Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

家具の搬入据え付け&設計検査@成城Z邸リノベーション

成城Z邸

成城Z邸にてようやくリノベーション工事がほぼ完了し、家具の搬入設置が始まりました。

DSC_0664_pt

大きなリビングダイニングには、ミノッティでお願いしていたTVボードが運び込まれました。非常に重たいテレビボードなので、組み立てのタイミングでテレビ・ステレオをアイパッドで操作できるシステムを組み込むための配線作業も同時に進めて貰っています。

DSC_0688_pt

すぐに、同じミノッティのソファの搬入組み立ても始まりました。手前にすでに置かれているダイニングテーブルは、お施主さまがこちらのマンションを中古でご購入なさった時に、前のオーナーの方が置いていったテーブルで、こちらもゆくゆくは交換する予定になっています。

DSC_0661_pt

家具の搬入組み立てには2時間ほどの時間が掛かるので、その間に違う部屋の造作家具等をチェックして回りました。LDから長い廊下を経て、反対側にある書斎の様子です。まだ最後の塗装手直しの作業中だったので、部屋中央にいろいろなものが置かれていますが、空間自体はほぼ完成していました。

DSC_0662_pt

こちらは棚に組み込んだ間接照明の明るさが不均一だった書斎の飾り棚ですが、明るすぎたライン照明にフィルムを張って、明度を調整して貰いました。非常に良い感じに仕上がっていました。

DSC_0653_pt

同じ書斎の反対側の壁に設置された本棚と扉付き収納を組み合わせた壁面収納も、養生が取れて全容を確認することができました。リビングで聞いている音楽を、こちら書斎でも引き続き聞けるようにネットワークプレイヤーとステレオシステムを組み込んでもらいましたが、それらの配線も無事終わっていることを確認いたしました。

DSC_0659_pt

書斎奥に繋がった寝室にも、壁かけテレビが取り付けられています。フローリングをボーダー状に作った中に張り込んで貰った厚手の輸入カーペットもとてもきれいに仕上がっていました。

dav

そうこうしているうちに、書斎と主寝室の窓のカーテン取り付けが始まりました。マナ・トレーディングの僕らの担当をお願いしている松ケ下さんも頑張ってくれています。

DSC_0654_pt

書斎横に設けた大型ウォークインクロゼットです。中央には造作で作ってもらった小物入れ収納です。天板は装飾品を置いても傷がつかないようにベルベット状のウルトラスエードを張ってもらっています。周囲のハンガーパイプ、オープン収納もきちんと仕上がっています。

DSC_0652_pt

東京バススタイルにお願いした浴室は、シール作業中でした。

DSC_0670_pt

廊下途中にある来客用トイレです。養生がすっかりとれ、淡いグリーンの塗装と大理石調タイルと、ペデストール型の洗面の相性もとてもきれいにできていました。

DSC_0717_pt

ほかの部屋のチェックをゆっくりしてからリビングに戻ると、ミノッティの家具類すべての組み立てが無事終わっていました。こちらが指示した図面通りの位置に家具を仮置きしてもらいましたが、実際にソファやダイニングに座ってみての視線と空間のバランスを考えて、レイアウトを微調整してもらいました。モールディングやケーシングがある、少しクラシカルでエレガントな空間に、ミノッティのモダンでスタイリッシュな家具を入れたいというお施主さまのご希望に沿った空間に仕上がってきました!
これで、あとはお施主さまのZさまと一緒に施主検査をして頂いて、お引き渡しへと無事進めそうです。

ページトップへ戻る