火扉が2枚も合ったりと、整理することができない要素が多くある廊下でしたが、このブラケット照明のお蔭で、一体感が感じられるようになったのではないでしょうが…。

色々な是正すべき点を指摘させて貰って、一週間の補修期間を経て、次はお施主さまと一緒の施主検査です。

R0055591_pt

時間の都合が付かず、暗くなってからの施主検査になってしまいましたが、照明の中での独特なヴィンテージ感に、Pさまご夫妻はお二人ともとても喜んでくださいました!

R0055577_pt

リノベーション後に再販することを考えていらっしゃるので、こちらのキッチン設備にはそれほど費用を掛けていませんでした。ただ、それでもデザイン的なこだわりをある程度表現したかったので、大理石柄のタイルを斜め45度に張ってみました。壁際で黄色ジャケットを着ているのは、AllAboutの高級マンションのガイドの坂根康裕さんです。
実は、当日の夕方からお施主さま検査の前に、坂根さんにお願いして、こちらのマンションを取材して頂いていたのです…。その時の記事が「ヴィンテージマンションリフォーム事例」です。

DSC_8003_pt-2

広いリビングダイニングには、大の大人が7人入っても、全く狭さを感じさせませんね…。と同時に、家具がないと広さの実感が湧かないので、急遽お施主さまにお手持ちの家具やラグ、小物等を入れて頂くことになりました。

白金台P邸 (8)

お施主さま検査での指摘事項を直しながら、お手持ちの家具や新しく購入頂いたラグ、小物類などを現地に持ってきていただき、僕らがお手伝いしてステージングしてみたのがこちらの写真です。

白金台P邸 (1)

緑だけが見える快適なテラスには、新しく屋外用の家具を購入して頂きました。リフォーム前からあったウッドデッキも、清掃したことで、本当にきれいになっています。

白金台P邸 (5)

少し広く感じられた玄関のベンチにも、素敵なクッションと小物を置いてくださったことで、快適なコーナーになりました。廊下奥のガラス張りの部屋は、書斎か書庫をイメージしていましたが、テーブルとイスを置いてくださったことで、ちょっとした打合せができそうなミニオフィスにも見えるようになりました。

白金台P邸 (4)

廊下からリビングへのエントランス前に、ジャストサイズのラグを置いてくださったのも効いています。

白金台P邸 (3)

ダイニングの家具の上の小物や、ガラス扉に移り込んでいる、鮮やかな赤色のラグも、マンションが持っていたヴィンテージ感を強く感じさせる要素になってくれています。

白金台P邸 (2)

どなたかが暮らし始めれば、恐らくテレビを置くことになる個所には、円形のオブジェが、飾り棚にも小物が置かれています。ダイニングエリアとリビングエリアを、文字通り色分けしてくれるラグも、このためにお施主さまが購入してくださったものですが、本当に素敵になりました!

白金台P邸 (7)

出来上がりの様子を、まだきちんとご紹介していなかった洗面と浴室です。こちらは、ヴィンテージ感よりも、清潔でスタイリッシュに感じることに主眼を置いてデザインいたしました。

白金台P邸 (6)

来客用のトイレは、周りをコンクリートの躯体壁で囲まれていたので、広さの調整ができませんでしたが、床と揃えたタイルを壁面にも張り、黒い木製フレーム鏡などで、廊下の雰囲気に繋がるように考えてみました。

 

ページトップへ戻る