Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ビニールクロス張り&建具準備中の白金台H邸

白金台H邸

お客さまの検査まであと2週間程度に迫った白金台H邸の現場を視察して参りました。

エントランスから真っ直ぐに進んで見えるリビングの壁の状況です。仕上げでは、向かって左側のニッチ部分には大理石が張られ、右側のニッチにはAVボードが設置される予定ですが、まだその準備段階です。手前右手に見えているマシンは、ビニールクロスに糊付けする機械で、正面に立て掛けられているのは各種建具です。

奥から、白い扉は洋室の既存扉、ルーバーを再利用して作り直してもらったエアコンパッケージユニット前の建具、廊下のチークパネルの中に埋まる納戸への隠し扉となっています。

玄関ホールは、向かって左側の大型の靴収納が取りついております。養生の下にはタイルとフローリングも張られており、天井のクロスも仕上がっているので、まだまだ仕上がりには程遠く見えますが、壁のクロスを張って、家具の扉を付けて、姿見の鏡を張れば、もうほとんど完成状態となっています。

リビングから扉を経てプライベート空間に入った所にあるプライベート書庫廊下の造作本棚も設置が終わっていました。

この小空間も、他の廊下とは違った空間であることを示すために、天井や壁にクロス張り分け用のハット目地を入れて、細かくクロスの色を変えています。

主寝室横のウォークインクローセット内部に設けた奥さま用のお化粧コーナーです。正面窓の左隣には、自然光でお化粧ができるように可動式の鏡を扉のような形で吊り込む予定です。

養生をめくると、チークのお化粧カウンターと小物を入れる引出が2本ついています。

ハーフユニットバスを使った浴室もステンレスの枠と強化ガラスが付いて、グレードアップされています。

まだ、手前の洗面所側の木製枠が取りついていない段階ですが、しっかりと木製下地にステンレス枠が固定されている様子が判りますね。白く見える部分も保護のためのビニールテープが張られているステンレス枠です。

浴室の中は、まだ物置のように使われていましたが、壁のタイルがきれいに張られていました。

リビングの柱周りのクロスもきれいに張られていました。クロスパネル張り仕様で細かく目地割りをしていますが、クロス職人さんたちが苦労しながら上手く張り廻してくれていました。

 

ページトップへ戻る