Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

銘木突板探しツアー@山一商店

麻布台M邸

麻布台M邸の玄関ホールからリビングへの扉や、造作家具の突板の候補を探すために、うちのブログではお馴染みとなっている埼玉県川口市にある山一商店さんを訪問して参りました。

dsc_3051_pt

道路から見ても、何を扱っているお店かよく判らない店構えですが…

dsc_3047_pt

2階に上がるとスゴイのです!小さな体育館ほどの広さのスペースが、突板の素となる突板シートが山ほど積まれているのです。

r0058261_pt

細かく見てゆくと、このように、0.3~0.6ミリほどの極薄にスライスされた銘木の単板がこのように積まれています。例えば写真左上に積まれている材はKoaと書かれていますが、これはハワイでウクレレなどの楽器制作に使われるアカシアの仲間のハワイアンコア材の単板です。本当にたくさん積まれており、どこに何があるか判らないような状態に見えますが、社長の山内さんに要望を伝えると、この中からまさに的確なものを提案してくれるのです。

r5552180_pt

今回は、代官山T邸でも使った、黒檀で玄関ホールの建具を作りたいと考えておりましたので、幾つかの黒檀の単板を見せて頂きました。ちょうど、二種類の黒檀の在庫があったので、見せて頂いたうちの一つがこちらです。もう一つの黒檀は、残念ながら幅も狭く、模様も小さく、迫力が全く感じられなかったので、こちらのシャチ柄(山内さん命名)のものを候補に挙げさせて頂くことになりました。

r0058228_pt

ちょうどこちらについては、二枚をブックマッチでベニヤ板に張った突板サンプルがあったので、代官山T邸の時に作って貰ったサンプルを比較させて貰いました。写真左奥が今回のシャチ柄で、途中で色が変わったところから右側がクリアラッカーを吹いた部分です。右が代官山T邸のサンプルで、こちらは少し赤味を足したうえで、鏡面塗装に仕上げて貰ったものです。
右に比べてもも突板の幅も十分に広く、色味も良く、何より黒檀らしい迫力を感じました。

r0058275_pt

まずは一番の目的の黒檀(エボニー)が見つかったので、その後の造作家具に使うチークの突板は、リラックスして探すことができました。2階は高価な銘木が中心で、1階にはチークやウォールナット、オークなどの比較的良く使われる単板が並んでいます。こちらは幅広で木目も緻密で、色味も薄めで、こちらが希望していた条件はほぼ揃ったものを見つけてくれました。

r0058268_pt

まだ、こちらのブログでは書き始めていない、赤坂のプロジェクトで使えるかもしれない、美しいチヂミ柄が浮いた、素直なサテンシカモアの突板も紹介して貰ったので、こちらもサンプルとして単板一枚を持ち帰り用に頂きました。

r5552112_pt

一通り見終わった後は、中2階の社長室(打ち合わせ室?)で山内さんと突板談義をさせて頂きました。黒檀のサンプルの横に置いてあるのは、銘木中の銘木のシャム柿のツキ板です。こちらもとても魅力的なものでしたが、麻布台のお宅には柄が強すぎて合わないので、今回は残念ながら見送ることになりました。

r5552200_pt

これまではスタッフの竹田さんと来ることが多かったのですが、今回は初めて前田君と一緒の訪問でした。山内社長は突板の魅力を語り出したらノンストップで軽く2時間ほどは語れる方なので、こちらのサンプルを使って、前田君に突板の作り方を説明してくれいました。

r0058400_pt

こちらは後日麻布台M邸のお客さまのMさまに突板ツアーの収穫品をお見せしているところです。一応、シャム柿のシートも一枚頂いて、シャチ柄の黒檀の横に並べてお見せしたのですが、やはりシャチ柄の黒檀が良いだろうとの話になりました。

r0058399_pt

右からシャチ柄の黒檀、真ん中がもう一つの黒檀、一番左がシャム柿です。こうやって比べてみると、柄の華やかさや色味の明るさがシャチ柄のものが良いことが良く判りますね。

r0058397_pt

この日は、お忙しいMさまに折角事務所に来て頂いたので、引き戸の仕上げ材候補として考えている人工レザーのサンプル帳も見て頂きました。

 

 

ページトップへ戻る