Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ビスの種類と使い方について 

世田谷区Y邸

世田谷区Y邸の現場に、沢山のビスの箱が置かれていたので、ちょっと時間が空いたスキに、現場監督の斉藤さんにそれぞれのビスの種類と、その使い方をレクチャーして貰いました。

箱の前にそれぞれのビスを出して撮影させて貰いました。

一番左の小さな箱に入っていたのは、ステンレス木ねじです。長さが短く、頭の径も小さいもので、ステンレスのサッシのツバと木製枠を固定するために使っているものだそうです。ステンレスなので、錆びにも強く、結露などの恐れがあるサッシ廻りには良く使われるビスだそうです。

こちらは「ランスタッチ」、LGS下地のランナーとスタッドをガッチリ固めるための短いビスだそうです。根本ギリギリまでネジが切ってあって、グイっと寄せ付けて締めるイメージのビスだとのことでした。

こちらはコンパネビスです。いわゆる木ビスと言われるもので、よく見るとねじ頭の部分にまでリブが彫られており、箱書きにある通り、締める対象が木製のボードであれば頭までめり込んでゆくのが特徴だそうです。

こちらは軽天ビスです。軽天とはLGS(軽量鉄骨)製の天井下地のことで、細かいネジが二重に切られており、薄い鉄板製の軽天に対してしっかりと効くように工夫されているそうです。

こちらはコーススレッドと呼ばれるビスです。最も一般的なビスで、木材と木材を固定するために使われるものです。同じ名称でも、長さが太さの種類が多く、作業効率も良いビスだそうです。因みに、スパイラル状のネジが半分までしか切られていませんが、これは半ねじと呼ばれるもので、全てにネジが切られているものが全ねじと呼ばれるものです。パッと見では全ねじの方が効きそうですが、実は力の掛かり方が全く違っており、二枚の木材パネルを固定する場合などは、この半ねじタイプの方が効くそうです。

本日現場に置かれていた最後のビスはスリムビスです。先ほどのコーススレッドに比べると、少し細いのでスリムビスと呼ばれるそうです。コーススレッドより溝の切り方が細かくう、ねじ山も小さいことが特徴で、スリムであることで、締めつけた時に木材が割れないことが特徴だそうです。ただ、欠点としては引っ張り力には弱いそうです。大工さんやLGS屋さん、そしてDIYが得意な方であれば、すぐにわかるであろうそれぞれのビスの特徴ですが、こうやって聞いて初めて納得がゆくことも多く、勉強になりました。
因みに、昔の大工さんは木材同志をくっつけることが多く、打ち込んだ後に錆びることで強く結合してくれる釘を使っていましたが、今はドリルの性能が上がったことや、素材も色々な種類のものがあること、また釘のように打ち損じが少ないため、側面にネジが切られているビスを多用するようになっているそうです。

この日は、建具を造作家具をお願いしている青の下請けの現代製作所が建具枠を取り付けに来てくれる日でした。担当者の藤田さんが各個室の入り口に取り付けた塗装枠を養生してくれていました。

また、ハイブランド輸入家具のインテリアズに依頼している、イタリア・ポロ社のリビングの装飾パネル「LOAD IT(ロードイット)」の取付けの為の現調の日でもありました。

単純にパネルを張るだけでなく、コンセントやAVボードからの配線孔などの取り合いもあるので、現場の斉藤さんがインテリアズの佐々木さんたちに注意事項を説明してくれている様子です。

当日にはお客さまのYさまご夫妻も現場に来てくださったので、キッチンとリビング周りの照明スイッチやコンセント、各種スイッチ類(床暖・ルートロン、インターフォン)の最終位置も確認して頂きました。

書斎壁に設置する壁付け照明の位置も、そろそろ決定して欲しいとの青・斉藤さんからの依頼で、すでに輸入元から現場に入っていた照明器具を箱から出して、壁に当てながら、一番良い位置を考えて頂きました。ただ、机が無い状態で、光の具合も判らないと判断ができないとのことでしたので…、

このようなダミーテーブルを当日中に斉藤さんが組み立ててくれました。照明器具も仮のコンセントに接続して点灯できる状態にして、当日夜にYさまご夫妻が現地に来て、最適な位置を検討してくださるとのことになりました。

 

ページトップへ戻る