Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

一番町A邸リノベーション完成 ビフォー&アフター

一番町A邸

ここまでリノベーション工事が進んできた千代田区一番町A邸の工事が完了いたしました。デザインアドバイスとしてお手伝いしたプロジェクトでしたので、設計検査ではなく施主検査への同行という形で、検査に立ち会って参りました。

dsc_4118_pt

検査には、お客さまのAさまが来てくださり、工事をお願いしたリフォームキューの森井さん(設計&営業)と富田さん(施工管理)が主体で進めてくれました。

dsc_4135_pt

とはいえ、細かいチェックは、事前に僕らデザイン側で一通り見ていたので、それらのポイントを説明する程度で終わり、あとは家具をどのようにレイアウトするか等のお話に始終してしまいました。

dsc_4204_pt

玄関扉を開けてすぐに見える玄関ホールです。光を取り込む工夫をしているので、以前に比べて明るく開放的になったことをAさまが褒めてくださいました。

dsc_4133_pt

浴室と洗面脱衣の位置交換をして作った、少し変形の浴室です。オーダーユニットバスの東京バススタイルにお願いした浴室の解放感にもとても満足して頂くことができました。
この後は、その後家具を入れて頂いた状態で、ほぼ同じアングルの写真を比較したビフォー&アフターをご紹介いたします。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-01

赤っぽいフローリングと壁面が目立っていたリビングはフローリングをライトグレーのものに交換し、タイルやカラーガラスを使って、凹凸感を強調したデザインとしています。折角の天井高さが活かされていなかったので、照明を仕込んだボックスを折り上げ部分に浮かせることで、天井の高さを強調してみました。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-02

一番変わったのはこのアングルだと思っています。扉で閉じられていたクローズドキッチンの壁を撤去することで、冷蔵庫を家電置き場だけは隠されていますが、それ以外が解放さたオープンキッチンになっています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-05

壁面のガスレンジとシンクがついたキッチンカウンターは、位置をズラしていますが、基本的には同じユニットを再利用しています。ステンレスの天板は磨き直して、扉は全て取り外して塗装し直して、取っ手も少しモダンなものへと変更してみました。以前は冷蔵庫の奥に洗濯機がありましたが、これは洗面に移動しています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-04

柱型が目立っていたリビングのコナーですが、その柱型と窓を絡め取るような木製フレームを廻して、カラーガラス張りのテレビ置き場を新たに作ってみました。下部にはAV機器を収納するボックスも埋め込んでいます。柱型そのものにもカラーガラスとミラーを貼って、存在感を弱めています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-03

玄関からLDは入ってすぐのエリアです。中途半端なサイズのニッチがありましたが、背面の靴収納を作り直すことで、半透明の飾り棚を作りっています。ダイニングテーブルを置く位置に合わせて照明計画も考え直しています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-06

玄関側から見ると、このような違いになっています。何より、閉じるとホールに光が差し込まない構成でしたが、扉を天井いっぱいのスチールサッシとガラスで作ることで、開放感が演出されています。扉が隠されてしまっているので判りにくいのですが、スチールサッシの左横にこじんまりとはしていますが、コート掛けも作っています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-08

キッチン部分に次いで大きく変わったのが、この浴室と洗面でしょう。浴室と洗面脱衣の位置を取り換えることで、浴室は少し小型になりましたが、かつてはシングルボウルだった洗面にダブルボウル+洗濯機置き場を作ることができました。上の写真は、ほぼ同じアングルで撮影された写真であることが判るでしょうか?

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-09

こちらも同じアングルからの写真で、廊下からの扉の位置は全く変えていません。マンションで、洗面と浴室、両方に窓があって外光が入ってくるのも珍しい構成でしたので、それは継続して活かしています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-10

最後はトイレ空間です。といっても、こちらはそれほど変わっていませんね。手洗いボウルが小型で、手首までは洗えないものだったので、カウンター幅を10センチ増やして、大き目のボウルに変えています。また、キッチン背面の壁は、汚れも取りやすく、インテリア性も高いキッチンパネルを貼っています。

ページトップへ戻る